一人目とどう違うの?二人目の妊娠の大変さについて

8月 23, 2019
二人目の妊娠中は一人目の育児があるため、最初の妊娠ほどゆっくりと休む時間がありません。

最初の妊娠に圧倒されてしまう女性はもちろんたくさんいます。

また自分の中で理想とする妊娠や希望などが多くあるため、最初の妊娠では恐怖心を感じる人も少なくないと言われます。

最初の妊娠と比べて、二人目の妊娠では、精神状態は安定して心が落ち着いている可能性があります。

妊娠中に起こることは、母親学級などによりある程度予想することはできますが、初めての妊娠はやはり新しい経験です。

また二人目の妊娠は一人目の妊娠と多くの共通点がありますが、ユニークなものになることが多いと言われています。

一人目を出産すると、女性は母親になります。

二人目の妊娠では、経験が豊富な母親として落ち着いて対応できると考えている人が多くいますが、実は二人目の妊娠の方が大変であることを理解している人は多くありません。

初めての妊娠では、身体的そして精神的に大きな変化が訪れます。

これは大きな「チャレンジ」であると同時に、子供が生まれたらすぐに母親として子育てを開始するための大切な準備期間になります。

こちらもご覧ください:兄弟愛:心と心の繋がり

一人目と二人目の妊娠の違い

ここからは一人目の妊娠と二人目の妊娠の大きな違いについて詳しくご紹介します。

二人目の妊娠の大変さ 二人目 妊娠

  • 妊娠中の眠気への対処法:一人目の妊娠時は、眠たくなったらゆっくりと長い昼寝を楽しむことができましたが、二人目の場合は、一人目のお世話があるためそうはいきません。一人目の子供は、あなたの注意と愛情を必要としますし、子供が小さい時はなおさらです。
  • エネルギーがみなぎるスーパーママ:一人目を育てながらの二人目妊娠ですが、心配はいりません。一人目の妊娠時よりも、母親としてのエネルギーに満ち溢れるため、「母性の力」でスーパーママとして、子育て、家事、そして仕事をこなす妊娠になるでしょう。
  • 一人目の子供との絆:二人目を妊娠すると、一人目の子供が最高の仲間になります。赤ちゃんは子宮の中にいるため、赤ちゃんとの絆を築きながら一人目の赤ちゃんとも素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。お腹が大きくなるにつれ、一人目の子供が赤ちゃんが生まれるという事実を認識することができ、より素晴らしい時間を過ごすことができます。
  • 出産方法の選択肢:一人目の出産時には不安で挑戦できなかった出産方法にも挑戦できるかもしれません。自宅での出産や水中出産など、様々な出産方法を調べて、自分に合ったものを選びましょう。また一人目が帝王切開だった場合でも、自然分娩が可能な場合もあります。医師に相談してください。
  • 集中力の低下:一人目の妊娠では、妊娠にすべてを注ぐことができたかもしれませんが、二人目の場合は忙しく集中力や注意力が低下するかもしれません。しかし心配はいりません。愛情は分けるものではなく増えるものです。徐々に二人の母親としての実感も湧きます。

妊娠中の母乳育児

二人目 妊娠

一人目の子供を2歳まで母乳で育てたいと考えていた場合、二人目の妊娠を知り驚いたかもしれません。しかし、すぐに落ち込んだり焦って卒乳をする必要はありません。

妊娠中に授乳を行うと、流産のリスクが高まると警告する意思も多くいますが、現在では、健康な妊婦も場合はさほど赤ちゃんの健康を危険にさらさないと考えられています。

必ず主治医に相談し、自分の健康状態を考慮に入れて母乳育児を継続するかどうかを医師と決定してください。

現在、次のような症状に悩んでいる場合は必ず医師に相談してください。

これらの場合は、卒乳を勧められるでしょう。

こちらもご参照を:妊娠中の出血が起きる原因:起こったときの対処法は?

最後に

妊娠とは、女性の人生において素晴らしい経験の一つです。

ただし二人目の妊娠になると、一人目の子供の育児があるため最初の妊娠とは大きく状況が異なります。

大切なのは、二人目の子供の出産を待つ間、一人目の子供と健全で素晴らしい親子の絆を築き上げることです。

前回よりもストレスを感じる妊娠になるかもしれませんが、お母さんの心が穏やかであることが最も大切なので、できる限り落ち着いて毎日を過ごしてください。

自分が落ち着いて過ごしていても、一人目の子供の赤ちゃん返りなどで色々と大変な状況になるかもしれません。

二人目の妊娠を心から楽しみ、二人の子供の母親になるという素晴らしい日に向けて、ゆっくりと準備をしてください。