子供の眼の問題を早期に検出する方法

3月 15, 2020
家族の中に、眼の病気を発症した病歴がある人がいる場合は特に、専門医による眼科検診を4歳から受けることをお勧めします。今回の記事では、子供の眼の問題を検出する方法をご紹介します。

斜視や近視など、子供の一般的な眼の問題は、親にとって比較的簡単に発見できます。

ただし、視力や他の眼の問題は、その兆候が見つけにくく簡単に検出できない場合があります。

子供の眼の病気や視力障害の存在を示す可能性のある、いくつかの症状に注意を払うことが重要です。

子供の視力障害の兆候

子供の眼の問題を早期に検出する方法 メガネの少年

子どもの視力障害の最初の兆候に気づかないことがありますが、頭痛や視力の乱れなどを伴うことがあります。

子供が比較的遠くにあるものを正しく特定できなかったり、何かをみるときに自分の顔を物に近づける傾向がある場合は、視力障害の初期兆候である可能性を疑いましょう。

子どもは、疲れているときに、目をこすったり、目を交差させたりすることがあります。

また、視力に問題が現れると、しっかりと見ようと試みて頭を後ろに傾けるため、頭痛などが起こることがあります。

生後数ヶ月間の子供の視覚

生後の視覚の成長をご紹介します。

  • 6週間:表情に反応します。
  • 2-3ヶ月:動きを感知して明るい物体を目で追うことができます。
  • 3-6か月:自分の手を見たり、自分の周りの環境における動きを追います。
  • 4ヶ月:鏡に映った自分の姿に微笑みます。
  • 6ヵ月:目で動いている物体を追い、それをつかもうとします。
  • 7ヶ月:鏡の中の自分の姿に触れようとします。
  • 9ヶ月:何かをみるために前進します。
  • 1歳:自分の視界から消えたおもちゃなどを探します。

子供の眼の病気は早期発見が欠かせません。

不可逆的な状況を避けるためにも、家族の病歴がある場合は特に、小児科医に相談してください。

一般的には4歳からの専門医による眼科検診が推奨されています。

視覚障害の種類

子供の最も一般的な視力の問題は、近視、遠視、乱視などの屈折異常です。弱視、斜視、色覚異常(色覚異常)もよく見られます。

弱視

弱視は、人口の約2〜5%に影響を及ぼし、先進国で最も一般的な視力喪失の原因の1つです。

子供の弱視は、早期診断と治療が、成人期までの進行を予防する鍵となります。

子どもが未熟児で生まれ、家族の中に、弱視、屈折の問題、網膜の問題の病歴がある場合は、子供の眼の健康に特別な注意を払う必要があります。

すでに文字を読む年齢の子供の場合、何かを読んでいるときに一部の単語を抜かしたり、文字の並びに混乱する可能性があります。

こちらもご参考に:視力を保つ10の食べ物

斜視

斜視は、人口の3%〜6%に影響を及ぼします。

早期に斜視という診断を受けて治療を受ける子供の多くは、斜視を修正することができますが、成人になってからでは修正ができないため、早期の発見がとても大切です。

斜視の兆候は次のとおりです。

  • 目のずれが生じます。
  • 目が同じ方向に一緒に動きません。
  • 子供は頭を横に傾けて、特定の点を見ます。
  • 習慣的にまばたきをしたり目をこすります。
  • 子供は目を細めたり、閉じて焦点を合わせます。

屈折異常

子供の眼の問題を早期に検出する方法 屈折異常

屈折異常は小児期によく見られ、子供の20%が発症すると推定されます。

乱視、近視、遠視などの屈折異常は、子供の約20%に影響します。

近視

近視は6歳頃に現れ、目を細めて遠くの物体に焦点を合わせようとする傾向があります。

一部の子供は、よく見えない物に近づいたり、前述したように目を細めて頂点を合わせる傾向があります。

こちらからさらに詳しく:ビタミンたっぷりスムージーで視力回復&代謝アップ!

遠視

遠視のほとんどは、出生時に存在しますが、成長するにつれて徐々に症状が消えます

ただし、遠視が一生続く場合や、遠視を矯正しないために弱視や遠視を引き起こすことがあります。

遠視になると、頭痛や眼精疲労を引き起こす可能性があります。

乱視

乱視は目に入る物体からの光が網膜上の複数の点に焦点を合わせるため、視界がぼやけたり歪んだりします。

主な症状は、近くの物体と遠くの物体の両方に対する、知覚のぼやけまたはゆがみです。

専門医の診察

今回ご紹介した、子供の視力障害の兆候をご存知でしたか?

子供に今回ご紹介したような症状が見られる場合は、信頼できる専門医にご相談ください。

どのタイプの眼の病気なのかを医師が判断して、適切な治療を提供するでしょう。

  • Fredrick DR. Myopia. BMJ. 2002;324(7347):1195–1199. doi:10.1136/bmj.324.7347.1195
  • Toda, I., Fujishima, H., & Tsubota, K. (1993). Ocular fatigue is the major symptom of dry eye. Acta Ophthalmologica71(3), 347–352. https://doi.org/10.1111/j.1755-3768.1993.tb07146.x
  • Chou R, Dana T, Bougatsos C. Screening for Visual Impairment in Children Ages 1-5 Years: Systematic Review to Update the 2004 U.S. Preventive Services Task Force Recommendation [Internet]. Rockville (MD): Agency for Healthcare Research and Quality (US); 2011 Feb. (Evidence Syntheses, No. 81.) 1, Introduction. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK52711/
  • Bates A. Common eye problems among children. London J Prim Care (Abingdon). 2010;3(1):27–30. doi:10.1080/17571472.2010.11493292
  • Natarajan S. The pediatric eye view. Indian J Ophthalmol. 2014;62(2):101–102. doi:10.4103/0301-4738.128583
  • Vision screening in infants and children. Paediatr Child Health. 1998;3(4):261–264. doi:10.1093/pch/3.4.261
  • Khandekar R. Visual disabilities in children including childhood blindness. Middle East Afr J Ophthalmol. 2008;15(3):129–134. doi:10.4103/0974-9233.51988