高・低血圧の原因と症状

· 11月 1, 2015
高・低血圧はしばしば、医師の診断が必要となるより深刻な2次的な病につながります。その症状に注意深くなることはとても重要です。

もしあなたが高血圧または低血圧なら、どのように治療していくか決めるために、その原因と症状をこの記事でご説明していきます。

低血圧の原因

低血圧は遺伝性で、特に痩せた若い女性の間では高血圧よりも一般的なものです。あなたのお母さんが低血圧で悩んでいるなら、あなたも同じようになる可能性があります。低血圧は病気としてよく知られている症状を常に生じるわけではないので、特に治療はされない傾向があります。低血圧につながる条件は以下のとおりです。

甲状腺機能低下症、アジソン病、下垂体機能低下症、心不全、心膜炎、心調律疾患やその他の心血管疾患、数日間の休息、水分または塩分の欠乏症、血圧測定。血圧1

 

いくつかの薬はまた、低血圧を引き起こす可能性があります。その中には、不眠症やうつ病の為の向精神薬、不整脈、高血圧のための降圧剤、利尿剤、狭心症などに使われる冠動脈薬、および血管拡張薬も含まれます。

こちらの記事もご覧ください:低血圧に悩まされている方にオススメの食べ物

高血圧の原因

高血圧は性別に関係なく、人生のどの時点でも起こり得ます。高い血圧は、基本的に心臓や血液の静脈の収縮から送り出される血液を増加させます。また心血管疾患とみなされ、心臓発作から起こることもあります。高血圧症の症例の95%が、自然に説明できるような原因が明らかにされていないという問題があります。血圧2

 

肥満や太りすぎ、運動不足やデスクワーク、過剰な塩分・脂肪の摂取、アルコール消費、ストレス、喫煙の結果として、高血圧に苦しむようになります。慢性高血圧は脳、心臓、腎臓、目といった重要な臓器に影響を与え、心臓発作や心臓麻痺などにつながる心不全や、失明を引き起こします。高血圧は遺伝性で、男性が苦しめられる傾向があります。特に40歳過ぎ、太りすぎ、コレステロールの値が直接的な原因となります。

こちらの記事もご覧ください:高血圧に聴く自然療法

低血圧の症状

低血圧では、疲労・長時間睡眠が必要・体調不良・集中力の問題・抑うつ感情的な反応・無気力・睡眠障害・不眠症・パワー不足・無力感・めまい感・身体の強度不足・朝目を覚ますのに時間がかかる・疲れやすい・冷え性(特に手足の末端)・血色の悪さ(特に顔色)などから1つ、または複数の症状が出ます。

低血圧の循環症状は脳への血液供給が不足した場合に引き起こされます。症状は、例えば気温の高い日中や、午後の直射日光にさらされた時に発生します。疲労と無力感は非常に一般的であり、食事の後、血液が胃に集まったときによく起こります。めまいや激しい頭痛、失神、意識低下、視界のぼやけ、視覚障害もまた、低血圧の一般的な症状です。これは何かがうまくいっていないことを示す明確なサインです。聴診器と心臓

 

心臓はより速い鼓動を打ち(頻脈)、静脈は縮こまり(顔色が悪く見えたり、手足が冷たくなるのはこれが原因です)、冷や汗をかき、失神の発作(脳が十分な酸素を得られず、筋肉をコントロールできなくなるため)が起こります。

高血圧の症状

高血圧にもいくつかの症状があり、あなたの肉体が発する警告に注意を払う必要があります。しかし、高血圧の最初の兆候は、自覚症状がなく特徴的なものでもなく、徐々に進行していきます。いくつかの症状はしばしば睡眠に関係し眠りを妨げます。光過敏、不眠、浅い眠り、繰り返す悪夢、短時間での目覚め、難聴や耳もとの騒音などの聴覚障害などです。聴診器

 

激しい頭痛やめまいが高血圧症を示していることもあります。あなたがたくさんのストレスや神経質さ、心配事などに悩まされている場合は特にです。50歳以上の高血圧症の女性は、閉経した場合と似た症状(気分のむら、呼吸困難、頭痛、めまいなど)を示すことがあります。これらは多くの場合適切な治療を受けていないことが原因です。中年男性も勃起不全に関連する症状を体験することがあります。

胸痛、呼吸困難、胸の圧迫感、または窒息感や息苦しさの症状の中には、医師の診察が必要なものもあります。