いつまでも若々しく!抗酸化ジュース3選

7月 14, 2017
これらのヒントを参考にして、抗酸化ジュースを毎日飲めば、若く強い身体を手に入れることができます。いつまでも輝いていたいと思うなら、年齢は全く関係ありません。

生まれた瞬間から歳をとっていくのは変えられない事実ですが、歳をとったなぁと実感する瞬間には個人差があるようです。

いつまでも若々しくいるためには、何ができるのだろうと一度は疑問に思ったことはありますか?

美容クリームやローション、エステや美容整形など、多くのアンチエイジング方法や製品が販売されていますが、重要なのは体の内部からケアをすることなのです。

体内の細胞組織は、歳を重ねると共に弱くなるため、抗酸化作用のあるジュースを飲んで体の内側から健康を促進しましょう。

今回はアンチエイジングのための最もシンプルで効果的なレシピをご紹介していきます。

いつまでも若々しくいるための抗酸化ジュース

1.ニンジンとアスパラガスのジュース

Espárragos-500x334

最初にご紹介するジュースは、細胞を若く保つために不可欠な栄養素を含んでいます。

アスパラガスには美肌効果や疲労から回復するのに役立つと言われるビタミンBやC、そして抗酸化作用を持つことで知られるビタミンEが含まれています。

ビタミンやミネラルだけではなく、抗酸化物質を豊富に含むレモングラスは、フリーラジカルから私たちの細胞を守ります。

これらの栄養素によって、滑らかで輝くお肌を手に入れることができます。

こちらもご参考に:人参の素晴らしい健康効果

材料

  • ニンジン 4本
  • アスパラガス 10本
  • レモングラス 1本

作り方

  • ニンジンの端だけ切り取り、スライスします。
  • アスパラガスを適当な大きさに切ります。
  • レモングラスも同様に切ります。
  • 全ての材料をミキサーに入れて、滑らかなジュースになるまでブレンドします。
  • 出来上がりです!

2.ニンジンと月見草オイルのジュース

Jugo-de-zanahoria-500x334

月見草オイルとニンジンを混ぜると、ニンジンのベータカロチンが月見草オイルに含まれる元素状脂肪酸の特性を高めるので、非常に高いアンチエイジング効果が得られます。

このジュースは、細胞の再生と皮膚の健康に必須なオメガ6酸が豊富に含まれています。さらにビタミンEが、その活動を活性化させます。

ニンジンとオイルが混ざりやすくするために、このジュースにリンゴを加えることもできます。

材料

  • リンゴ 4個
  • ニンジン 3本
  • 月見草オイル 大さじ1(15g)

作り方

  • リンゴとニンジンを切ります。
  • それぞれを交互にミキサーに入れていきます。
  • しっかり混ざるまで、数分間ブレンドします。
  • 大さじ1の月見草オイルを加えて、よくかき混ぜます。
  • 効果をしっかりと実感するために、一日グラス一杯飲むようにしてください。

3.オレンジとイチゴのジュース

zumo-de-zanahoria-remolacha-fresaynaranja

オレンジとイチゴに含まれるビタミンCは皮膚を美しく保つために必要なコラーゲンを作るのに最も重要なビタミンの一つです。

材料

  • オレンジの汁 1個分
  • イチゴ 7個
  • パイナップル 1切れ

作り方

  • オレンジを絞ります。
  • イチゴとパイナップルをミキサーにかけやすい大きさに切ります。
  • 全てをミキサーに入れて、数分間ブレンドします。
  • このジュースを週に二回飲むことをお勧めします。

ご存知ですか?:いちごが体にもたらす8つの効果

いつまでも若々しくいるために、感情のケアもしっかりと行いましょう

mujer-batido-depurativo-500x334

先ほど、あなた自身を内部からケアすることが重要であるとお伝えしました。

身体の健康を考え、ご紹介したジュースを日頃から飲むのは必須です。そして、精神面の健康もケアしていくべきです。

心配しすぎたり、不安を感じていると、細胞構造が変化してきます。ですから、若々しくいたいと思うのなら、自分の感情の健康状態もきちんとケアすることがとても大事です。

自分の好きなこと、楽しめること、思う存分やってみましょう! 

ダンス、スポーツ、お友達や家族とゆっくりお茶をするだけでも構いません。

毎日、自分自身のための時間を数時間とるようにしましょう。

心身の健康を維持する生活を送りながら、抗酸化ジュースを毎日飲めば、若々しく健康な身体を手に入れることができるでしょう。

年齢に関係なく、私たちは自分の思い通りに輝くことができます。

自分自身を優しく労ってあげる必要があります。今日がそれを始めるのに、ぴったりだと思いませんか?

Prakash, A., Rigelhof, F., & Mlller, E. (2011). Antioxidant Activity. European Review for Medical and Pharmacological Sciences. https://doi.org/10.1016/j.bmcl.2010.12.025

Pietta, P. G. (2000). Flavonoids as antioxidants. Journal of Natural Products. https://doi.org/10.1021/np9904509