胸やけを解消する家庭でできる6つの自然療法

2月 12, 2019
胸やけに苦しんでいますか? もう悩む必要などありません。これからご紹介する自然療法を試して、胸やけを解消しましょう。

家庭で胸やけを解消する方法はないか探したことがありますか? 胸やけは酸逆流、もしくは胃食道逆流とも言います。

これは胃酸が食道に逆流することで起こります。焼けるような不快感が胸から喉周りにまで広がります。また喉の奥に苦いような、酸っぱいような味がすることもあります。

こちらもご覧ください 消化不良を改善する植物ベースのお茶5選

数分で収まることもあれば、何時間も続くこともあり、通常食後すぐが最も酷いです。

胸やけを感じる人はとても多く、これは自然療法で解消することが出来ます。

 

家庭でできる胸やけを解消する6つの自然療法

1.重曹

重曹

重曹は胃酸を中和し、消化器系をデトックスするため、逆流を和らげます。

重曹はアルカリ性なため、胸やけを緩和、予防し、酸とアルカリのバランスを元に戻します。また、血中の㏗バランスを整えます。

材料

・重曹  5g

・水  250ml

作り方と使い方

・重曹と水を足してよく混ぜます。

・これを少なくとも1日2回飲みます。特に脂肪分の多い食事をした後は飲むようにしましょう。

 

2.オーツ麦

オーツ麦

胸やけを解消する穀物の1つがオーツ麦です。繊維を多く含むアルカリ性の食材なので、酸を自然に減らします。

この穀物はビタミンとミネラルを豊富に含んでおり、ヘルシーな食事にぴったりです。

材料

・インスタントオートミール  50g

・牛乳  500ml

・はちみつ  5ml(お好みで)

作り方と使い方

・ブレンダーに牛乳とオートミールを入れて混ぜます。

・2,3分回して、なめらかな質感になるようにします。

・1日数回に分けて飲むようにします。

 

3.バナナ

バナナ

バナナには制酸効果があるため、胸やけに悩む人にはピッタリの食材です。この果物はカリウムが豊富で、平均500㎎のミネラル、1㎎のナトリウムを含んでいます。

また以下のものも豊富に含まれています:

・炭水化物

・ミネラル(リン、カルシウム、カリウム)

・ビタミン(A、C、シナシン、ビタミンE、B6)

どうしたら良い?

・1日1本か2本食べます。胸やけの解消と予防に役立ちます。

・またジュースやケーキ、スムージーに加えても良いです。

こちらもご覧ください  これを読んだら、バナナのイメージが変わります

 

4.リンゴ酢

りんご酢

りんご酢は胃の中の酸を減少させ、食べ物の分解をサポートします。ですので、消化にも良く、その結果胸やけを防ぎます。

材料

・リンゴ酢  15ml

・水  250ml

飲み方

・水をリンゴ酢を混ぜ、よく混ぜてから飲みます。

 

5.ジンジャーティー

ジンジャーティーにはその他のハーブティー同様カフェインが含まれていないため、胸やけにも最適です。

ショウガには消化作用があり、長期間飲み続けることで、胃やそれに関連する病気の治療に効果的です。

材料

・しょうが  9g

・水  250ml

作り方と飲み方

・水にショウガを入れ、鍋で温めます。

・沸騰したら火を止め、5~7分置きます。

・カップに注いで飲みます。

 

6.シナモンティー

シナモン

脂肪の多い食べ物は、胃酸逆流の主な原因であるため、このことについて知識を持つことが重要です。

こういった食事を消化するのに、胃は酸を必要とします。

そんな時はシナモンが役立ちます。

材料

・シナモン  2.5g

・水  250ml

作り方と飲み方

・水を鍋に入れ火にかけ、沸騰させたらシナモンを加えます。

・数分置いたら火を止めます。

・5~7分置いたら、濾して飲みます。

McRorie, J. W. (2018). Heartburn. Nutrition Today. https://doi.org/10.1097/NT.0000000000000244

Naliboff, B. D., Mayer, M., Fass, R., Fitzgerald, L. Z., Chang, L., Bolus, R., & Mayer, E. A. (2004). The effect of life stress on symptoms of heartburn. Psychosomatic Medicine. https://doi.org/10.1097/01.psy.0000124756.37520.84

Locke, G. R., Talley, N. J., Fett, S. L., Zinsmeister, A. R., & Melton, L. J. (1997). Prevalence and clinical spectrum of gastroesophageal reflux: A population-based study in Olmsted County, Minnesota. Gastroenterology. https://doi.org/10.1016/S0016-5085(97)70025-8

Feldman, M., & Barnett, C. (1995). Relationships between the acidity and osmolality of popular beverages and reported postprandial heartburn. Gastroenterology. https://doi.org/10.1016/0016-5085(95)90016-0