メロンはダイエットと良い眠りに最適

9月 3, 2015
メロンは大部分が水で低カロリー、ビタミンやミネラルは豊富で、体が尿を介して毒素を排除するのに役立ちます。

体重を減らしたり、夜ぐっすり眠りたい場合、美味しくて元気が出る果物の、メロンを食事に取り入れるのは素晴らしいアイデアです。夏はよく食べられるものですが、寒い日に食べてもメロンのメリットを全て得ることができます。メロンがダイエットと睡眠に効果のある理由をご紹介します。

メロンの秘密

メロンは栄養素がたっぷりの果物です。スイカ、カボチャ、ズッキーニとともに、「巨大な野菜」のグループに属します。灌漑設備がある砂質土でよく成長し、優れた夏の果物とされています。メロンを食べることには多くの利点があり、スーパーマーケットでも数多くの品種がそろっています。最も人気のある2種は、ヨーロッパとアメリカのメロンです。もちろん日本のメロンもすばらしいです。

約900 gほどの重さで、通常は黄色っぽい色で丸い形をしています。メロンの果肉はその皮とほぼ同じ色で、薄味でジューシーです。中に空洞があり、その端には線上に種子が並んでいます。

メロンの特性

メロンスープでダイエット

  • 低カロリー。メロン100グラムで34カロリー。低脂肪でビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富です。
  • 果物の中で、ビタミンAの含有量が最高レベル。皮膚や粘膜に良い、強力な抗酸化物質です。
  • フリーラジカルの影響から細胞を保護し、膵臓ガン、乳ガン、結腸ガンのリスクを軽減する、フラボノイドを含みます。
  • 視力を改善し、長年の経過を経て生じる黄斑変性症を防ぐのに役立ちます。
  • 心拍数や血圧を制御し、心臓病を予防する、カリウムが豊富です。
  • ビタミンCとマンガンにより、感染症、ウイルス、細菌によって引き起こされる病気から身体を守ります。

ダイエットのために、メロンを食べる方法

その素晴らしい浄化作用のため、ダイエット効果があり、蓄積された毒素を身体から取り除くのに役立ちます。このフルーツには、多くの利点がありますが、特に解毒を助け利尿剤として機能します。

このメロンを摂取すると、食べ物に含まれる添加物、防腐剤、その他の有害な成分が体内に蓄積されることなく、体の機能が向上します。それに加えて、メロンは90%が水分なので、非常に満腹感があります。この果物を食べる時は、他の食べ物に比べて食べる量が少なくてすみます。また体に水分を補給し、体内に水分が溜まるのを防いで、尿を通じて毒素を排除します。

こちらの記事もお勧めです:

メロン・青りんご・きゅうりのダイエットスムージー

メロンを使ったクレンジングダイエット

食べ物をメロンだけに制限

1日だけ、生のメロンのみ好きなだけ食べてください。(可能性は低いものの、万が一)のどが渇いた場合は、水だけを飲みましょう。

低カロリー食の一部として

メロン全部を一日かけて、その他の生の果物や野菜と一緒に、塩や砂糖などの調味料なしで食べます。最高で連続5日間このダイエットを続けてから、その後はストップしてください。

メロンを使ったおいしいダイエットスムージーは簡単に作れます。日中いつでも飲んで結構です。断食中に飲むことをお勧めしますが、食べる量を減らすため、夕食前の午後のおやつにも最適です。このスムージーにはビタミンやタンパク質がいっぱい含まれています。

メロンは低カロリー

材料とレシピ

  • さいの目にカットしたメロンの果肉2カップ
  • 細かく切ったグリーンアップル1個
  • 皮をむいて細かく切ったキーウィ1個
  • レモン汁大さじ1
  • 氷1カップ、または水1/2カップ
  • 甘味付けに蜂蜜やステビア甘味料を少々

ブレンダーにすべての材料を入れ、クリーミーで滑らかになるまでよくブレンドする。このスムージーは150カロリー未満で、それでも満腹感が得られるでしょう。

メロンを食べるのは睡眠に良い?

メロンは睡眠にも良い

前述の栄養満点のメロンスムージーは、より良い睡眠にも効果的です不眠症などの睡眠障害を持つ人に最適です。この健康的なフルーツは、夜眠れない理由の一つである喉の渇きを癒します。満腹感が得られるため、朝までお腹が「満足」し、夜食を取るために起き出す必要がありません。

こちらの記事も参考にして下さい:

不眠症を自然に解消する7つの良い生活習慣

夜にメロンを食べるのは消化不良を引き起こす可能性があるので、良くないと思う人もいますが、それは証明されていません。メロンは主に水分なので、お腹が痛くなる可能性が少ないのです。

ただ起こり得ることとしては、非常に暑い日に冷蔵庫から出したばかりの冷えたメロンを食べると、身体に吸収される際「熱衝撃」を引き起こす可能性があります。果実が完全に熟していない、または熟しすぎの場合も同様に、お腹が反応することがあります。

しかし、一日に適切な量のメロンを食べている限り、睡眠の妨げにはならないでしょう。胃がデリケートな方は、夕食直後や就寝直前にメロンを食べることは避けましょう。

あなたへおすすめ