いちごが体にもたらす8つの効果

6月 22, 2017
いちごには利尿作用、抗炎症作用、それにデトックスを促す効果があります。またいちごに含まれるフラボノイドの働きで体の酸化や認知の低下を予防します。

いちごは美しい赤色で、何百年も前から様々な料理で活用されてきました。学名はFragaria ananassa (フラガリア・アナナッサ)でバラ科の植物です。アメリカ原産で、18世紀にヨーロッパへと広がりました。

含有成分においては、抗酸化作用があることが最も一般的に知られています。ビタミンやミネラルも豊富に含んいて、健康にはとても良い食べ物です。

カロリーが低く、空腹感を満たし、代謝を促すので減量にも役立ちます

また血糖値を調整し、フリーラジカルによるダメージを防いでくれます。

健康的な食生活には欠かせないフルーツであることがここから見て分かると思います。

ここではイチゴが持つ8つの有効性についてご紹介します。きっとイチゴをもっと食べたいと思うようになりますよ!

 

1.心臓血管の病気を予防する

いちごに含まれるアントシアニンという抗酸化成分が心臓血管の健康維持、改善をサポートします。炎症を抑制し、コレステロール値とトリグリセリドの値を調整します。

動脈を広げ血栓を防ぐので高血圧を予防することが出来ます。

いちごを週に2,3回食べるだけで心臓発作や脳卒中のリスクを低めることが出来るのです。

 

2.体に水分を与える

いちごの92%が水分で、体の水分補給に最も最適な食べ物の1つです。

暑い日に食べると、気分をリフレッシュさせてくれるだけでなく、体に足りない水分を与えてくれます。

いちごは電解質(イオン)のバランスを整えてくれる必須ミネラルを含んでいるので、アスリートにとっても食事に加えておきたい食べ物です。

 

3.気持を高揚させる

いちごは気持ちや気分に影響を与えるビタミンB1も含んでおり、イライラや悲しい気持ちを改善してくれます。

ビタミンB1は神経系に取り入れられ、気分を向上させるホルモンの分泌を促します

 

4.お肌を美しくする

含まれるビタミンやミネラル、水分などが、お肌を健康的に美しく保ってくれます。

定期的に食べると老化を加速させる毒素や老廃物を体外に排出する過程を促し、同時にphバランスを整えます。

また、お肌の角質を取り除き、色のトーンをアップさせ、柔らかくするためのマスクやリームの基材としても使えます。

 

5.便秘を解消する

いちごに含まれる繊維と水分が腸内の動きを活発にし、溜まった便を体外に押し出します

水分と繊維という組み合わせは、便が消化管を移動するのを容易にしてくれます。

また同時に、腹部の炎症や、消化の遅れに伴うあらゆる症状をコントロールします。

 

6.抗炎症作用

いちごやその他のベリー類はビタミンC,ミネラル、抗酸化成分を豊富に含んでいるので炎症を抑えるのに役立ちます。

これらの栄養素が抗炎症作用、利尿作用、デトックスの効果をもたらし、老廃物の排出や細胞の機能が正常に働くことを促します。

ですので、筋肉や関節の痛み、関節炎に効果があるのです。

 

7.目の健康をサポート

いちごはルテインとイグノアという2つの色素成分を含んでおり、これらは目の健康維持に有効です。

抗酸化成分とビタミンCがUVA紫外線や環境毒から目を守るシールドを作り、白内障や黄斑変性を予防します。

ビタミンCが角膜と網膜の健康をサポートし、老化に伴う病気を予防します。

 

8.脳を若々しく保つ

いちごに含まれるフラボノイドが酸化を阻害し、脳が正常に機能するのをサポートします。

年配者の認知の低下をやわらげ神経変性障害を防ぐカギとなっている可能性があります。

いちごには体の健康維持に必要とされるたくさんの栄養素が含まれています。生のまま新鮮で熟したものを食べて、これに含まれる栄養素を100%そのまま体に取り入れましょう!

 

あなたへおすすめ