アンデスの真珠「キウィチャ」の栄養・効能・使い方

アンデスの真珠または「キウィチャ」の利点を活用するために、その特性と、それらがどのように健康に役立つかを説明します.直ぐに見つけられます。
アンデスの真珠「キウィチャ」の栄養・効能・使い方

最後の更新: 12 9月, 2022

原産地では「アンデスの真珠」と呼ばれるキウィチャは、雑穀に似た穀物の一種で、アマランサスとも呼ばれます。科学的にはAmaranthus caudatusと名付けられ、ペルーで最も古い作物のひとつとされており、現在では、人間にとって最良の植物性食品として考えられています。

この穀物は、多くの栄養と健康上の利点を持っています。実際、その完全な栄養価のおかげで、NASAが宇宙飛行士に食べさせるためにキウィチャが選ばれました。

また、キウィチャは酸化ストレス、炎症、脂質異常症に対する治療効果も研究されています。このように多くの特質を持つキウィチャは、キッチンで非常に多目的に使用できます。キウィチャを使えば、スープ、パンケーキ、クッキー、ドリンク、パスタなど、さまざまなものを作ることができるのです。

この記事を読んでみて、その効果、栄養、用途の全てに驚いてください。もし、最も健康的な食べ物を探しているのなら、良い情報が得られるはずです!

アンデスの真珠と呼ばれるキウィチャとは?

キウィチャはアマランサス属に属する穀物です。起源は約4000年前にさかのぼり、アメリカ大陸、特にペルーが原産です。考古学的な証拠によると、トウモロコシと同じ時期に栽培が始まったとされています。

メキシコのヒポコンドリアカス、グアテマラのクルエンタス、南米のカウダツスの3種が、さまざまな気候帯に適応しているため、世界中に広く分布しています。これらは、海抜1400〜2400メートルの間で発育する成長の早い植物です。

花や種子は紫、黄金、赤などの色があります。

主な生産国は、ペルー、ボリビア、メキシコ、中国、インド、アメリカ、アルゼンチン、ケニア、ネパール、ロシア、パキスタンです。穀物のような遺伝子を持たないものの、炭水化物を多く含むため、疑似穀物と考えられています。

キウィチャには複数の用途があります。

  • 人および動物の食用
  • 装飾品
  • 工業用
  • 薬用
キウイチャ 効能
キウィチャの有用性は、人間の食べ物としてだけではありません。動物の食用にも応用されています。

こちらもお読みください:ブルガー小麦について学ぼう

栄養特性

キウィチャの栄養学的特性は非常に特異で、アミノ酸、でんぷん、独特の脂質を含み、豆類や穀類と混ぜることで栄養バランスを整えることができます。専門家グループの記述によると、100g(4オンス)あたりのアマランサスの組成は次のとおりです。

  • 湿度: 11.1%
  • カロリー: 350 カロリー
  • タンパク質: 13~19g
  • 脂質: 2~10g
  • 炭水化物: 57~60g
  • 食物繊維: 2.2g
  • 灰分: 4.1g
  • カルシウム: 247mg
  • リン: 500mg
  • 鉄: 10mg
  • チアミン:0.14mg
  • リボフラビン: 0,32 mg

キウィチャにはほぼすべての必須アミノ酸が含まれており、13〜19%の高品質なタンパク質を含んでいます。リジンとメチオニンという、他の穀物にはない2つのアミノ酸が含まれているのが特徴です。そのため、穀類や豆類のグループと組み合わせることができます。

また、トリプトファンというアミノ酸の不足も、穀類との組み合わせで補うことができます。一方、アマランスのタンパク質は、消化吸収率が90%に達します。

でんぷんは、キウィチャの栄養価の高い穀物の主成分で、50~60%を占めています。低脂肪食品では、増粘剤または脂肪の代替物として機能します。食物繊維は水溶性食物繊維が多く、コレステロールを低下させる働きがあります。

脂質では、脂肪酸が栄養的に高い効果を発揮します。リノール脂肪酸とオレイン脂肪酸が顕著で、これらは心血管疾患の予防に関係します。

一方、キウィチャは、血中コレステロールを低下させ、抗酸化作用を持つスクアレンを生成する主な植物種でもあります。

微量栄養素

主な微量元素としては、カルシウムがあり、その値は液体牛乳の2倍です。また、リンと鉄の含有量も穀物や種子より優れています。これらのミネラルは、骨や歯の発育を助ける働きがあります。

