目の下のくまに使える家庭療法

11月 9, 2015

朝起きて化粧する時、鏡に映っている目の下のくまにイライラすることってありませんか? 何が最も苛立たしいかと言うと、睡眠を取ったのにもかかわらずそのくまが消えないからですよね?

そうなんです、睡眠不足でなくても出来るんです。通常、くまは、疲労、呼吸器系の問題、カフェインの摂りすぎやストレスによって出てきます。でも、心配しないでください、今回は、そんな厄介なくまを消す為の有効な民間療法をいくつかご紹介します。

湿らせたタオルを目の上に乗せましょう

毎晩、就寝前に濡らしたタオルを冷蔵庫に入れておきましょう。そして朝、目が覚めてから、そのタオルを額と目の上に乗せるのです。タオルでなくてアイマスクを使っても良いですね。これら2つの自然療法は、炎症の減少に効果があります。タオルやマスクは約5分間乗せておいて下さい。

目の下にティーバッグ

ティーバッグでお茶を作ったら、その際に使ったティーバッグを冷蔵庫で保管しておきます。それらを、時間がとれる時に約20分間目の下に乗せてみましょう。この間、横になっていれば、更によい効果があるでしょう。20分後、お茶の葉で、のせておいた部分が少々跡になることがあるので、良く洗い流してください。これは、炎症の減少効果と黒ずんだ部分にも効果があるのですが、目の下の黒いくまはしぶといかもしれませんね。

きゅうりの輪切りを乗せる

kyuurijiru

テイーバッグで20分間のパックが終わったら、次にきゅうりの輪切りを両目周辺に乗せるパックを10分間してみましょう。きゅうりは水分を多く含んでいるので、肌に水分を与えて滑らかにしてくれます。

ココナッツオイルマッサージ

Coconut3

ココナッツオイルとアーモンドオイルを各テーブルスプーン一さじづつ混ぜて、目の下をやさしくマッサージします。その後、約20分間そのままにして置きます、すると、くまが素早く消えていくのがはっきりと分かると思います。20分後、ぬるま湯でしっかりと濯いでください。とても効果がある方法です。

それでも、まだ消えないのであれば。。。

今までご紹介してきた方法でもくまが消えないのであれば、あなたの体は疲れで悲鳴を上げているのでしょう、休息してください。そこで、以下にもう少しアドバイスを加えておきます。そうすれば、厄介な黒ずんだくまとは、無縁になれるかもしれません。

まず初めに、7時間から8時間睡眠を取るようにしましょう。この方法が一番効果があります。そして、目の周囲専用の保湿クリームを使いましょう。

飲酒と喫煙を避けてください、また、カフェインの摂りすぎや脂質の多い食事も避けるようにしましょう。野菜や果物を取り入れたバランスの良い食事と運動も大切です。そして、最低でも2リットルの水を毎日飲みましょう。これらは、くまの改善の為だけでなく、体全体の健康向上にも良いと言えるでしょう。

あなたへおすすめ