股関節の痛みを予防するのに役立つ6つのアドバイス

· 5月 13, 2019
腰痛や臀部、そして股関節の痛みを予防するためには、エクササイズが重要な鍵を握ります。ただし、不快な症状が現れたらすぐに中断しましょう。

股関節の痛みは、いくつかの要因によって引き起こされる可能性がある一般的な症状です。

不快感や何か不快な症状を感じる場合は、股関節の痛みを防ぐこれらのアドバイスを参考にしてください。

まず第一に、股関節の中でも特に痛みを感じる部分の正確な位置を特定することが大切です。

股関節の痛みは、多くの場合股関節内の炎症が原因で起こり、股関節や鼠径部の内側に痛みを引き起こします。

不快感が股関節の外側、太ももの上部、または臀部の外側にある場合、筋肉に関連しています。

一般的にこのタイプの痛みや不快感は、股関節周囲の筋肉、靭帯、腱および軟組織の炎症が原因だと考えられます。

股関節の痛みが他の部分で起こる場合、例えば腰などに痛みを感じる場合は、ある特定の病気や健康問題を発症している可能性があります。

最も一般的なものが関節炎や関節の消耗です。

股関節とは、歩行時の安定性を提供する重要な場所です。

つまり股関節に痛みや引きつり、そして緊張感がある場合は、必ず医師の診察を受けてください。

また股関節の痛みを予防するためには、以下のアドバイスを参考にしてください。

バランスの取れた健康的な食事

こちらもご参考に:関節炎の緩和に最適な食事法

バランスの取れた食事は骨と関節の強化に役立ちます。特に魚などの、鉄分やリンが豊富に含まれた食品を積極的に摂取してください。

さらに、ビタミンA、C、およびDの摂取量を増やすと、コラーゲンの合成に役立ちます。

関節腫脹の症状を軽減するために推奨される果物と野菜の一部をご紹介します:

  • 柑橘系果物
  • マンゴー
  • パイナップル
  • メロン
  • イチゴ
  • 人参
  • アーティチョーク
  • ニンニク

2. マグネシウムとビタミンのサプリメント

サプリ  股関節の痛み

マグネシウムは、カルシウム、リン、カリウムに次いで、細胞内で4番目に豊富なミネラルです。

体内でエネルギーを生み出し、タンパク質や脂肪を合成するのを助けるだけでなく、筋肉の収縮と弛緩、神経系機能、そして新陳代謝を助けるために必要です。

硫酸グルコサミンなど、股関節の消耗に良いビタミンサプリメントもいくつかありこれらは、股関節、特に一般的には軟骨を強化する自然な方法と考えられています。

サプリメントの利点については、必ず医師に相談してください。

3. 股関節の痛みを予防するエクササイズ

腰と股関節の運動 股関節の痛み

健康を維持しながら股関節の痛みを予防するためには、エクササイズが重要な鍵を握ります。

午前中には、ブリッジエクササイズなどの簡単な運動を行い、筋肉を動かしながら活性化させてください。

午前中に運動をすると、その日は一日中良い姿勢を保つのに役立ちます。

現時点で関節炎や滑液嚢炎に罹患している場合は、これらに影響を与えないエクササイズを選びましょう。

例えばランニングやジャンプは、関節が腫れ上がり股関節の痛みが悪化するリスクがあります。

何か他の症状や問題を発症しているときには、必ず医師に相談することが大切ですが、ウォーキングはほとんどの場合良い選択肢の一つとなります。

4. 太ももの強化

太ももの強化は股関節の痛みを予防するのに重要です。

太ももを鍛えて強化することで、歩くときに安定性を維持することができます。

変形性股関節症の場合は、太ももの外側の筋肉を強化することで、体をしっかりと支えることができます。

また、太ももの内側の筋肉も、腰を支えるのに役立つ筋肉グループを形成しています。

太ももを強化する運動をご紹介します:

床に背中をつけて横になり、膝の間にボールを入れて両膝で圧縮するように押さえます。

このとき使うボールは、サッカーボールのように弾力性のないものを選んでください。

専門家による施術 股関節の痛み
5. ストレッチエクササイズ

こちらもお読みください: ヨガ初心者向け:5つの基本のポーズ

股関節の一部である嚢胞の上にある臀部の筋肉をストレッチすることで、滑液嚢炎の痛みを和らげることができます。

痛みのある膝を床につき、何かバランスを保つことができるものをつかんでください。

  • お尻の筋肉を引き締めながら骨盤を前方に傾けます。
  • 痛みを感じる側に腰を傾けます。
  • 寛骨から上が伸びているように感じれば正しいストレッチを行なっています。
  • ストレッチを30秒間保持してください。1〜2回繰り返します。

6. 体の声に耳を傾ける

関節炎や滑液嚢炎を発症している人は、ここまでのエクササイズの効果により「運動が痛みを和らげるのに役立つ」ことにお気づきでしょう。

しかしエクササイズをはじめとする身体活動をやめるべきタイミングもあります。

それはいつなのでしょうか?

エクササイズの最中に股関節の痛みを感じ、数時間から数日経っても痛みが続く場合は、股関節を休ませる必要があるという体からのサインです。

運動した翌日に筋肉痛などの痛みを感じるのは一般的ですが。この痛みは持続したり悪化するものではありません。

股関節の痛みを予防するのは、さほど難しいことではありません。

大切なのは自分の体とその健康に細心の注意を払いながら、筋肉と股関節を強化するエクササイズを実践することです。

股関節は私たちの脚をサポートしながら安定性を与えます。

股関節ケアには、今回ご紹介したシンプルなアドバイスが効果を発揮します。

ただし、痛みが継続する場合は必ず医師の診察を受けてください。

 

Enfermedades. Artrosis de Cadera. Sociedad Española de Reutamología. Fundación Española de Reumatología.

Dolor de cadera. [Online] Available at: www.smo.edu.mx/consulta/descargas/cadera02_dolor_cadera.pdf