膀胱炎におすすめの自然療法

膀胱炎と診断されたとき、医師から処方された治療法に加え、自宅でできる改善策を知りたいと思いませんか? この記事では、膀胱炎を和らげるのに最適な自然療法をご紹介します。
膀胱炎におすすめの自然療法

最後の更新: 08 4月, 2022

膀胱炎と診断されたとき、医師から処方された治療法に加え、自宅でできる改善策を知りたいと思いませんか? そんな方には朗報です! この記事では、膀胱炎を和らげるのに最適な自然療法をご紹介します。

このタイプの感染症がもたらす痛みや不快感を軽減し、尿路から細菌をできるだけ早く排出するための治療法があります。また、主な危険因子とそれを避けるための対処法を知っておくことも重要です。

膀胱感染症の最も一般的な原因と症状

尿路感染症は、腎臓、尿管、膀胱、尿道など、この系統のどの部位にも現れる可能性があります。膀胱(最も一般的な部位の1つ)に発生した場合は、膀胱炎と呼ばれます。

このタイプの感染症は、通常、細菌が原因です。細菌が尿道から侵入し、体がそれを排除できない場合に起こります。そして、膀胱の中で繁殖します。腎臓結石や前立腺肥大も、尿が正常に排出されない原因となり、膀胱炎のリスクを高めると言われています。

膀胱炎は、不衛生な生活習慣、濡れた服やきつい服を長時間着ること、無防備なセックスなどでも起こります。

タルハ・H・イマム博士によると、「膀胱炎は女性に多く、特に妊娠可能な時期に発症します。女性がかかりやすい理由はいくつかありますが、最も顕著なのは、尿道が短く、細菌のよくいる膣や肛門に近いということ」だそうです。

その他にも、更年期の開始、避妊薬の使用、免疫力の低下、尿路奇形、最近の尿路処置、カテーテルの使用などの危険因子があります。

症状や徴候は常に現れるわけではありませんが、最も一般的なものは以下の通りです。

  • 常に尿意があり、少量の排尿がある。
  • 排尿時の痛みや灼熱感
  • 膀胱が空っぽなのに、尿意を感じる。
  • 尿の濁りや血尿
  • 下腹部の痛み、みぞおちの圧迫感やけいれん

膀胱炎の治療

この感染症に対する治療は、通常、抗生物質と鎮痛剤(必要に応じて)を短期間使用します。手術が行われるのは、ごくまれなケースです。

膀胱炎の患者さんには、医学的治療に加えて、症状の緩和と回復を促進するために、毎日しっかりと水分補給をすることが勧められています。

膀胱炎は通常、深刻な健康問題ではありませんが、合併症や長期にわたる大きな影響を防ぐために、注意を払い、医師の指示に従うことが重要です。

膀胱感染症を和らげるための5つの治療法

膀胱炎になった場合、排尿を促し、細菌の除去を促すため、水分補給は非常に重要です。さらに、痛みを和らげるために、手技を施したり、点滴をしたりすることも可能です。

それでは、優れたナチュラルな治療法をいくつか見てみましょう。

1.クランベリー、スイカ、チェリードリンク

膀胱感染症を和らげる ナチュラルな治療法
クランベリージュースは膀胱感染症を予防するための優れた方法です。

クランベリージュースは、従来から膀胱炎の補助食品として使用されてきました。特に膀胱炎を繰り返す女性には、予防法として有効であることが研究で明らかになっています。

ですから、抗酸化物質やその他の生物活性成分を含む他の果物と混ぜれば、治療の大きな助けとなる可能性もあります。ただし、抗凝固剤を服用している方にはお勧めできないので注意が必要です。

材料

  • 新鮮なブルーベリー ½カップ(75グラム)
  • 刻んだスイカ ½カップ(75グラム)
  • フレッシュミント(お好みで)
  • さくらんぼ ½カップ(75グラム)
  • 水 1カップ(250ミリリットル)

作り方

  • ブルーベリーとさくらんぼは果実を洗い、よく水気を切っておく。
  • 別に、スイカは果肉を取り出し、皮と種を捨てる。
  • すべての材料をミキサーに入れ、2〜3分よく混ぜる。なめらかな飲み口になるようにしましょう。
  • 盛り付けて、適量を飲む。
  • さらに風味を加えるために、フレッシュなミントの葉を数枚加えてもよいでしょう。

2.カモミールティー

カモミールには鎮静作用、鎮痛作用、抗炎症作用があり、さまざまな健康問題の緩和に役立つことが証明されているため、一般的な知恵では常にカモミールティーの効能が考慮されます。

このハーブが尿路感染症に有効であるという具体的な研究はありませんが、痛みを和らげるのに有効である可能性はあります。さらに、家庭でとても簡単に作れる天然飲料なので、日々の水分補給や浮腫の解消に貢献できます。

材料

  • カモミールティーバッグ1個
  • 水1カップ(約250ミリリットル)

