共役リノール酸の持つ健康上の利点

7月 1, 2020
動物と人間に対して行われた研究により、共役リノール酸が体脂肪を減らすのに役立つ可能性があることが明らかになりました。今回の記事で、その詳細をご覧ください!

共役リノール酸は、必須脂肪酸であるリノール酸の一つです。この脂肪酸の特徴は、特に食欲の調節に関する健康上の利点を提供することだと言われています。

ただし栄養特性に関しては、まだ完全に実証されていない点やそれに対する意見があるため、消費者にとって安全かどうかを適切に判断し評価するべきです。十分な注意を払わないと、時間の経過とともに望ましくない副作用が発生する可能性があります。

この記事で、共役リノール酸について詳しく見ていきます。

共役リノール酸の健康上の利点

共役リノール酸の持つ健康上の利点 コーヒーの瓶

近年、共役リノール酸とその健康特性への関心が高まっています。一般的には、心血管系の問題を改善する抗発がん物質だと考えられています

共役リノール酸の持つ健康特性を次にご紹介します。

  • 免疫系の応答を調節する
  • 抗糖尿病薬として機能する
  • 骨の石灰化を改善する
  • 体脂肪を減らすのに役立つ可能性がある

共役リノール酸の持つ様々な効果をここから見ていきましょう。

糖尿病の予防効果

糖尿病への効果に関しては、人間以外の動物で行われたさまざまな研究から、共役リノール酸が糖尿病に対して作用する特定の薬物と同様の活性を発揮することが証明されました。また、共役リノール酸を摂取した2型糖尿病患者を対象とした臨床試験では、この物質が空腹時の血糖値やレプチン、ボディマス指数(BMI)の低下、および体重の大幅な減少につながることが明らかになりました。

こちらもご参考に:魚類以外にオメガ3脂肪酸を多く含む食材

脂肪の生成を抑制する作用

共役リノール酸の持つ健康上の利点 肥満患者

現在、共役リノール酸が体脂肪を減少させることを実証するために、多くの研究が動物と人間を対象に行われています。

もし体脂肪を減らす効果が認められれば、肥満の予防および治療における有用な製品として、共役リノール酸を商業目的に使用することが可能になるでしょう。ただし、人間への効果や影響にに関しては一連の論争があります。というのも、体重に問題のない人に投与したときには、体脂肪に大きな変化がなかったためです。

体脂肪量に対する共役リノール酸の作用は、エネルギーバランスの変化が関連していると考えられています。共役リノール酸は、食物の摂取量を減らしたりエネルギー消費量を増やすだけでなく、両方の効果を同時に得られる可能性があります。

免疫システムの向上

これは、最近発見された健康上の利点の1つですが、これをサポートするのに十分な研究はまだありません。研究者たちは、共役リノール酸が異物や抗原を認識する細胞である特定の免疫グロブリンを増加させることを発見しました。これらの研究結果から、特定の食物アレルギーの予防と治療における共役リノール酸の有用性を期待することができると考えられています。

発見:免疫系を強くする7つの方法

抗発がん性

この特性は、研究者によって最も研究されている特性かもしれません。研究者たちは、動物だけでなく人間に対しても実験を含む研究を行っています。乳がんの予防に関して行った研究では、共役リノール酸を他の類似の化合物と比較したときに、より優れた結果が示されました。つまりこれは、乳がんの予防に役立つ可能性があることを意味します。

全体として考えると、抗酸化作用、免疫応答の増加、血管新生と転移の抑制、およびアポトーシス(細胞死)の増加が、この抗発がん作用のメカニズムとなる可能性があります。

骨の石灰化に対する共役リノール酸の健康特性

共役リノール酸の持つ健康上の利点 カプセルの入った瓶

共役リノール酸が、サルコペニアと骨粗しょう症の予防に大きな役割を果たす可能性を示す研究があることを最後にご紹介します。

動物を使った研究で得られた結果が人間においても確認されれば、共役リノール酸は間違いなく、これまでよりも一般的になるでしょう! ただし、科学者が共役リノール酸の利点を確認するためには、さらに多くの人間に対する研究が必要です。

結論

共役リノール酸は、体に多くの健康上の利点を提供する物質ですが、前述したように、その特性の多くは現在まだ研究が続けられている段階です。

医師が提示した治療に代わるものとして共役リノール酸を使用することはしないでください。どのような治療でも、始める前には必ず薬剤師や医師に相談してください。これは、自己判断による治療や物質の不適切な使用が、深刻な影響を及ぼす可能性があるためです。

  • Hartigh LJ., Conjugated linoleic acid effects on cáncer, obesity and aterosclerosis: a review of pre clinical and human trials with current perspectives. Nutrients, 2019.
  • Kanter JE., Goodspeed L., Wang S., Kramer F., et al., 10,12 conjugated linoleic acid driven weight los is protective against aterosclerosis in mice and is associated with alternative macrophage enrichment in perivascular adipose tissue. Nutrients, 2018.
  • Kadirareddy RH., Ghanta Vemuri S., Devi Palempalli UM., Probiotic conjugated linoleic acid mediated apoptosis in breast cáncer cells by downregulation of NFkB. Asian Pac J Cancer Prev, 2016. 17 (7): 3395-403.