水への恐怖心を克服し、泳げるようにするには?

水への恐怖心を克服できないでいませんか? イライラしたり、水を避けることはやめて、これからご紹介するエクササイズを行い、水泳インストラクターからアドバイスを得ていくつかのスキルを習得しましょう。
水への恐怖心を克服し、泳げるようにするには?

最後の更新: 25 7月, 2019

泳ぎ方を学ぶには、まずは水への恐怖心をなくすことが第1ステップです。プールや海に早く馴れることができる人もいれば、深い恐怖心を抱き、それにより様々な水泳技術の習得が困難になってしまう人もいます。

水への恐怖心は思っているよりも一般的な問題であり、子供時代に起こった悪い経験や恐怖から抱くことが多いです。幼いときから水で遊ぶことがなかった子供には、特によく見られる症状です。

しかし、年齢に関わらず、恐怖心に向き合い、水泳のメリットを楽しむことができるコツがいくつかあります。あなたの意志も必要としますが、この恐怖心は克服することができるのです。心配しないでください。

水への恐怖心を克服するための基本エクササイズ

水への恐怖心を克服する方法は、状況や恐怖を抱く理由によって異なります。時には、専門家に過去のトラウマを認識および対処してもらうためにセラピーに行く必要がある場合もあります。

プールや海への恐怖心をなくすための第1ステップのひとつとしては、徐々に再導入していくことです。水と接触する際には、ストレスの感情を避けるために自信を高める必要があります。

下記にご紹介するエクササイズは、いくつかの段階を通して恐怖心と向き合うための基本の方法です。水に入ったときの恐怖感のために泳ぎ方を習得できない人に適しています。

環境への適応

水への恐怖心を克服する

水への恐怖心を克服するための第1のエクササイズは、プールの中にいる状態を体に慣れさせることです。これは段階的なプロセスを追うべきなので、まずはプールの端に座り、水の中に足だけを入れます。

足が水の中にある感覚に慣れてきたら、少しずつプールの浅い部分に入ります。プールのはしご、階段、または手すりを使用してもいいでしょう。

最後に、水の中に腕と頭も入れます。溺れた感覚を避けるために、出来るだけリラックスした状態を保ちます。こうすることで、この環境で恐れることが何もないことを理解するのに役立つでしょう。

安全性の確保

水への恐怖心を克服

水恐怖症を克服するためには、プールの中で安全であると感じることが重要です。このエクササイズを通して、水中でのセルフコントロールを習得しましょう。

必要なのは、問題なく立つことができる小さいプールまたは浅いプールに入るだけです。それから、水上で息を吸い、水中でゆっくりと息を吐きだす練習をします。

自信がついてきたら、大きめのプールでこのエクササイズを繰り返してみましょう。

知識は力なり

水の中にいる恐怖心を克服することができたら、次のステップは水泳レッスンを受けることです。良いインストラクターは、泳ぎ方、呼吸の仕方、緊急時の対処方法など多様なテクニックを教えてくれます。

泳ぎ方を知ることで、水の中にいることをより快適に感じることができます。これが、水がある環境と幸福感を繋ぎ合わせる最後のステップとなります。

水泳技術を改善させるコツ

より上手に泳ぐためには、忍耐と訓練が求められます。しかし、1日目から上達させたい場合には、これらの簡単なコツを試してみてください。

こちらもご参考に:ダイエットに効果的なヨガ

  • 週2回の水泳の練習から始めます。
  • 水の中でより快適に感じることができたら、週4回~5回に増やします。しかし、週5回以上は増やさないようにしましょう。
  • 激しい運動は避けましょう。身体能力や目標に合わせて、トレーニングプログラムを適応させる必要があることを忘れないでください。
  • クロールや背泳ぎをするときには、頭を動かさないようにしましょう。体で唯一回転させるのは腰の部分です。
  • 練習するごとに、ストローク数を減らすようにします。
  • 良い呼吸リズムを維持しましょう。たくさんの方法がありますが、最も快適なものを選ぶといいでしょう。理想的には、3回かくごとに息つぎするといいですよ。

水への恐怖心を克服することに苦戦していますか?イライラしたり、避けることはやめましょう。ご紹介したエクササイズを行い、いくつかの基本スキルを習得するために水泳インストラクターからアドバイスを得ましょう。

こちらの記事もおすすめです。
複数の健康効果を持つ運動5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
複数の健康効果を持つ運動5選

毎日運動してますか?心身の健康維持・促進にとって運動は非常に大切ですが、その中でも複数の健康効果を持つおすすめの運動があります。本記事では、5つの運動の効果をご紹介します。それぞれの運動効果を理解することで、自分に合う運動を見つけるてください!



  • Krempel, M., & Jaatun, M. G. (2014). Learn to SWIM. In Proceedings – 9th International Conference on Availability, Reliability and Security, ARES 2014. https://doi.org/10.1109/ARES.2014.82
  • Blanksby, B. A., Parker, H. E., Bradley, S., & Ong, V. (1995). Journal of science and medicine in sport. The Australian Journal of Science and Medicine in Sport. https://doi.org/10.1016/j.jsams.2014.09.010
  • Grey, D., & Sadoff, C. W. (2007). Sink or Swim? Water security for growth and development. Water Policy. https://doi.org/10.2166/wp.2007.021
  • Barros Lázaro, A. (2018). Ejercicios para reducir el miedo al agua en personas con Trastorno del Espectro Autista.