マシュマロウルート:利点と副作用

マシュマロウルートは、自然療法において、咳、皮膚の炎症、消化器系の問題などに使用されています。今回は、マシュマロウルートについて知っておくべきすべてをご紹介します。
マシュマロウルート:利点と副作用

最後の更新: 21 3月, 2021

マシュマロウルート(Althaea of​​ficinalis)は、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカに自生する多年生植物であるマシュマロウという植物の茶色の繊維状の殻の部分で、その抽出物は、咳止めシロップや皮膚用の製品を製造する際に使用されます。

また、多くの特性があるため、薬用として他の用途もあるようですが、科学的研究は小規模で決定的なものではないため、現段階では、マシュマロウルートの健康上の利点に関する確固たる証拠はありません。

ハーブサプリメントとして使用する人もいますが、病気治療における第一選択肢としては受け入れられていません。また、副作用や相互作用の可能性があるため、マシュマロウルート試す前は、必ず医師に相談することをお勧めします。

マシュマロウルートの利点

マシュマロウルートの薬効は、含まれている粘液とその含有量に由来していると考えられています。この粘液は、増粘剤として使用される、樹液に似たゼラチン状の植物性物質です。

現在私たちがマシュマロと呼ぶお菓子は、本来はマシュマロウルートを使用して製造されていたため、マシュマロという名前になりました。近年はマシュマロウを使わず、代わりに砂糖とゼラチンを使用しています。

主題に戻ると、マシュマロウルートの粘液には抗酸化作用があり、科学的証拠は、マシュマロウルートは皮膚の炎症や消化器系の問題に役立つことを示唆しています。マシュマロウルートについてより詳しく知りたいですか?

マシュマロウルートの主なメリットのいくつかをここからご紹介します。

風邪や咳の治療に役立つ

マシュマロウルート:利点と副作用 喉の痛み

一部の咳止めシロップやトローチは、マシュマロウルートを成分として使用しています。これは、マシュマロウルートに含まれる粘液が食道を覆い、刺激を減らすことができるためです。 Complementary Medicine Researchが発表した研究では、マシュマロウルートの抽出物を含むいくつかのサプリメントが乾いた咳である空咳の症状を助けました。

一方、Avicenna Journal of Phytomedicineで報告された小規模な研究では、マシュマロウルート、カモミール、セージなどのハーブの混合物を摂取した子供は、プラセボを摂取した子供と比較して、激しい咳が減り、夜間に目が覚めることが少ないことがわかりました。

こうしたことから、マシュマロウルートが風邪やインフルエンザの症状に対して役立つ可能性があると考えている人たちがいます。断定するにはより多くの証拠が必要ですが、それでも、お茶、丸薬、またはシロップの形でマシュマロウルートを摂取する方法があります。

炎症を起こした皮膚を落ち着かせる

マシュマロウルートの持つ抗炎症効果は、癤、アトピー、または皮膚炎が原因で起こる皮膚の炎症を落ち着かせるのに役立つ可能性があります。 Advances in Dermatology and Allergologyのレビューでは、マシュマロウルートの抽出物を20%含む軟膏が、炎症を起こした皮膚に役立つことがわかりました。

また、これらの抽出物を軟膏と一緒に局所的に塗布すると、紫外線や日光への曝露による悪影響に役立つことが示唆されています。もちろん、これだけでは十分な保護が得られないため、日焼け止めの代わりに使用しないでください

潰瘍からの保護

マシュマロウルートの抽出物だけでは、潰瘍の形成を防ぐことはできません。しかし、Pharmaceutical and BiosciencesJournalの研究で示されているように、健康的な習慣と組み合わせることで、潰瘍のリスクを減らすのに役立ちます。

研究者は、この植物の粘液とフラボノイドにより、潰瘍から保護する効果があることを示唆しています。特に、消化器系の粘膜を覆って保護することで、潰瘍の形成を抑えると考えられています。

マシュマロウルートの考えられる他の利点

  • マシュマロウルートを使ったハーブ療法は、口渇を助ける可能性があります
  • マシュマロウが傷の治癒や感染リスクの軽減に役立つと考えられています
  • 利尿作用があり、体内に残っている水分を取り除くのに役立つと考えられますが、特に他の治療法を使用している場合は注意が必要です
マシュマロウルート:利点と副作用 マシュマロウの花