亜鉛とマグネシウムは、良い割合で含まれています。これらは、免疫系の強化や血糖値の代謝に役立ちます。

ビタミンについては、最も注目すべきはチアミン、リボフラビン、ナイアシンです。これらは性ホルモンの生成や、成長・代謝に使われます。

キウィチャの効能

キウィチャの効能は、穀物の一部であるいくつかの活性化合物に依存します。下記で詳しく解説します。

血中脂質の軽減

キウィチャには、HMG-CoA還元酵素を阻害し、スタチン治療と同程度の低レベルにすることができるいくつかの活性ペプチドが含まれています。この酵素は、コレステロールの生成速度を決定します。このため、キウィチャは脂質異常症や動脈硬化に対処するために使用されています。

ある専門家グループは、実験用ラットにアマランサス粉を加えた餌を与えたところ、悪玉コレステロールが低下し、善玉コレステロールが増加することを実証しました。また、他の研究者は、血中脂質に対するアマランサス粉の効果は、オート麦粉と同様であることを発見しています。

酸化ストレスの軽減

キウィチャの穀物やその他の部分に含まれる主な抗酸化化合物は、ルチンと呼ばれるポリフェノールです。他の抗酸化化合物には、p-クマル酸、アントシアニン、カロテノイド、フェノール、およびベータカロチンが含まれます。

アマランス種子脂肪は、動物モデルの肝細胞でフリーラジカルによって引き起こされる酸化ストレスに対する保護効果も示しています.一方、 閉経後の女性にこの疑似穀物を補給すると、体内の抗酸化物質のレベルが上昇し、酸化ストレスが減少することが示されました。

抗発がん効果の可能性

いくつかの研究、アマランスから抽出されたペプチドが腫瘍の増殖を防ぐことができると結論付けています.この効果は、細胞死の誘導によって媒介されるようです。

ただし、この研究はあくまで試験管内の実験(人工的に構成された条件下の実験)のため、さらなる証拠が必要です。

他の利点

キウィチャの他の部分にも健康上の利点があります。たとえば、根は収斂剤として機能しますが、その茎からの抽出液は下剤として使われます。

葉は膀胱炎の症状を軽減し、血圧をコントロールし、高山病の症状を解消するのに役立ちます。

山の上の男。
多くのアンデスの作物と同様に、アマランスには高山病の影響を抑える特性があります。

こちらもお読みください:結局パンを食べると太るの?

キウィチャの用途

キウィチャは、さまざまなレシピの作成に使用されます。たとえば、お菓子、トルティーヤ、スープ、クッキー、フレーク、シリアル バー、キャンディー、シロップ、サラダなどです。

キウィチャは常に非常によく洗いましょう。苦味を与えるタンニンと呼ばれるポリフェノールを抽出するために大切な工程です。よく洗った後に、炒ってしてビタミンの一部を濃縮し、風味と食感を向上させることができます。

たとえば、メキシコでは、よく炒った種子をすりつぶして、アトールピノールを作ります。これは、トウモロコシ粉、茎、刻んだアマランサスの葉を含むタマレスを作るために使用されるマザモラの一種です。

炒った穀物は、蜂蜜、サトウキビの蜂蜜、またはチョコレートと混合され、成形されて、ペルーではキウィチャヌガー、メキシコではアレグリアス、インドではタドゥスになります。

キウィチャの潜在的な用途の 1 つは、グルテンを含まないため、発酵させる必要のない焼き菓子を作ることです。他の穀物粉と混ぜるのもおすすめです。

キウィチャのでんぷんは、増粘剤または脂肪の代替品として、食品業界の添加物として使用できます。オイルの一部であるスクアレンは、化粧品業界で潤滑剤として、またステロイドの前駆体として使用できます。

キウィチャは健康的な食品?

この「アンデスの真珠」が、植物界が提供する最も完全な穀物の 1 つであることに疑いの余地はありません。高品質のタンパク質で栄養価が高いだけでなく、鉄、カルシウム、リンなどのビタミンB複合体やミネラルも提供します。

キウィチャ、別名を「アマランス」は、穀物や豆類と組み合わせると必須アミノ酸を獲得するため、「完全食品」と呼ばれることもあります。そして、その抗酸化作用とコレステロールとトリグリセリドを下げる特性も高く評価されています。

こちらの記事もおすすめです。
穀物カムートの特性と効果について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
穀物カムートの特性と効果について

カムート、別名ホラサン小麦は、はるか昔からアフリカで栽培されてきた穀物で、欧米の食生活にも徐々に浸透してきています。その理由は、カムートの健康上の利点と、高い栄養価です。小麦に代わる非常に魅力的な食材として注目を浴びています。では、カムートにはどのような特性があり、どのような効果があるのでしょ...