甲状腺機能低下症の治療法

· 7月 19, 2018
甲状腺機能低下症の治療は、レボチロキシン投与による甲状腺ホルモン補充療法が一般的です。

甲状腺機能低下症の治療は、T4としても知られる甲状腺ホルモンであるチロキシンの濃度を再確立することに主軸を置いています。

いくつかの甲状腺ホルモンの中でもT3の代わりにT4が使われますが、体内では一部がT3に変換されるため、T3を置き換える必要はありません。

甲状腺ホルモン

甲状腺機能低下症の治療は一生続きますが、いくつかの例外があります。そして正しい用量の治療が行われれば、患者は日常生活への制限はなくなります。

また、レボチロキシンと呼ばれる優れた薬を使用するときは、医師は最も低い量で処方すべきです。

正しい用量の確立

薬の正しい用量を確立するために、医師は次の事項に基づいて患者を診断する必要があります:

  • 体重
  • 年齢
  • 病歴

投薬の用量を確定した後、医師は6〜8週間以内に血液中のT4および甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値を測定する検査を行います。

この甲状腺刺激ホルモンは、甲状腺ホルモンの産生を調節するために下垂体で産生されます。

血液検査

検査結果が生理学的な状況を反映していない場合、医師は投薬量を変更します。

最良の結果をもたらす薬はレボロキシンで、T4のレベルを再確立するのに十分な最低用量で処方されるべき薬です。

注意事項

甲状腺機能低下症の治療を効果的に行うために医師が投薬量を調整するいくつかの具体的なケースがあります:

  • 60歳以上の患者:60歳以上の患者の用量は、心臓の問題を防ぐために若い人よりも少なくあるべきですが、用量の調整は徐々に行われなければなりません。
  • 妊娠:妊娠している女性には、注意深く調整された用量が必要です。
  • 幼児、小児および思春期:定期的な検査を受ける必要があります。用量は成人よりも少なく、患者の体重に基づいて用量を決定します。
診断を受けている女性

大人や子供の中には、甲状腺がんを発症する患者がいます。

甲状腺がんの患者は、下垂体が甲状腺刺激ホルモンを産生する可能性を避けるために、レボチロキシンを服用するべきです。これは癌の再発の可能性を減少させ、甲状腺を成長させない効果があります。

さらに骨や心臓の問題を防ぐために、より頻繁に医療検査を行う必要があります。

前述した以外の甲状腺機能低下症の治療における注意事項をご紹介します:

  • 使用している薬のメーカーを変更する場合は、患者は直ちに医師に通知する必要があります。
  • 患者は空腹時に薬を飲むべきではありません。
  • 大豆や繊維が豊富な食品は特に、薬の吸収を妨げることがあります。
  • 症状が改善しても、患者は医師に相談せずに薬の服用を中止してはいけません。
  • 胆汁酸に結合する可能性のあるサプリメントや医薬品を服用する場合は注意してください。
  • 甲状腺機能低下症の治療を受ける場合は、これらのサプリメントや医薬品を摂取してから4時間を待って治療を受けることを推奨します。
  • バランスの取れた健康的な食生活を維持しましょう。甲状腺機能低下症の患者は体重が増える傾向があります。脂肪が少なく、果物や野菜が豊富な食事が理想的です。

次の症状には注意が必要です。

  • 急速な体重の減少
  • 異常な発汗
  • 落ち着きのなさや震え
  • 動悸

これらの症状は、過活動甲状腺ホルモンの典型的な症状です。

甲状腺機能低下症治療の他の選択肢

一部の患者は、甲状腺機能低下症の他の治療法を選択します:

  • T3とT4の錠剤の組み合わせを服用:これらの錠剤は、不安障害などの副作用を引き起こす可能性がありますが、一部の患者はT4だけではなく、T3の処方により症状が改善されます。
  • 豚や牛の甲状腺を乾燥させたものを服用:乾燥させた豚や牛の甲状腺ホルモンは、不十分なホルモンの置換に効果を発揮しますが、医師はこれらを推奨しません。それは患者の健康を損なうリスクが高いからです。