高コレステロール血症に効く!生姜、ニンニク、蜂蜜の治療薬

8月 2, 2019
高コレステロール血症は、世界最大の死因である心血管疾患を引き起こす可能性があります。そのため、コレステロール値の管理が重要です。

コレステロール値が高い傾向の場合には、コレステロール値の管理が非常に重要です。この記事では、高コレステロール血症のための生姜、ニンニク、蜂蜜を使った治療薬をご紹介します。

心血管疾患や合併症を防ぐために、バランスの取れた食事をし、正しい治療でコレステロール値を調節しましょう。

または、高コレステロール血症のための自然療法を使って、調節することもできます。通常、薬よりも安く手に入れることができ、副作用がありません。

こちらもご参考に:悪玉コレステロールを減らすための効果的な食事療法

高コレステロール血症を見分ける方法とは?

コレステロールは、肝臓で作られている脂肪のようなものです。体全ての細胞に存在し、体を正常に動かすために必要です。

しかし、多すぎるコレステロールは、心血管疾患のリスクを増加させるので健康にとって非常に危険です。

世界保健機関(WHO)によると、世界中で毎年1700万人以上の人が心血管疾患によって亡くなっています。この一部の原因は、適切な治療を受けていないためによるものです。

コレステロール値を調節するための多くの治療法や自然療法があるにもかかわらず、多くの人が試さずにいます。高コレステロール血症であることを無視する人も中にはいるのです。

では、どうやってコレステロール値が正常であると知ることができるでしょうか?

次の兆候に注目してみてください。

高コレステロール血症

これらいずれかの症状がある場合には、すぐに医者に行きましょう。血液検査を行うことによって、高コレステロール血症であるかどうかを判断することができます。血液中の脂質の正常値は、年齢と性別により異なります。

高コレステロール血症のための生姜、ニンニク、蜂蜜を使った治療薬

この治療薬は、早くコレステロール値を調節したい場合の最善策であり、安く、簡単に作ることができます。動脈をきれいにするのに役立つので、心血管疾患のリスクを下げてくれます。

また、これらの材料には、抗炎作用、抗酸化作用があるため、消化不良、高血圧、関節炎、および喘息などの症状にも役立ちます。

効能が次の通りです。

  • ニンニクは、血流と心臓の健康を改善します。抗凝固作用、抗炎作用、および抗酸化作用を有しています。
  • 生姜は、脂質過酸化反応、および特定の食品からもたらされる悪玉コレステロール(LDL)が肝臓で合成することを防いでくれます。ニンニクのように、抗酸化作用も有しています。
  • 蜂蜜は、トリグリセリドおよび悪玉コレステロール値を減少させ、善玉コレステロール値(HDL)を増加させます。また、特定の病気を防ぐことができる抗酸化作用があります。さらに、健康的な砂糖の代替品となります。

材料

  • ニンニク 4片
  • 生姜の根 3 cm
  • レモン汁 1/2カップ(125 ml)
  • 水 8カップ(2 L)
  • 蜂蜜 1カップ(336 g)

作り方

  • ニンニクの皮をむき、生姜の根と共にフードプロセッサーに入れます。
  • 滑らかな感触になるまで、数分間混ぜ合わせます。
  • 水と一緒にレモン汁を加えます。
  • 最後に蜂蜜を加えます。
  • 必要であればろ過し、ガラス製の容器に入れます。
  • 5日間の間、冷暗所で保管することができます。冷蔵庫での保存も可能です。

ご存知ですか?自然にコレステロールをコントロールできる6つの習慣とは?

使い方

  • この治療薬は、空腹の状態または食事の前に摂取することができます。
  • 2週間以上続けての摂取は避けましょう。
  • 健康効果をさらに上げるために、少量のリンゴ酢を加えることもできます。

<注意>この治療薬の味が強いようであれば、コップの水に大さじ2杯を溶かし、食事の前にこの希釈された飲み物を摂取することもできます。

どのように摂取するにしても、この治療薬は心血管疾患を改善するのに役立ちます。

重要なことは、規律を守り、一貫性を保つだけでなく、良い食生活と運動で補完することです。この場合、飽和脂肪とコレステロール値を上げる食べ物の量を減らすことを意味します。

高コレステロール血症

コレステロールは肝臓によって生産されていますが、食べ物からもたらされるコレステロールが最も体に影響を及ぼします。そのため、食生活に気を付けましょう。

医者があなたのコレステロール値、トリグリセリド、血圧を確認できるように、定期健診に忘れずに行ってください。心血管疾患のリスクが高い場合には、より頻繁に医者に行くといいでしょう。

  • Thomson, M., Al-Qattan, K. K., Al-Sawan, S. M., Alnaqeeb, M. A., Khan, I., & Ali, M. (2002). The use of ginger (Zingiber officinale Rosc.) as a potential anti-inflammatory and antithrombotic agent. Prostaglandins Leukotrienes and Essential Fatty Acids. https://doi.org/10.1054/plef.2002.0441

  • Choudhary, A., & Verma, R. J. (2005). Ameliorative effects of black tea extract on aflatoxin-induced lipid peroxidation in the liver of mice. Food and Chemical Toxicology. https://doi.org/10.1016/j.fct.2004.08.016

  • Bogdanov, S., Jurendic, T., Sieber, R., & Gallmann, P. (2008). Honey for nutrition and health: A review. Journal of the American College of Nutrition. https://doi.org/10.1080/07315724.2008.10719745