作り方

  • カップに水を入れ、電子レンジで2〜3分加熱する。
  • その後、お湯が泡立ってきたら、カモミールティーバッグを入れる。
  • カップに蓋をして、5〜6分蒸らす。
  • 一口で飲みましょう。

3.ベアベリーの煎じ薬

ベアベリーの煎じ薬 膀胱炎
ベアベリーには利尿作用があり、尿の生成を増やすのに役立ちます。

ベアベリー、または「クマコケモモ」(学名:Uva ursi)と呼ばれる植物は、膀胱炎に非常に有効です。その葉は、特に大腸菌に対して抗菌活性を発揮します。また、利尿作用があり、尿の量を増やすのに役立ちます。

材料

  • ベアベリーの葉 大さじ1
  • 水 1カップ

作り方

  • 水を熱します。沸騰したら、ベアベリーの葉を加える。
  • 蓋をして、4、5分煎じる。濾して出来上がり。(1日1~2杯)

ベアベリーには、毒性を持つ成分(ハイドロキノン)が含まれています。このため、推奨量以上の摂取や5日以上の服用はお勧めできません。この方法を選択する前に、医師に相談するのが良いでしょう。子供には投与しないでください。

4.白樺の煎じ薬

白樺の煎じ薬 膀胱炎
白樺もまた、膀胱炎を緩和できる植物です。

一般的な知恵によると、白樺の煎じ薬も、膀胱炎の不快感を和らげるために摂取できる自然な飲み物として使われています。基本的に、利尿作用のある植物は、膀胱炎の緩和に役に立ちます。

材料

  • 白樺 小さじ1(5グラム)
  • 水 1カップ(250ミリリットル)

作り方

  • カップ1杯の水に小さじ1杯の白樺を入れ、沸騰させる。
  • その後、沸騰したら火を弱め、さらに2~3分放置する。
  • 10分ほど蒸らした後、濾す。

注:高血圧や心臓病を患っている方は、白樺の摂取を避けてください。その場合、必ず医師に相談してください。

こちらもお読みください: 性交後に起こる膀胱炎の原因

5.局所的な熱を加える

温熱パッド 膀胱炎の緩和

最後に、腹部や腰部に熱を加えることで、痛みを和らげることができます。それだけで治療ができるわけではないので、適切な薬の服用とあわせて適用すると非常に有効です。

暖房器具や湯たんぽ、湿布などを使うとよいでしょう。いずれの場合も、火傷をしないように注意して使用する必要があります(特に湯たんぽを選ぶ場合)。

膀胱炎を和らげるために他にできること

膀胱炎が発生したら、適切な治療を受けるために医師の診察を受けることが不可欠であることを心に留めておいてください。これは、時間内に治療し、合併症の可能性を防ぐために不可欠です。

また、今回ご紹介した飲み物を摂取するだけでなく、一日を通して十分な水分を摂取し、衛生習慣を保つことも重要です。

また、再発や感染症を防ぐために、トイレに行きたくなったらすぐに行く、お風呂ではなくシャワーを浴びる、綿の下着をつける、性行為の後はすぐにトイレに行く、などを心がけましょう。

こちらの記事もおすすめです。
腎臓と膀胱を保護する7つの食品
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
腎臓と膀胱を保護する7つの食品

腎臓と膀胱は泌尿器系にとって不可欠な器官であるだけでなく、肝臓と一緒に重要な働きをします。 基本的な働きは、血流からろ過された体内の老廃物を取り除き、体外に排出します。腎臓が1日に200リットルの血液をろ過して浄化し、膀胱が産生された尿を排泄されるまで貯えます。



  • Bond, P., & Goldblatt, P. (1984). Plants of the Cape Flora. A Descriptive Catalogue. Journal of South African Botany / Supplementary Volume.
  • Centros para el Control y la Prevención de Enfermedades. Infección urinaria. Septiembre 2021.
  • Das, S. Natural therapeutics for urinary tract-infections – a review. Future J Pharm Sci. Septiembre 2020. 6 (1): 64.
  • Guay, D. R. P. (2009). Cranberry and urinary tract infections. Drugs. https://doi.org/10.1109/ICCA.2011.6138086.
  • Imam T. H. Infección de la vejiga. Cistitis. Manual MSD. Julio 2021.
  • Lozano J. A. Infecciones urinarias. Clínica, diagnóstico y tratamiento. Offarm. Marzo 2001. 20 (3): 99-109.
  • Mayo Clinic. Infección de las vías urinarias. Octubre 2020.
  • Mount Sinai. Uva ursi.
  • Ritchie, T., & Eltahawy, E. (2014). Diagnosis and Management of Fungal Urinary Tract Infections. Current Bladder Dysfunction Reports. https://doi.org/10.1007/s11884-014-0238-7
  • Wang Ch-H, Fang Ch-Ch, et al. Cranberry-containing products for prevention of urinary tract infections in susceptible populations: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Archives Internal Medicine. 2012. 172 (13): 988-996.