男性の膀胱炎について学ぼう

14 11月, 2020
男性の膀胱炎は、ただ痛いだけでなく、排尿習慣に変化も伴います。見分け方は? 症状が出た場合はどうすればいいの? この記事ですべてお伝えします。

膀胱炎は、その名の通り膀胱の炎症を意味します。女性ではかなり頻繁に見られますが、実は男性にも膀胱炎になる可能性はあります。では、男性が膀胱炎になった場合、どうやったら判断できるのでしょう?

症状は、男性でも女性でも同じです。しかし、感染の進行に注意を払うことが重要です。一般的に、この感染症は15歳から50歳までの男性に発症します。通常は重症になることはありませんが、不快感があり、そして時には他の病気のサインになることもあります。

以下では、男性の膀胱炎について知っておくべきことをお伝えします。

尿路感染症と男性の膀胱炎

男性の尿路感染症は、下部尿路(特に膀胱)だけでなく、上部尿路や腎臓にも影響を及ぼす可能性があります。「膀胱炎」という用語は、膀胱と下部尿路の両方に感染する尿路感染症を指します。

一般的に、単純な急性膀胱炎といえば、膀胱のみに感染し、腎臓の残りの尿路には感染しないものを指します。治療方法と予後に関わるので、これは重要な区別です。

男性の膀胱炎の症状

男性の膀胱炎は、男性尿道が長いことを考えると、解剖学的には女性ほど一般的ではありません。つまり、病原体が膀胱に到達しにくくなっています。同時に、 National Center for Biotechnology Information(国立生物工学情報センター)の発表によると、前立腺の分泌液から来る抗菌防御に起因することもあるそうです。

ほとんどの場合、膀胱炎は合併症を伴わず、症状も女性が経験するのと似たようなものです。一般的に男性の膀胱炎の症状としては、以下のようなものがあります。

その他の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 尿道の痛み
  • 夜尿症
  • 尿が出にくい
  • 血尿
男性の膀胱炎 痛み
男性の膀胱炎の症状は女性のそれと似ています。排尿時の灼熱感、尿意、および頻尿などが挙げられます。

考えられる合併症会陰部

男性の膀胱炎が再発したり、骨盤やに痛みや熱がある場合は、前立腺炎の可能性を考慮するのが最善です。そのため、主治医から泌尿器科の専門医に紹介してもらいましょう。

こちらもお読みください:感染場所によって違う!尿路感染症を発症する理由

同時に、脇腹や肋軟角部に発熱、悪寒、疲労感、過敏感があるならば、ただの急性膀胱炎だけではない可能性が大きいです。これらの症状は、実は腎盂腎炎を患っている可能性を示唆するからです。

膀胱炎の正しい診断は、適切な抗菌治療を処方し、合併症を避けるために不可欠です。医師が、症状が膀胱炎かまたは別の病気の症状であるかどうかを判断します。

診断のための検査

男性の膀胱炎を診断するために、医師はまず、症状に関する細かい一連の質問から始めます。これにより、補完的な検査が必要かどうかを判断し、必要であれば以下のような検査を行います。

  • 尿検査。顕微鏡または反応性ストリップを用いて、膿尿症を検出するために尿検査を行います。
  • 尿培養。抗生物質の感受性データを用いて尿培養を行うこともあります。グラム染色は、培養の結果を待っている間に経験的抗生物質治療を選択する際に有用です。その後、医師が細菌尿の有無を観察します。原則として、男性の膀胱炎が疑われる場合には、必ずこの検査を行います。まず尿培養のためのサンプルを収集せずに抗生物質の治療を処方することはありません。
  • その他の検査。急性前立腺炎が疑われる場合には、直腸指診を行います。敏感で浮腫んでいる前立腺があれば、急性前立腺炎の診断が下ります。

膀胱炎のある男性、特に同じ細菌株による尿路感染症を繰り返している場合は、慢性前立腺炎の診断をおすすめします。

こちらもお読みください:膀胱炎、ハーブを使った5つの自然療法

医師の診断 男性の膀胱炎
膀胱炎の診断を確定し、他に考えうる原因を除外するために、医師は尿検査などの補完的な検査を提案します。

より重篤な感染症の危険因子

特定の特徴があると、より複雑な急性尿路結石症を発症する可能性が高くなります。そのため、以下のような特徴を持つ患者を治療する際には、医師は特に注意を払わなければなりません。

  • 尿路異常。ネフロリチア症、狭窄症、ステント、尿路誘導症
  • 免疫不全の患者。好中球減少症または進行性HIV感染症
  • 適切に対処されていない糖尿病

症状が出た場合の対処法

前述したように、50歳以下の健康な男性で、他の疾患がない男性の膀胱炎の発症は稀です。しかし、50歳を過ぎると、前立腺肥大症を発症する人もいるため、リスクが高まります。

泌尿器系の症状があるならば、できるだけ早く医師の診察を受けるべきです。そうすることで、診断の遅れを防ぎ、医師が適切な治療を行うことができるようになります。また、医師は尿培養の結果とともに感染の進行をコントロールする必要があります。

場合によっては、前立腺だけでなく、尿路全体の検査が必要になることもあります。後者の場合は、腎臓内科医や泌尿器科医が検査を担当します。

最後に、健康的な生活習慣を守り、水をたくさん飲むことが大変重要だと付け加えておきましょう。この2つが、尿路の感染症の再発を防ぐのに役立つということをお忘れなく。

  • Zanella MC, Schoofs F, Huttner B, Huttner A. Infections urinaires basses non associées aux sondes urinaires chez l’homme. Urétrite, cystite et prostatite [Lower urinary tract infections in men. Urethritis, cystitis and prostatitis]. Rev Med Suisse. 2017;13(558):808‐814.
  • Hooton Thomas, Acute simple cystitis in men, retrieved on 10 June 2020, Evidence-based Clinical Decision Support- UpToDate. https://www.uptodate.com/contents/acute-simple-cystitis-in-men?search=cistitis%20men&source=search_result&selectedTitle=1~150&usage_type=default&display_rank=1
  • Kasper y col., Principios de medicina interna de Harrison, edición número 19, Editorial McGrawHill.
  • Li R, Leslie SW. Cystitis. [Updated 2020 May 29]. In: StatPearls [Internet]. Treasure Island (FL): StatPearls Publishing; 2020 Jan-. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK482435/
  • Roberts, R. G., & Hartlaub, P. P. (1999, September 1). Evaluation of dysuria in men. American Family Physician.
  • Lee G, Romih R, Zupančič D. Cystitis: from urothelial cell biology to clinical applications. Biomed Res Int. 2014;2014:473536. doi:10.1155/2014/473536
  • Lipsky BA. Prostatitis and urinary tract infection in men: what’s new; what’s true?. Am J Med. 1999;106(3):327‐334. doi:10.1016/s0002-9343(99)00017-0
  • Price TK, Dune T, Hilt EE, et al. The Clinical Urine Culture: Enhanced Techniques Improve Detection of Clinically Relevant Microorganisms. J Clin Microbiol. 2016;54(5):1216‐1222. doi:10.1128/JCM.00044-16