不安感を軽減して減量効果を促進する塩化マグネシウムの使用法

· 3月 15, 2018
塩化マグネシウムには多くの医学的な利点がありますが、私たちの健康を損なうことなく体重を減らしながら、体内の毒素を浄化することが最もよく知られている効能です。

塩化マグネシウムはマグネシウムの塩化物で、体内でナトリウムとカリウムのバランスが失われた時に、すぐに回復させて正常に保ちます。

塩化マグネシウムには様々な健康へのメリットがありますが、摂取する際に副作用を避けるための注意事項もあります。

塩化マグネシウムとは?

頭痛

塩化マグネシウムは、塩素とマグネシウムから構成されています。

体内のマグネシウム全体のうち、ほぼ60%が骨、そして26%が筋肉に含まれています。またそれ以外のマグネシウムは、体内の軟部組織や体液に含まれています。

マグネシウムの最も重要な機能の1つは、体内に蓄積されているカルシウムを取り除き、カルシウムを最も必要とする場所である骨に運ぶことです。

マグネシウムウォーターの効能

  • 体内に蓄積されたカルシウムを集めて骨や関節を強化
  • 関節の膜を脱灰する
  • 石灰化硬化症への有効な治療法の一つ
  • 血液を浄化して脳卒中を防ぐ
  • 体内の重要な機能を果たす臓器を回復させる(例えば、腎臓を活性化し、尿酸の排出を促進するなど)
  • 知的疲労を軽減して筋肉の萎縮を最小限に抑えながら、体内のミネラルバランスの乱れを修正
  • 疲労を和らげて前立腺の疾患を予防
  • エネルギーバランスを維持しながら神経伝達に作用するのに役立つ天然の精神安定剤
  • 40歳以降の方には特に必要なミネラル

40歳を過ぎると私たちの体は、食品から栄養素を吸収する能力が低くなります。マグネシウムなどの必須栄養素の欠如は、目に見える老化の兆候を進行させるだけではなく、病気の原因にもなります。

また、マグネシウムは主に心臓、肝臓、脳、腎臓に集中するため、マグネシウム欠乏症はさまざまな病気を引き起こす可能性があります。

いくつかの疾患を抑えるマグネシウムの効果

マグネシウム

塩化マグネシウムのおかげで予防できる病気はこちらです:

  • 塩化マグネシウムを毎日摂取することで結腸・直腸ガンを予防
  • 前立腺疾患を予防
  • 糖尿病を予防または糖尿病患者の生活の質を向上
  • マグネシウムの定期的な摂取により、心血管疾患を予防
  • 関節内における尿酸の蓄積を解消することで関節炎を予防
  • 消化器系の問題や腸の疾患などを予防

塩化マグネシウムの働きによって症状が改善できる病気は次のとおりです:

  • アルツハイマー病
  • 喘息
  • 不整脈
  • 疲労
  • 高血圧
  • ストレス

塩化マグネシウムで減量効果を促進する方法

減量

材料

  • 水 グラス1杯 (200 ml)
  • 塩化マグネシウム 大さじ1  (10 g)
  • レモン果汁  ½ 個
  • ハチミツ 小さじ1 (7.5 g)
  • 氷(お好みで)

作り方

  • 塩化マグネシウムを水の中に入れて溶かします。
  • レモン果汁とハチミツ、そしてお好みで氷を加えて混ぜます。

摂取方法

  • 2ヶ月続けて、週に4回飲んでください。
  • 健康に害を及ぼすことなく塩化マグネシウムの効能を体内に取り込む方法です。
  • 最も効果的なのは、朝食の後に飲む方法です。

注意事項

  • 塩化マグネシウムと塩化ナトリウムを間違えないようにしてください。
  • 便通を促進する効果のある塩化マグネシウムの過剰摂取は、栄養素の吸収を妨害するなど、健康に有害です。

メイン画像の転載元: © wikiHow.com