抗生物質は尿路感染症にどう作用するのか

28 12月, 2020
尿路感染症の原因となる物質は、通常は細菌であるため、尿路感染症の治療には抗生物質が使用されます。この記事では、さまざまな治療オプションについて説明します。

抗生物質は尿路感染症の治療に効果的に作用するため、医師が尿路感染症の治療に抗生物質を処方するのはよくあることです。診察により、細菌のコロニー形成が見つかった場合、医師による正しい診断後、患者が数日間服用するべき抗生物質が処方されます。ほとんどの場合、抗生物質の処方は正しく機能します。

尿路感染症は、一般外来診療の中でも最も一般的な病気の1つと考えられており、昔から抗生物質は尿路感染症を正しくコントロールして合併症を防ぐための最も効果的な方法だと考えられてきました。

尿路感染症

尿路感染症は、特に女性の間で非常に一般的な感染症で、女性人口の20%が、人生で少なくとも1回は抗生物質を必要とする尿路感染症を発症すると推定されています。

男性ではあまり一般的ではありませんが、男性が尿路感染症を治療しないことで生じる合併症は、慢性前立腺炎です。この場合、多くの男性があまり注意を払わない尿路の症状が現れ始めます。その結果、コロニーを形成する細菌は前立腺に移動してそこに定着し、重度の炎症を引き起こします。

全体としての統計によると、下部尿路感染症が最も一般的です。下部尿路感染症は膀胱と尿道で発生し、上部尿路感染症は腎臓と尿管で発生します。

さらに、加齢は尿路感染症の危険因子の一つと考えられており、老人ホームなどの介護施設などに入所した閉経後の女性や老人は、尿路感染症の感染リスクが高まります。

尿意をもよおす人 抗生物質は尿路感染症にどう作用するのか
尿路感染症は男性ではあまり一般的ではありませんが、慢性前立腺炎の引き金となる可能性があります。

こちらからさらに詳しく:尿に血が混じる!血尿の症状とその原因

抗生物質は尿路感染症にどう作用するのか

前述したように、細菌は尿路感染症を引き起こすと考えられる微生物の一つで、ウイルスや真菌よりも多くの症例を引き起こす最も一般的な原因物質です。

細菌の中でも大腸菌は、膀胱炎と尿道炎の最大80%を引き起こします。大腸菌は、消化器系の中でも特に腸の最後の部分である大腸に一定間隔で常在しています。したがって、自分で自分自身を再感染させることがあります。

女性の場合、尿道が短く、泌尿器系と消化器系が近いことも感染と関係しています。これは、肛門と尿道口の間における大腸菌の通過を促進し、コロニーを形成するために上昇します。

程度は低いですが、他の微生物が尿路感染症を引き起こす可能性があります。その原因物質には、次のようなものがあります。

  • プロテウス・ミラビリス
  • クレブシエラ・ニューモニアエ
  • エンテロコッカス・フェカーリス

これらの細菌はすべて、ある種の抗生物質に敏感です。したがって、治療を開始する前にアンチバイオグラムが必要になる場合があります。この検査では、薬剤に対する病原体の感受性を測定して、微生物を殺すことができる正しい薬剤を処方します。

尿路感染症の最も一般的な抗生物質

医師は、感染を引き起こす原因となる物質を特定し、アンチバイオグラムからその尿路感染症に最適な抗生物質を決定することで治療を開始します。尿路感染症の理想的な薬はありませんが、その代わりに、処方箋をそれぞれの特定のケースに適合させる必要があります。

この意味で、患者の年齢、考えられる病気、アレルギー、および腎臓系で引き起こされる障害の種類を考慮することが重要です。

では、最も一般的に使用されている抗生物質は何でしょうか? ここからさらに詳しく説明します。

ペニシリンおよび誘導体

細菌と闘う最古の抗生物質グループであるペニシリンは、常に進化し​​てきました。アモキシシリンとアンピシリンはこのファミリーに属し、多くの異なる微生物に対して効果的です。同様に、セファレキシン、セファロチン、セフトリアキソンなどのセファロスポリンがあります。

ほとんどの大腸菌とプロテウスはこれらの抗生物質に敏感です。研究では胎児への影響が報告されていないため、妊娠中の女性にとっては、妊娠中も服用できる安全で素晴らしい選択肢です。したがって、妊娠中は非常に安全です。

薬 抗生物質は尿路感染症にどう作用するのか
ペニシリンとその誘導体は、細菌性尿路感染症に最もよく使用される薬です。

アミノグリコシド

代表がゲンタマイシンであるこのグループは、グラム陰性菌と闘うことができます。これは、細菌の増殖を止めるのではなく、グラム陰性菌を殺すことを意味します。このため、医師は腸球菌の治療にこの薬を処方します。

