インフルエンザの症状と体への影響

08 2月, 2020
インフルエンザが私たちの体にどのような影響を及ぼすのかは、多くの科学的研究によって明らかになっています。インフルエンザの不快な症状や辛さは、多くの人が経験していることです。今回は、インフルエンザの症状と、私たちの体に与える影響について説明します。
 

季節性のウイルス性疾患であるインフルエンザを経験したことがある人は多くいるでしょう。

インフルエンザは、ある特定の体内メカニズムがインフルエンザウイルスに感染することで様々な症状を引き起します。

昔から、インフルエンザの兆候は、発熱、頭痛、筋肉痛、疲労感だと言われています。

合併症などを併発することがなければ、若くて健康な人は、自然治癒することがほとんどです。

しかし、一部のインフルエンザはより深刻な症状を発症することがあり、患者の年齢や基礎疾患の存在などが原因となり、ウイルスが免疫の抑制された体内を攻撃すると、死にいたることもあります。

また、インフルエンザは風邪とは違う病気であることを理解してください。風邪の症状はインフルエンザよりも穏やかです。

インフルエンザのウイルスは、体内を攻撃して大きな影響を与えます。

インフルエンザには、飛沫感染と接触感染があるため、発症したら仕事や学校を休む必要があります。そのため、インフルエンザの流行は、社会的にも大きな影響を与えます。

インフルエンザの症状の中でも、多くの人が厄介だというのが「疲労感」です。

インフルエンザを発症した人の多くが、数日間続く無気力感や疲労感に悩まされたと言います。

また、体内組織の炎症により、発熱と筋肉痛が起こります。

インフルエンザの微視的プロセス

インフルエンザが顕微鏡レベルで体内にどのような影響を与えているのかは、体外に現れる症状が表しています。

ここからは、さまざまな細胞メカニズムが、発熱、頭痛、筋肉痛などを引き起こすプロセスを説明します。

インフルエンザウイルスが体内に入ると、人間の免疫系が検出するまでのおよそ8時間で増殖します。

ウイルスが体内に侵入するときの入口となるのが、気道です。

 

細胞に侵入したウイルスは、タンパク質を生成する細胞小器官をコントロールし、ウイルス自身のために機能させて増殖します。

増殖したウイルスは、他の細胞へと感染します。

免疫システムがインフルエンザウイルスを検出し、戦うために活性化すると、体内でいくつかの反応を引き起こします。

これらの反応がインフルエンザの症状として知られているものです。

体内で最初に活性化するのが白血球です。白血球は、臓器や組織を活性化させて、できるだけ早く体からウイルスを除去するために働きます。

インフルエンザの症状と体への影響 免疫システム

私たちの免疫システムは、インフルエンザの症状を引き起こします。

免疫系を強くする7つの方法

発熱

インフルエンザによる体への影響について説明する時には、発熱について話す必要があります。

インフルエンザの特徴の一つが発熱です。

私たちの体では、視床下部が体温を上昇させる命令を出すことで発熱します。

視床下部は、バクテリア、ウイルス、サイトカインなどの発熱物質との存在を感知します。

体温が上昇すると、白血球がより効果的に働き始めます。

つまり、発熱はウイルスによる病理的な結果ではなく、私たちの体が持っている防御メカニズムの一つです。

高温という状況においては、ウイルスなどが増殖しにくくなるため、体温をあげて自分を守ります。

頭痛

インフルエンザが頭痛を引き起こす理由は、まだ完全には明らかになっていませんが、発熱がある場合は頭痛が起こるのも理にかなっていると考えられています。

 

細胞から分泌される低分子のタンパク質であるサイトカインも、頭痛に関連しています。

サイトカインと体温上昇が、体内における血管の拡張につながりますが、体の血管が拡大することで、血流が片頭痛に似た内因性のメカニズムを起こすことで頭痛を発症すると説明できます。

インフルエンザの症状と体への影響 発熱した人

発熱と頭痛は、インフルエンザの一般的な症状です。

続きを読む:風邪とインフルエンザの主な違い

筋肉痛

筋痛、または筋肉痛もインフルエンザの主な症状の一つです。

インフルエンザに感染すると、体内では筋細胞の破壊を促進する特定の遺伝子の発現を増加すると同時に、炎症性サイトカインは筋肉を膨張させてウイルスと戦います。

細胞はウイルスとの戦いに集中するため、筋肉の炎症には痛みが伴い、筋肉を消耗します。

インフルエンザを発症している人が筋肉の痛みや疲労感を経験するのはこのためです。

結論

インフルエンザが体に及ぼす影響とメカニズムについては、現在も研究が続いています。

大切なのは、インフルエンザを発症したら、熱、頭痛、筋肉痛を経験すると理解することです。

これらの症状は、体内の免疫システムがインフルエンザウイルスと戦っていることを表しています。

インフルエンザでは、十分な安静と医師による診察や治療の開始が、治療プロセスの促進に役立つことを忘れないようにしましょう。

 
 
  • Nicholson, K. G. “Clinical features of influenza.” Seminars in respiratory infections. Vol. 7. No. 1. 1992.
  • Stöhr, Klaus. “Influenza—WHO cares.” The Lancet infectious diseases 2.9 (2002): 517.
  • Bouvier, Nicole M., and Peter Palese. “The biology of influenza viruses.” Vaccine 26 (2008): D49-D53.