高血圧の人が避けるべきこと

肥満、遺伝、食生活の悪さ、座りがちな生活スタイルなど様々な要因によって引き起こされる高血圧は、今やとてもポピュラーな現代病となっています。この病気は、心血管疾患に強く関連した深刻な健康問題を引き起こすことがあります。ですから、高血圧の方々は、健康に深刻な影響が出る前に、この病気を管理するためにより健康な生活スタイルを始めるべきなのです。

食事は、高血圧を引き起こす最も影響力の強い要因です。他の習慣による影響ももちろんありますが、食べ物の善し悪しが、その人の血圧に現れます。今日は、高血圧に悩む方々が避けるべきことに関する情報を、ご紹介したいと思います。

高血圧に悩む人が避けるべき食べ物

すでに書いたように、血圧の状態に関しては、食べ物は最も影響力の強い要因の1つです。ここからは、この病気に悩む方なら避けなければならない食べ物をご紹介していくことにしましょう。

加工肉やソーセージ

加工肉やソーセージは、塩分や脂肪分が多く含まれていることで知られており、動脈の健康や血液循環全体にとって有害です。鶏肉や七面鳥(ともに皮なし)、うさぎ、子牛などのような脂肪分の少ないお肉を選ぶのが一番です。

チーズ

ほとんどのチーズには塩分が多く含まれていることが多く、血圧の上昇をもたらしがちです。体内に保有する水分量を増加させることで、血圧は上昇します。伝統的なチーズの代わりに、塩分を加えていない物もあり、多くの食料品店で比較的簡単に見つけることができるでしょう。

2-チーズ

スナック菓子

ほとんどの市販されているスナック菓子は、塩分や脂肪を多く含んでおり、身体に良くありません。揚げ物、塩のついたナッツ類、ポテトチップス、フライドポテト、スティック型プレッツェルなどのスナックを食べるのは避けましょう。

バターやマーガリン

バターやマーガリンは、料理の準備やそれを提供するときに広く使われています。しかしながら、動脈の健康に影響を与える塩分や脂肪分が多く含まれています。これらの製品の消費量を少なくすることもできますし、代わりにオリーブオイルを使うこともできるでしょう。

乾燥肉や味付き肉を食べない

3-ステーキ

市販されている乾燥肉などの肉製品を食べるのは避けるほうが良いでしょう。これらの食べ物は通常含まれる塩分量が多く、それによって長期間保存できるようになっています。

ドレッシングや調味料

マヨネーズ、ケチャップ、サウザンアイランド・ドレッシングなどの調味料やドレッシングは塩分量が多く、動脈の健康に影響を与えることがすでに知られています。代わりに、塩分と脂肪分の少ない自家製ドレッシングを使いましょう。

紅茶

4-紅茶

お茶には多くのカフェインが含まれていますが、カフェインはアドレナリンコルチゾールの生成を刺激し、血圧を上げるため、高血圧の方々にはオススメできません。

アニスシード

アニスシードから作られたお茶は、驚くほど血圧を上げ、究極的には心臓発作を起こすことにもなります。

避けるべきその他の習慣

  • アルコール飲料を飲まないようにしましょう。過剰なアルコールは血圧を上昇させます。ただし、1日1杯〜2杯のワインを飲むことは、実際に血圧を調整ために役立つことがわかっています。
  • 座りがちな生活を送らないようにしましょう。十分な運動ができないと、高血圧を含む深刻な健康問題を引き起こすことになります。肥満の場合や悪玉コレステロールが高い場合にも、この病気の進行が早くなってしまいます。健康な食事と十分な運動、水分摂取、ストレスの削減、そして定期的に医師に相談することが大切です。
  • カフェインを避けましょう。実際にカフェインがどのように血圧に作用するかについては、引き続き研究が行われています。カフェインが急激に血圧を上げることができるという研究結果がありますが、その作用が長く続くのか、一時的なものなのかは、わかっていません。それでも、高血圧に悩まされているなら、カフェインを含む食べ物を避けたり減らしたりする方が良いでしょう。