まつ毛を長くする自然療法

· 8月 3, 2016
ココナッツオイル、ビタミンE、ひまし油は、それぞれ単独で使用しても素晴らしい効果が得られますが、合わせて使うとまつ毛の状態を改善してくれる効果があります。

まつ毛を重要視する女性は多いのではないでしょうか。ふさふさとして長いまつ毛は魅力的な印象を与えてくれます。

中には、生まれつきふさふさとした長いまつ毛の女性もいますが、メイクなどを駆使して少しでも長く見せようと努力している女性もたくさんいます。

まつ毛を長く見せるのに、マスカラやビューラーは欠かせないでしょう。しかし、マスカラやビューラーを使いすぎるとまつ毛が弱くなり、切れたり抜けてしまう原因となります。

ラッキーなことに、まつ毛を濃く、長くする方法があるのです。

その中でも、自宅で作れる天然素材のまつ毛トリートメントにはまつ毛を強くし、栄養を与えてくれる効果があります。

今日は、この自宅で作れるまつ毛トリートメントの作り方を見ていきましょう。

こちらもご覧ください メイク落としに使える6つのナチュラルオイル

天然素材のまつ毛トリートメント

市場では高価なまつ毛トリートメント商品が販売されていますが、高価な商品を買わずとも、天然素材だけを使って自宅で作ることができるのです。

今日ご紹介するまつ毛トリートメントは、ココナッツオイル、ビタミンE、ひまし油で作ります。これらは全てコスメ商品や薬用化粧品に使用されているものです。

ココナッツオイル、ビタミンE、ひまし油は、それぞれ単独で使用しても素晴らしい効果が得られますが、今回は合わせて使用することをお勧めします。

ココナッツオイル

ココナッツオイル

オーガニックのココナッツオイルは基本的な脂肪酸や抗酸化作用が豊富なため、コスメ製品にはよく使用されています。

ボディクリームとして使用している人も多いかと思いますが、髪やまつ毛にも良いオイルです。

天然のクレンザーとして、古い角質や老廃物を取り除く効果があります。

ココナッツオイルをまつ毛に塗布すると、マスカラに含まれる化学物質や環境から受ける有毒な物質のせいでまつ毛が弱ってしまうのを防ぎ、まつ毛は濃く、健康的になるでしょう。

こちらもご覧ください 妊娠線と傷痕にココナツオイルの自然療法5選

ビタミンE

ビタミンEオイルは、薬局や美容関係の商品を取り扱っているお店で購入することができます。

ビタミンEオイルには抗酸化作用があるため、フリーラジカルの影響による細胞へのダメージを軽減してくれます。

ビタミンEオイルをまつ毛に塗布すると、まつ毛が弱ってしまうのを防ぎ、自然な成長を促します。

ひまし油

ひまし油

ひまし油はトウゴマ(ヒマ)の種子から採れる油で、髪やまつ毛を濃く強くしてくれます。

他のエッセンシャルオイルよりもべっとりとしているため、まつ毛に塗布しやすいでしょう。

肌荒れや関節痛、ヘアケアにも使われてきました

ひまし油には保湿効果があり、栄養が豊富に含まれているため、髪につけるとダメージを受けた髪を正常に戻し、髪を強くして抜け毛を予防してくれます。

天然素材のまつ毛トリートメントの作り方

このまつ毛トリートメントに必要な材料は、全てハーブ専門店や自然は食品店などで手頃な価格で手に入れることができるでしょう。

材料

  • ココナッツオイル 大さじ3(45g)
  • ビタミンE 40ml
  • ひまし油 大さじ3と1/2(49g)
  • ガラス製の容器(小) 1個
  • 清潔なマスカラ用ブラシ 1個

作り方

  • オイル類をガラス製の容器に入れ、木製のスプーンでよく混ぜます。
  • ビタミンEのカプセルを開け、中の液体を容器に加えます。
  • 蓋をしておきます。毎回使う前にはよく振りましょう。

使い方

  • 毎晩メイクを落とした後の清潔な肌に使います。清潔なマスカラ用ブラシにこのトリートメントオイルを付け、まつ毛の根元から毛先に向かって優しく塗布します。マスカラ用ブラシがない場合は、綿棒や指で塗布しても構いません。
  • 塗布したら洗い流す必要はありません。そのまま就寝して構いません。

結果はすぐには現れませんので、根気良く毎晩続けましょう。