肥満の予防に役立つ食品のタイプとは?

27 5月, 2020
肥満を予防するためには、バランスの取れた健康的な食事と定期的な運動が大切です。食事と運動のどちらも、専門家の指導のもとで行う必要があります。厳し過ぎる食事制限のあるダイエット法は、決して健康的ではないことを忘れないようにしてください。

肥満の予防や治療の方法を検討する前に、肥満のメカニズムを理解することが重要です。ハーバード大学公衆衛生学部が行った最近の研究は、世界中で肥満の有病率が増加し続けていることを示しています。このような状況を前にして、国々が現在行う公衆衛生対策を超えて、専門家たちが満を予防するとともに既に過体重となっている人を治療するための対策を実施するのは、これまで以上に大切だと考えられています。

WHO(世界保健機関)によると、肥満の主な原因は座りがちな生活と不健康な脂質の多い食事です。どちらも、現代社会の変化とそこでの人々の行動パターンの結果と言えるでしょう。

肥満を予防するための治療法の特徴

肥満の予防に役立つ食品のタイプとは? サラダとハンバーガーを持つ女性

食事療法は、肥満の治療において基本的な役割を果たします。食事療法を伴わない肥満の治療は、失敗が避けられないでしょう。運動などの他の治療介入は、食事療法の補完として間違いなく有効な方法です。いずれの場合も、運動は減量プログラムにおいて、重要な役割を果たします。

海外では、オルリスタット、シブトラミン、リモナバントなどのさまざまな薬が、減量に効果的であるとされています。科学者たちは低カロリー食を実施している患者を対象に、これらの薬の臨床試験を行い、肯定的な結果が得られたことを確認しました。

しかし、これらの薬のほとんどには食欲不振誘発性があることを心に留めておきましょう。結局のところ薬は、正しい食事療法に従うのを補助するというのが基本となります。

肥満の外科的な治療は、長期的に見ると失敗する可能性があることに言及しておくべきでしょう。これは、特に肥満の人が食生活を変えない場合に当てはまります。

ただし、重要な役割があるのにも関わらず、従来の食事療法が正しく実施されたとしても、持続的に見ると患者が完全に満足できる結果をもたらすわけではありません。これは、食事療法を始める肥満の人のほとんどが、食事療法を断念するからです。また食事療法を継続しても、体重が減らない人も多くいます。さらに、体重が減った人の多くが、リバウンドを経験しています。間違いなく、食事療法の最大の問題は、フォローアップの欠如だと言えるでしょう。

こちらもご参照を:世界中で大問題となっている小児肥満について

肥満の予防に役立つ食品の種類

肥満の予防に役立つ食品のタイプとは? 脂肪の測定

肥満を予防するには、バランスの取れた健康的な食事と定期的な運動計画に従い、専門医が食事と運動の両方をしっかりと監督する必要があります。

極端な制限のある食事療法は、健康な食事ではないと理解していることが大切です。食事制限を行うと、除脂肪の引き締まった筋肉が大幅に失われ、摂食障害を促進する可能性があります。減量を行う時には、特定のニーズに合わせて作成された、標準カロリーを摂取する食事計画に従う必要があります。このタイプの食事療法では、ほとんどの推奨食品が通常体重の人と同じですが、主に飽和脂肪酸の摂取を制限します。

ここからは、肥満の予防に役立つ食品をご紹介します。

満腹感を得るのに役立つ食品

肥満の予防において、満腹感が得られる食品を選ぶ方法を知っておくのは大切です。原則として、満腹感が得られる食品とは、食物繊維が豊富に含まれた食品です。食物繊維は水分を吸収するため、胃の中で容積が2倍になり、膨満感につながります。満腹を感じると、コントロール不能で継続的に感じていた、食事をしたいという欲求が減少します。

満腹感が得られるという特性を持つ食品のいくつかをご紹介します。

  • ほとんどの野菜と豆類
  • ほとんどの果物
  • 海藻類

発見:タイプ別:肥満とその原因6選

低カロリー食品

肥満の予防に役立つ食品のタイプとは? 豊富な食品を摂取する
肥満を予防するためには、食事内容を変更して、活発な毎日を送りましょう。

低カロリー食品は、提供するエネルギーレベルが低くなります。低カロリーの食品を摂取するという考えは、体内に蓄積された脂肪を燃焼するため、必要なカロリーよりも少ないカロリーを摂取することです。低カロリー食品は、バランスの取れた健康的な食事の一部として摂取する限り、肥満の予防に役立ちます

お勧めの食品は次の通りです。

  • アスパラガス
  • ほうれん草
  • きゅうり
  • アーティチョーク

結論

体重を減らすためには、専門医が承認する食事療法や計画に従うことが大切です。適切な食事療法を実践すれば、満腹感が持続し、途中で減量をあきらめてしまうことはないでしょう。

常に活発な日々を過ごし、何らかの運動を続けることが重要です。総合的に見ると、肥満の予防と治療で最も大切なことは、目標を達成するために自分を律することと、やる気を維持することです。

あきらめずに頑張りましょう!

  • Tarban, A. (2010). La Obesidad Infantil : una epidemia mundial. Ministerio de Sanidad y Consumo.
  • OMS. (2015). Alimentación sana. https://doi.org/Nota descriptiva No. 394
  • Barrientos-Perez, M., & Flores-Huerta, S. (2008). ¿Es la obesidad un problema médico individual y social? Políticas públicas que se requieren para su prevención. Medigraphic Artemisa En Linea.
  • Ciangura, C., Carette, C., Faucher, P., Czernichow, S., & Oppert, J.-M. (2017). Obesidad del adulto. EMC – Tratado de Medicina. https://doi.org/10.1016/S1636-5410(17)84245-8