インフルエンザの緩和に役立つ蜂蜜療法3選

4月 17, 2020
去痰作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用を持つ蜂蜜を使った自然療法は、非常に人気があります。これは、蜂蜜が最高の天然抗インフルエンザ成分の一つだからです。今回は、蜂蜜を活用する3つの自然療法をご紹介します。

季節の変わり目、特に突然の温度や天候の変化が起こりインフルエンザにかかるリスクが高まる時期には、蜂蜜を使った自然療法について知っておいて、必要なときにすぐに活用できる効果的な方法として準備しておくのが良いでしょう。

蜂蜜が天然の抗生物質であるのをご存知ですか? 蜂蜜には治癒特性があるために、昔からあらゆる種類の治療に使用されてきました。蜂蜜の主な用途の1つは、私たちの免疫システムを強化して、病気への抵抗力をつけることです。

この記事では、蜂蜜を使用してインフルエンザの症状を緩和するのに役立つ方法について詳しく説明します。

天然の抗生物質

蜂蜜には栄養価があり、インフルエンザウイルスを阻害できる強力な治癒効果が証明されています。このため、インフルエンザを緩和するのに役立つ自然療法薬として重要な物質です(ただし、抗生物質はウイルスではなくバクテリアのみと戦うことに注意してください)。

また、蜂蜜には抗酸化作用と抗炎症作用があるだけでなく、心血管機能を改善するプレバイオティクスの特性があります。すべて天然成分と同様に、蜂蜜の栄養価と主な特性は、蜂蜜の種類、品質、花の種類、および地理的な起源によって異なります。

一般的に蜂蜜は、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、アミノ酸、タンパク質、酵素などの健康に役立つ成分が豊富に含まれている食品です。

ここからは、蜂蜜を使った自然療法について見ていきましょう。

こちらもご参照を:重曹と蜂蜜を使った自然療法

1. シナモンを加えた蜂蜜療法

インフルエンザの緩和に役立つ蜂蜜療法3選 シナモンと蜂蜜
蜂蜜とシナモンの組み合わせは、体内の防御力を強化し、インフルエンザの緩和を促進するのに役立ちます。

インフルエンザの緩和に役立つ蜂蜜を使った自然療法の一つ目は、準備が非常に簡単でおいしい方法です。蜂蜜とセイロンシナモンパウダーを混ぜて、シロップのような濃厚な液体を作ります。

この2つの成分を混ぜると、基本的には蜂蜜の特性をセイロンシナモンの特性が高めます。セイロンシナモンについて聞いたことがない場合、抗ウイルス性、抗菌性、抗真菌性という特性が際立っていることに留意しましょう。

さらに、この強力な組み合わせは、私たちの体を刺激して、インフルエンザから生じる疲労を克服するのに役立つと考えられています。

材料

  • セイロンシナモンパウダー 大さじ4(60 g)
  • 生の蜂蜜 大さじ4(80 g)

準備と摂取方法

  • それぞれの材料を混ぜたら、密閉容器に入れます。蜂蜜が固くなりすぎた場合は、容器を温水に入れて柔らかくします。
  • インフルエンザを発症している場合は、空腹時に毎日大さじ1杯、各食事の30分前に大さじ1杯を摂取してください。

2. ニンニクのマリネと蜂蜜療法

インフルエンザを緩和するための、2番目の蜂蜜療法は、生のニンニクを漬けこんで使います。ニンニクにはアリシンが含まれているため、ウイルス、細菌、真菌、さらには寄生虫に対しても強力な効果を発揮することが期待できます。また、心血管疾患の予防にも役立ちます。

インフルエンザの予防に、そしてインフルエンザの最初の症状を感じたときに服用してください。

この方法を活用して免疫システムを強化し、厄介なインフルエンザの症状を和らげて、治癒プロセスをスピードアップするのに役立てましょう。

材料

  • にんにく 10片(150g)
  • 蜂蜜 大さじ7(140 g)

準備と摂取方法

  • にんにくの皮をむき、薄切りにします。
  • 蜂蜜と一緒に瓶に入れます。
  • 涼しく暗い場所に1週間置きます。
  • 空腹時に小さじ1杯を摂取します。
  • すでにインフルエンザにかかっていて、消化時のの不快感がない場合は、1日あたり小さじ5杯まで服用してください。

詳細はこちらから:高コレステロール血症に効く!生姜、ニンニク、蜂蜜の治療薬

3.オレンジと生姜を加える蜂蜜療法

インフルエンザの緩和に役立つ蜂蜜療法3選 蜂蜜と柑橘類
蜂蜜、オレンジ、そしてショウガを加えた天然の自家製シロップは、典型的なインフルエンザの症状を落ち着かせ、免疫システムの強化にも役立ちます。

最後に、これはかなりシンプルで安価に仕上がる、自宅で作ることができるシロップです。

ビタミンCが豊富に含まれているオレンジの皮を使用します。ビタミンCは、呼吸器系の状態を緩和し、体の防御力全般を高めるのに役立ちます。さらに、体を温め、発熱時に役立つ香辛料として役立つ成分である生姜を加えます。

材料

  • オレンジの皮 2個分
  • 生姜パウダー 小さじ1(7 g)または新鮮な生姜のスライス(10 g)
  • ハチミツ 大さじ6(120 g)
  • 水または天然オレンジジュース 2カップ(500 ml)

準備と摂取方法

  • オレンジの皮と生姜を一緒にジュースか水で30分間沸騰させます。
  • 蜂蜜を追加し、さらに15分間沸騰させます。漉してから冷まします。
  • 瓶に入れたら冷蔵庫の中で保管します。
  • インフルエンザにかかった場合は、食事と一緒に1日大さじ3杯を服用してください。

今回の記事で、インフルエンザを緩和するための蜂蜜を使った自然療法を学びました。これは同様に、体内の防御力を高めるのに役立つ予防的治療法としても役立ちます。

インフルエンザには、予防が最良の薬であることを忘れずにおきましょう。

ただし、蜂蜜は赤ちゃんにとっては安全ではないため、今回の自然療法は赤ちゃんには使ってはいけません。成人にのみ使いましょう。

  • Chang, J. S., Wang, K. C., Yeh, C. F., Shieh, D. E., & Chiang, L. C. (2013). Fresh ginger (Zingiber officinale) has anti-viral activity against human respiratory syncytial virus in human respiratory tract cell lines. Journal of Ethnopharmacology. https://doi.org/10.1016/j.jep.2012.10.043
  • Miguel, M. G., Antunes, M. D., & Faleiro, M. L. (2017). Honey as a complementary medicine. Integrative Medicine Insights. https://doi.org/10.1177/1178633717702869
  • Watanabe, K., Rahmasari, R., Matsunaga, A., Haruyama, T., & Kobayashi, N. (2014). Anti-influenza Viral Effects of Honey In Vitro: Potent High Activity of Manuka Honey. Archives of Medical Research. https://doi.org/10.1016/j.arcmed.2014.05.006
  • Singh, M. P., Chourasia, H. R., Agarwal, M., Malhotra, A., Sharma, M., Sharma, D., & Khan, S. (2012). Honey as complementary medicine – A review. International Journal of Pharma and Bio Sciences.
  • Nahas, R., & Balla, A. (2011). Complementary and alternative medicine for prevention and treatment of the common cold. Canadian Family Physician.