ただし、このタイプの抗生物質は多くの悪影響を及ぼす可能性があるため、使用が制限されます。細胞の形成プロセスを妨げる可能性があるため、組織を発達させている段階である妊婦や乳児には処方してはいけません。

キノロン

時間の経過と新薬の発見により、いくつかの新薬が普及し、尿路感染症の治療として選択される抗生物質となりました。アモキシシリンとペニシリンに取って代わることとなったキノロンという抗生物資がその例です。

必ずしも科学的証拠に基づいているわけではありませんが、この薬はより少ない日数とより少ない投与量で治療が済むため、使いやすさが普及している理由でしょう。

この抗生物質グループに属するもののいくつかは、ノルフロキサシン、シプロフロキサシン、ペフロキサシン、およびガチフロキサシンです。最初の2つには、殺菌作用があるため、尿路感染症の治療においてよく使用されます。このグループの利点は、キノロンが攻撃しなければならない組織に強く集中することです。

たとえば、男性の場合、前立腺に浸透する力により、より慢性化するのを防ぐ第一線の治療になります。一方、ノルフロキサシンは、摂取すると尿中に高濃度で検出されます。

続きはこちらから:ノルフロキサシンの使用法と副作用

トリメトプリムとスルファメトキサゾール

この薬の組み合わせは、それ自体が抗生物質と見なされます。ただし、作用する能力は尿路感染症で最も頻繁に検出される細菌に限定されているため、常に使用できるとは限りません。それでも、アンチバイオグラムによっては、悪い選択肢ではありません。

この薬は前立腺に良い効果をあげているため、ノルフロキサシンに次いで男性患者への2番目の選択肢です。また、副作用が少ないため、ほぼすべての年齢と症状に適した安全性プロファイルが得られています。

カプセル錠剤を服用する 抗生物質は尿路感染症にどう作用するのか
医師がどの種類の抗生物質を選択するかについては、感染の原因となる微生物とその重症度によって異なります。

尿路感染症治療における抗生物質の安全な使用

感染の種類に関係なく抗生物質を安全に使用することは不可欠です。抗生物質を無差別に処方したり服用すると、細菌株が耐性を持ち、治療がますます困難になります。

つまり、病状の緊急性次第では、医師に相談してアンチバイオグラムを行うことが大切です。抗生物質の選択は、細菌を殺し、耐性菌の出現を減らす効果のエビデンスに基づいて行われています。

  • Orrego-Marin, Claudia Patricia, Claudia Patricia Henao-Mejia, and Jaiberth Antonio Cardona-Arias. “Prevalencia de infección urinaria, uropatógenos y perfil de susceptibilidad antimicrobiana.” Acta Médica Colombiana 39.4 (2014): 352-358.
  • Tandogdu, Zafer, and Florian ME Wagenlehner. “Global epidemiology of urinary tract infections.” Current opinion in infectious diseases 29.1 (2016): 73-79.
  • Medina, Martha, and Edgardo Castillo-Pino. “An introduction to the epidemiology and burden of urinary tract infections.” Therapeutic advances in urology 11 (2019): 1756287219832172.
  • Barker, Charlotte I., Eva Germovsek, and Mike Sharland. “What do I need to know about penicillin antibiotics?.” Archives of Disease in Childhood-Education and Practice 102.1 (2017): 44-50.
  • Hanif, Shamayela. “Frequency and pattern of urinary complaints among pregnant women.” Journal of the College of Physicians and Surgeons–pakistan: Jcpsp 16.8 (2006): 514-517.
  • Alinejad, Saeed, et al. “Nephrotoxic effect of gentamicin and amikacin in neonates with infection.” Nephro-Urology Monthly 10.2 (2018).
  • Tayebi, Zahra, et al. “Comparison of quinolone and β-lactam resistance among Escherichia coli strains isolated from urinary tract infections.” Infezioni in Medicina 24.4 (2016): 326-330.
  • Talan, David A., et al. “Extended-release ciprofloxacin (Cipro XR) for treatment of urinary tract infections.” International journal of antimicrobial agents 23 (2004): 54-66.
  • Stamatiou, Konstantinos, and Nikolaos Pierris. “Mounting resistance of uropathogens to antimicrobial agents: A retrospective study in patients with chronic bacterial prostatitis relapse.” Investigative and clinical urology 58.4 (2017): 271-280.
  • NEMIROVSKY, CORINA, et al. “Consenso Argentino Intersociedades de Infección Urinaria 2018-2019-Parte I.” MEDICINA (Buenos Aires) 80.3 (2020): 229-240.