親子の絆

· 2月 12, 2019
親なら誰でも子と良い関係を築きたいと願うものではないでしょうか。でも、親子といえども、その他の人間関係と同じく、コミュニケーション、サポートなどやはり良い関係を築くための努力が必要です。

親なら誰でも子と良い関係を築きたいと願っているものではないでしょうか。

ここでは子供を理解し、うまく付き合っていくヒントをいくつかご紹介します。

良い親子関係を築きたいですか?

1.一緒の時間を過ごす

子供との時間 親子の絆

子供と中身のある時間を過ごしましょう。一緒に何か好きなことをしたり、隣に座って毎日の出来事を聞いてみたり、学校や見た映画の感想について話してください。

休日は子供と時間を過ごす最高のチャンスです。

週末働いているとしても、わずかでも、ともに過ごす時間を必ず持ってください。また、子供が何かをしていて忙しい時はそれを尊重することで、あなたの忙しい時間を尊重することを子供にも教えることができます。互いが今日できなかったとしても明日には出来るかもしれない、ということを理解することが大切です。

 

2.子どもの好きなことを知る

子供の好きなこと 親子の絆

あなたの子供が何をするのが好きなのかを知りましょう。そうすれば、一緒に何をしたらよいかが分かります。子供をしっかりと見つめ、かといって縛り付けすぎないようにしましょう。いつも何をしているか、趣味は何か、どんな色が好きか、どんなテレビ番組が好きか、子供の話に注意を傾けてください。

子供をよく観察していれば、友達関係がうまくいくよう導くこともできます。子供が本を読んでいれば何を読んでいるのか聞いたり、ビデオを見ていたらそれを一緒に楽しんでください。遊んでいたら何をしているのかを聞き、なぜそんなにそれが好きなのかを尋ねてください。

そうすることで子供の趣味や興味のあることを知ることができます。また、子供も自分が好きなことを親が一緒にしてくれることで喜びを感じます

 

3.宿題を手伝う

宿題を手伝う 親子の絆

宿題を手伝うことは、互いのよい関係を築くのにとても役立ちます。彼らがすべき課題をサポートすることで、それは大人になっても心に深く刻まれる大切な思い出となるのです。一緒に座って宿題をしてください。一緒に考えサポートするのです。答えを与えるのではありません。答えに導くのです。

学校でいい成績を取ったら一緒に喜び、その子のことを誇りに思うとしっかり伝えてください。そして辛い時はいつでも相談に乗るということを伝えましょう。学ぶことは退屈なことではありません。テスト勉強などもゲームを通してみたり、詳しく説明したりしてあげましょう。

 

4.子どもと話し、聞く

ほぼ例外なく人間関係は会話が基本です。子供の話を聞き、いつでも話を聞く姿勢があることを伝えましょう。必要な時はいつでも話を聞き、理解し、アドバイスする構えがあるのだということを知ってもらうのです。

子供と話をするときは、やさしく話し、ポイントをしっかり押さえましょう。そうすることで子供は退屈することなく話を聞き、それについて考えることができるのです。目を見てしっかり話しをし、また聞きましょう

子供が興味を持つことに興味を持ってください。例えば子供が友達と映画に行きたいと言ったら、何を見るか、誰と行くのかを確認してください。子供に興味を示しましょう。

こちらもお読みください:性格形成に影響を与える幼少期

5.子どもをサポートする

子供をサポート 親子の絆

サポートは親子関係を築く上で大切なものです。スイミング、ダンス音楽など子供の才能を見つけたら、それを応援しましょう。なにをするか選んだら、その過程を全力で支えてください。

重要なイベントやアクティビティがあるときは出来る限り出席し、勇気づけてください。どんな結果になっても、いつでも子供のことを誇りに思っているのだと伝えましょう。いつでもそこにいて、笑顔で子供たちを讃えるべきなのです。

もし参加できないときは、その状況をきちんと伝えることが大切です。必要な時はいつでも来る、最善を尽くすことを信じていると伝えてください。

こちらもお読みください:幸せになるための古代の知恵3つ

6.子供を信じる

子供はよく嘘をつきます。ですがもしかすると、子供たちはあなたが嘘をつくのを見ていて、それが普通のことだと考えているからかもしれません。あなた自身、常に正直でありましょう。約束を守ることで、子供にその大切さを伝えるのです。もしあなたが子供に何かをすると約束したら、必ず守ってください。

子供が約束したことに対して責任を持つようになれば、あなたもこれまで以上に子供を信じることができるようになるでしょう。その都度、子供に対して誉め言葉や何かしらポジティブな態度を現すことが大切です。

  • Raquel Vera, "La relación paterno-materno-filial Ianálisis desde el personalismo", Quién: revista de filosofía personalista, Nº. 4, 2016, págs. 89-112
  • Ana María Romero Gómez, Pedro Jaén Rincón, "EL FORTALECIMIENTO DEL VÍNCULO MATERNO-FILIAL COMO MEDIDA FRENTE AL ALTRATO INFANTIL: EJEMPLO DE UN PROGRAMA DE INTERVENCIÓN BASADO EN LA EXPERIENCIA DE UNA MATERNIDAD POSITIVA", Papeles Salmantinos de Educación -Núm. 14, 2010- Facultad de CC. de la Educación, Universidad Pontificia de Salamanca.
  • Eilen Hernández Beltrán, "SIGNIFICADOS Y PRÁCTICAS DE LAS RELACIONES MATERNO Y PATERNO FILIALES DE NIÑOS Y NIÑAS DE 9 A 11 AÑOS VINCULADOS AL CENTRO DE DESARROLLO INTEGRAL (CDI) MANANTIAL DE VIDA, CARTAGENA 2016", UNIVERSIDAD DE CARTAGENA FACULTAD DE CIENCIAS SOCIALES Y EDUCACIÓN PROGRAMA DE TRABAJO SOCIAL CARTAGENA DE INDIAS D.T. Y C., 2017