口唇ヘルペスって/どうして再発するの?

単純ヘルペスウイルスは、なんらかの引き金によって活性化され、症状が現れます。人によっては、ウイルスが不活性状態のままで症状が現れない場合もあります。
口唇ヘルペスって/どうして再発するの?

最後の更新: 07 11月, 2018

遺伝や悪習慣・栄養不足などによってすでに弱くなっている内臓が、ウイルスや細菌などで繰り返し侵されてしまうため、再発性の感染病に悩む人が多くいます。
一般的な感染病のひとつが、口唇ヘルペスです。健康を脅かすほど深刻な病気ではありませんが、不快な症状が続くことと審美的によくないという問題点があります。

今回は、どうして口唇ヘルペスは何度も再発するのかという原因と理由、そして症状を緩和する自然療法をご紹介します。

口唇ヘルペスって?

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)が原因の単純疱疹で、くちびるのまわりにできる小さな潰瘍または水ぶくれのことです。

くちびる周辺にできるのが一般的ですが、身体のどの部分にでも起こり得ます。

単純疱疹ウイルス-1

どうして再発するの?

少数ですが、生涯に1度だけしかこのウイルスの症状を体験しない人たちがいますが、症状が消えてもウイルスは体内に残っているため、口唇ヘルペスは何度も再発するのが一般的です。

通常、単純ヘルペスウイルス1型は、子供のころに感染し、接触によって広がります。

皮膚を通して体内に侵入し、神経細胞の中に恒久的にとどまります。

特定の引き金が起こるとき、ウイルスが活性化されて口唇ヘルペスが現れます。

ウイルスは不活性状態のままでいることができるので、ウイルスを保菌していても症状を体験しない人もいます。

口唇ヘルペスの引き金って?

単純ヘルペスウイルスの引き金となる正確な原因はよくわかっていません。ただし、いくつかの要因がウイルスの活性化を助けます:

  • ストレス:ストレスは体内のアンバランスを引き起こし、身体本来の防衛力を攻撃します。大部分の場合、ストレス下にあるときは発症しませんが、その直後、身体がリラックスして、自然のリズムを取り戻そうとしているときに起こります。
  • 別の病原菌(身体のその他の部分に見つかるものを含む)による感染症や熱。
  • 医薬品:特定の医薬品、特に抗生物質は、免疫システムを弱め、ヘルペスウイルスを活性化します。
  • ホルモンの変化:最も一般的なのは、更年期または妊娠に関連したものです。
  • 極端な天候:太陽熱の放射線にさらされたり、極端で突然の気温変化を体験したりすると、口唇ヘルペスができる機会が増える可能性があります。
  • 食物アレルギー・不耐性:時として、身体が特定の食品(グルテン・乳糖・大豆・ある種のくだものなど)をうまく消化しないことがあります。これらのケースは、反応がいつもただちに現れるとはかぎりませんから、突き止めるのが困難かもしれません。
  • 腸の疾患:数名の研究者によると、口唇ヘルペスは、腸の内壁の一部の炎症または潰瘍のサインかもしれないそうです。
きっかけ

口唇ヘルペスによく効く自然療法って?

上記のような引き金となる要因を分析し、どれがあなたに影響しているのかを見いださなければなりませんが、対処法を学べば、発症する回数が減る効果が期待できます。

以下、口唇ヘルペスの予防と治療に役立つ自然療法をいくつかご紹介します:

  • 醸造酵母:このサプリは、お肌の解毒剤として機能するほか、神経系のバランスをとるのにも役立ちます。
  • エキナセアこの薬草は、免疫システムを強化する能力で最もよく知られています。1年のうちで最も病気にかかりやすい時期や、季節の変わり目などに利用できます。
  • プロポリス(蜂ヤニ)この天然の抗生物質は、自然な免疫力を高め、身体を強化します。内服するか、口唇ヘルペスに直接塗ってもOKです。
  • エダウチオオバコ:もしあなたの口唇ヘルペスが腸の問題と関係しているなら、この野菜繊維が、腸を刺激することなく消化を整え、促進してくれます。
自然療法

また、毎日の食生活に注意を払い、食物アレルギーまたは食物不耐症のテストを受けることもおすすめします。

身体が消化できない食べ物を取りのぞくことができれば、口唇ヘルペスの発症を防ぐだけでなく、健康全般の改善にも役立ちます。

こちらの記事もおすすめです。
あなたが知っておくべき11種類の性感染症(STD)
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
あなたが知っておくべき11種類の性感染症(STD)

性感染症(STD)は一般にも認知されている性器の病気で、通常は感染者と性交渉を行うことでうつります。この病気は血液や精液、そして膣分泌液などの体液を通して伝わっていくのです。また、この病気は妊娠中、または出産中の母親から子どもにうつる可能性もありますし、輸血使用済みの注射器の使用等で感染に繋が...



  • Usatine, R. P., & Tinitigan, R. (2010). Nongenital herpes simplex virus. American Family Physician. https://doi.org/d8528 [pii]
  • Opstelten, W., Neven, A. K., & Eekhof, J. (2008). Treatment and prevention of herpes labialis. Canadian Family Physician. https://doi.org/10.1186/cc9185
  • Cunningham, A., Griffiths, P., Leone, P., Mindel, A., Patel, R., Stanberry, L., & Whitley, R. (2012). Current management and recommendations for access to antiviral therapy of herpes labialis. Journal of Clinical Virology. https://doi.org/10.1016/j.jcv.2011.08.003
  • Hijikata, Y., Yamada, S., & Yasuhara, A. (2007). Herbal Mixtures Containing the Mushroom Ganoderma lucidum Improve Recovery Time in Patients with Herpes Genitalis and Labialis. The Journal of Alternative and Complementary Medicine. https://doi.org/10.1089/acm.2006.6297