子供をサポートしてあげよう!学校の疲れを和らげる方法

8月 20, 2019
学校の疲れが原因で、物事に対してやる気がなくなり学習を妨げることがあります。その結果、学力の発達だけでなく活発な学校活動への参加などを阻害することもあります。

学校が終わった後に感じる疲労は、子供にとっては非常に一般的な症状で、宿題や学校での長時間の勉強により、眠気、退屈さ、身体的な疲労などの症状が現れます。

そして症状が続くと、成績が落ちるだけでなく、集中力や注意力の欠如や、授業の内容の一部を理解できなくなるなどの症状が現れる可能性があります、

学校での疲れや学校に提出する宿題が多くて疲れてしまうと、家庭での生活にも悪影響を与えます。

学校での疲労を和らげることの大切さ

子供の宿題を手伝う母親 子供 学校 疲れ

学校の疲労は深刻な問題です。疲れている子供は、学校での勉強やスポーツで良い成績を残すことができなくなります。

子供がイライラしている場合も、学業成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし、イライラの原因が学校とは直接関係ない場合もありますし、家庭内で何か問題が生じている時には、勉強へのやる気が起こらないなどの原因になります。

どのような場合も、家庭で抱えている問題は学校での生活に影響を与える可能性があります。

こちらもご参考に:子供にタイムマネジメントの大切さを教える方法

学校の疲労への対処法

子供が最善の状態で学校での勉強に集中するためには、学校での疲れを緩和することが大切です。

教育とは人生で成功するためのパスポートと言えるため、学校生活に悪影響を及ぼす要因はできる限り早期に対処すべきです。

親として子供の教育に常に関心を持つことが大切であり、学業に影響を与える学校の疲労感を無視してはいけません。

学校の疲労は、すぐに特定するのは簡単ではありませんが、今回ご紹介するガイドラインに従って早期に対処しましょう。

1.十分な睡眠をとる

子供の発達に睡眠は欠かせません。

睡眠不足が続くと、学習効率、集中力、そして発育に悪影響を与えるため、睡眠時間は学校の成績に影響を与えると言われます。

専門家は、学齢期の子供は一日8~10時間の睡眠時間が必要だと推奨しています。

日中は活発に運動し、夜になったら早めに就寝する習慣をつけましょう。

十分な睡眠をとることで学校の疲れを和らげますが、睡眠が不足すると疲れがたまり、睡眠障害や不眠症を発症する可能性があります。

2. 学習意欲を刺激する

効果的に学習することは、小さな子供にとって大切です。

親が子供の学習意欲を刺激することは大切ですが、勉強を押しつけてはいけません。

子供の「学びたい」という意欲を刺激することが大切であり、学習意欲を失うようなトラウマを与えてはいけません。

子供が最初に何かを学ぶ時に、ストレスやイライラを感じないように注意してください。

子供にとって学ぶ過程はストレスが溜まるものではないため、学校の教師は、効果的な教授法を用いながら、ポジティブな方法で子供の学習意欲を刺激していくことが大切です。

3.子供の健康が大切

初登校の子供 子供 学校 疲れ

子供の学習と健康は密接に関連しています。

そのため、子供の健康や衛生状況、そして十分な栄養が足りているかなどに常に注意を払いましょう。

小児科医による定期的な健康診断を欠かさないようにし、必要ならば医師に相談することが大切です。

子供の疲れや健康問題の原因が、学校の授業スケジュールなどの場合は、医師や教師と連携して対処してください。

こちらもご参考に:休み明けに子供のやる気を出させる方法

4. 諦めない心を持つモチベーションを与える

モチベーションとやる気は、疲労感と戦うのに役立ちます。この場合、親からのサポートが欠かせません。

子供が多くを学び教育の重要性を理解するようなしっかりとしたモチベーションを与えるように、親が十分にサポートしましょう。

子供が頑張った時、何かご褒美を与える方法もあります。

小さな目標を決めて、子供がそれを達成したらご褒美がもらえるというのは、やる気を起こすための良い方法です。

5. 教師と連絡を取る

連絡帳などを使って、学校で何が起こっているかを教師と密に連絡を取りましょう。

教師とのコミュニケーションが、子供の学校での成績だけでなく学習態度や生活を理解する鍵となります。

また何が学校で問題が起きているならば、その解決策を教師とともに見つけることもできるでしょう。

最後に

学校の疲れは、子供にとって学習への悪影響をはじめとする様々な問題を引き起こす原因となる可能性があります。

そのため、子供は十分な睡眠をとり、子供の心身の健康を維持することが大切です。

子供がすぐに諦めてしまわないように、親が学習意欲ややる気を刺激して、サポートしていくことも欠かせません。

子供のテストの成績がいいかどうかが問題なのではなく、子供が最大限の努力をして学校で楽しく過ごしながら大切なことを学ぶことが大切です。

親は忙しいからといって、学校を後回しにせず、教師と面談をしたり連絡を取り、子供の学校での様子を常に把握することが重要です。

これはいじめや嫌がらせを受けていないかを確認するのにも役立ちます。

もう一つ大切なのは、家庭環境です。

家庭が子供にとって心おだやかに落ち着ける場所であるためには、親同士が子供の前で喧嘩をせず仲のいいことが大切です。

  • Hicks, C. B., & Tharpe, A. M. (2006). Listening Effort and Fatigue in School-Age Children With and Without Hearing Loss. Journal of Speech, Language, and Hearing Research. https://doi.org/10.1044/1092-4388(2002/046)
  • Albu, Adriana & Crăcană, Irina & Prejbeanu, Ileana. (2014). Study of School Fatigue on a Group of Teenagers Studying at “Dimitrie Cantemir” Highschool, Iaşi. Current health sciences journal. 40. 195-9. 10.12865/CHSJ.40.03.07.