熱疲労に効果的な4つの自然療法

9月 14, 2019
熱疲労は、適切な予防のない状態で日光に晒されることが原因で起こります。熱疲労になりやすい人は、その症状を緩和するのに役立つ自然療法を学びましょう。

日焼け止めや帽子、そしてサングラスなどの適切な予防を慎重に行うならば、適度な日光への露出は健康に良いです。

しかし、適切な保護を行わない状態で太陽の光を長時間浴びると、熱疲労をはじめとする熱中症を発症する可能性が高まります。

ビーチやスポーツなどの場所で、長時間太陽にさらされて過ごすだけが熱疲労の原因ではなく、適切な予防を行わなければ、太陽の下にいるだけで熱疲労になることもあります。

今回は、熱疲労の症状を緩和する自然療法を4つご紹介します。

熱疲労に効果を発揮する4つの自然療法

熱疲労に効果的な自然療法を学ぶ前に、まずは熱射病と熱疲労の違いを覚えておきましょう。

熱疲労と比べて、熱射病ははるかに深刻で意識を失うこともあります。

熱疲労は、軽度の日焼け、激しい発汗、そしてしびれなどがありますが、一般的には自宅で対処して静養することができます。

ただし、症状が深刻な場合は専門医の診断を受けて経過を観察する必要があります。

日焼けの状態が深刻な場合、そして脱力感や脱水症状などが見られる場合は、自宅ではなく、すぐに病院に行ってください。

ここからは、熱疲労の緩和に役立つ自然療法をご紹介しますが、一度に行うのは一つだけにし、決して複数の方法を同時に行わないでください。

ご存知ですか?:日焼け止めとして使えるナチュラルオイル

1. トマトジュース

熱疲労に役立つトマトジュース

トマトジュースは、日焼けの緩和と熱疲労の軽減に役立ちます。

ビタミン、ミネラル、抗酸化物質が豊富に含まれているトマトジュースは、体と肌にとって優れた回復剤となるため、熱疲労に最適です。

また、熱によって体から失われた水分や塩分の補給にも理想的でしょう。

使用方法

  • 熱疲労の緩和には、毎日2〜3杯のトマトジュースを飲んでください。
  • 新鮮なトマトとレモン果汁を混ぜて作ります。冷やしてから飲んでください。
  • 日焼けを緩和するためには、出来上がったトマトジュースを患部に塗布してください。
  • 20分間そのままにしたあと、しっかりと洗い流してください。

2. ナチュラルヨーグルト

ヨーグルトを肌に塗ると、熱疲労による肌への悪影響を緩和できます。

ナチュラルヨーグルトに含まれるプロバイオティックス化合物は、肌のpH値の回復と再生に役立ちます。

死んだ皮膚細胞である角質層を取り除き、傷やシミを予防する効果も期待できるでしょう。

使用方法

  • 患部にナチュラルヨーグルトを薄く広げたら、20分間そのままにします。
  • その後、冷水ですすいでください。
  • 不快感が緩和されるまで繰り返してください。

ご存知ですか?:日焼け後のケア:ローションと保湿剤のどちらがいいの?

3. キュウリジュース

熱疲労に役立つキュウリジュース

キュウリには、熱疲労の影響を緩和するのに役立つ水分と抗酸化物質が豊富に含まれています。

キュウリはおよそ96%が水分である上、多くの必須ミネラル、ビタミンC、そして食物繊維が含まれています。

そのため、脱水症状ややけどの緩和に役立ちます。

使用方法

  • キュウリを刻んだら、水とレモン果汁を加えてブレンダーにかけます。
  • 冷たくして飲んでください。
  • 1日2〜3杯飲むことができます。
  • 必要に応じて、キュウリを肌に直接塗ると、日焼けによるやけどの症状の緩和に役立ちます。

4. オートミール

オートミールにはリラックス成分が含まれているため、自然療法にお勧めの食品です。

その中でも、熱、皮膚のやけど、脱水症状などの熱疲労の症状の緩和に高い効果を発揮すると言われています。

使用方法

  • 浴槽に、ぬるま湯または冷水を入れ、そこにオートミールを加えます。
  • 15~20分間体を浸します。
  • 症状が改善されるまで、2~3日続けてください。

今回は熱疲​​労の症状を緩和する自然療法をご紹介しましたが、最も大切なのはそれを予防することです。

日差しが強い日や暑い日に屋外に出る場合は、1日3回以上日焼け止めを塗り、できる限り肌を覆う服を着てください。

さらに、毎日6〜8杯以上の水を飲んで、水分補給を心がけましょう。

  • Polefka, T. G., Meyer, T. A., Agin, P. P., & Bianchini, R. J. (2012). Effects of Solar Radiation on the Skin. Journal of Cosmetic Dermatology. https://doi.org/10.1111/j.1473-2165.2012.00614.x
  • Kenny, G. P., Wilson, T. E., Flouris, A. D., & Fujii, N. (2018). Heat exhaustion. In Handbook of Clinical Neurology. https://doi.org/10.1016/B978-0-444-64074-1.00031-8
  • Bhowmik, et al. (2012). Tomato-A Natural Medicine and Its Health Benefits. Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry Tomato-A.
  • Cooperstone, J. L., Tober, K. L., Riedl, K. M., Teegarden, M. D., Cichon, M. J., Francis, D. M., … Oberyszyn, T. M. (2017). Tomatoes protect against development of UV-induced keratinocyte carcinoma via metabolomic alterations. Scientific Reports. https://doi.org/10.1038/s41598-017-05568-7
  • Vaughn, A. R., & Sivamani, R. K. (2015). Effects of Fermented Dairy Products on Skin: A Systematic Review. The Journal of Alternative and Complementary Medicine. https://doi.org/10.1089/acm.2014.0261
  • Mukherjee, P. K., Nema, N. K., Maity, N., & Sarkar, B. K. (2013). Phytochemical and therapeutic potential of cucumber. Fitoterapia. https://doi.org/10.1016/j.fitote.2012.10.003
  • Reynertson, K. A., Garay, M., Nebus, J., Chon, S., Kaur, S., Mahmood, K., … Southall, M. D. (2015). Anti-inflammatory activities of colloidal oatmeal (Avena sativa) contribute to the effectiveness of oats in treatment of itch associated with dry, irritated skin. Journal of Drugs in Dermatology : JDD.