マシュマロウルートの副作用

ほとんどの健康な成人は、マシュマロウルートへの耐性があるため、適度な用量を服用する場合は、ほとんど副作用を引き起こしません。しかし、中には胃のむかつきやめまいを感じる人もいます。副作用の可能性を考えると、医者またはサプリメントメーカーが提案する用量を服用する前に、まずは低用量の服用から始めることをお勧めします。

現在、WebMDに掲載されている情報によると、一部の人々の中には、低血糖値を引き起こす可能性がある人が存在します。また、安全性と有効性に関する科学的証拠が不足しているため、次の場合は服用を避ける必要があります。

  • 妊娠中と授乳中
  • 出血性疾患
  • 糖尿病
  • 外科的処置の前後

一般的に、リチウム、糖尿病治療薬、そして様々な経口薬と反応する可能性があります。したがって、服用前には、必ず医師に相談することをお勧めします。

こちらの記事もおすすめです。
発熱の症状を緩和する自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
発熱の症状を緩和する自然療法

私たちの体は非常に賢く、発熱によって感染症などの攻撃から自分の体を守ります。そのため、発熱を無理に下げる必要はありませんが、熱が高すぎる時には、健康を回復するための自然療法が効果を発揮します。本記事では、発熱の症状を緩和する自然療法について詳しくご紹介します。



  • Tabarsa, M., Anvari, M., Joyner (Melito), H. S., Behnam, S., & Tabarsa, A. (2017). Rheological behavior and antioxidant activity of a highly acidic gum from Althaea officinalis flower. Food Hydrocolloids69, 432–439. https://doi.org/10.1016/j.foodhyd.2017.02.009
  • Fink, C., Schmidt, M., & Kraft, K. (2018). Marshmallow root extract for the treatment of irritative cough: Two surveys on users’ view on effectiveness and tolerability. Complementary Medicine Research25(5), 299–305. https://doi.org/10.1159/000489560
  • asma javid, nasrinsadat motevalli haghi, Ahmad Emami, aida ansari, seyed abbas zojaji, maryam Khoshkhui, & Hamid Ahanchian. (2018). Short-course administration of a traditional herbal mixture ameliorates asthma symptoms of the common cold in children. Avicenna Journal of Phytomedicine, Online First. https://doi.org/10.22038/ajp.2018.11678
  • Dawid-Pać R. Medicinal plants used in treatment of inflammatory skin diseases. Postepy Dermatol Alergol. 2013;30(3):170‐177. doi:10.5114/pdia.2013.35620
  • Zaghlool, S. S., Shehata, B. A., Abo-Seif, A. A., & Abd El-Latif, H. A. (2015). Assessment of Protective Effects of Extracts of Zingiber officinale and Althaea officinalis on Pyloric Ligation-Induced Gastric Ulcer in Experimental Animals. UK Journal of Pharmaceutical Biosciences, 3(4), 48. https://doi.org/10.20510/ukjpb/3/i4/89472
  • Rezaei M, Dadgar Z, Noori-Zadeh A, Mesbah-Namin SA, Pakzad I, Davodian E. Evaluation of the antibacterial activity of the Althaea officinalis L. leaf extract and its wound healing potency in the rat model of excision wound creation. Avicenna J Phytomed. 2015;5(2):105‐112.
  • Skrinjar, I., Vucicevic Boras, V., Bakale, I., Andabak Rogulj, A., Brailo, V., Vidovic Juras, D., … Vrdoljak, D. V. (2015). Comparison between three different saliva substitutes in patients with hyposalivation. Clinical Oral Investigations19(3), 753–757. https://doi.org/10.1007/s00784-015-1405-8
  • Shiffa, M., Aslam, M., Fahamiya, N., & Muzn, F. (2016). Unani perspective of Khatmi (Althaea officinalis). Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry JPP, 357(56), 357–360. Retrieved from http://www.phytojournal.com/archives/2016/vol5issue6/PartE/5-6-35-802.pdf