ノルフロキサシンの使用法と副作用

1月 17, 2020
強力な殺菌作用を持つノルフロキサシンは、他の薬剤に耐性のある微生物と戦う薬です。今回の記事では、ノルフロキサシンの使用法とその副作用について学びましょう。

ノルフロキサシンは、フルオロキノロン系の抗生物質で、これは、グラム陽性好気性桿菌とグラム陰性好気性桿菌への広域抗菌スペクトル抗生物質です。本記事では、ノルフロキサシンの使用法と副作用について説明します。

細菌のデオキシリボ核酸合成を阻害する強力な殺菌作用により、ノルフロキサシンは他の薬剤に耐性のある微生物と戦います。

ノルフロキサシンの使用法と副作用

ノルフロキサシンは、消毒薬と尿路抗感染薬の薬物療法グループに属し、次のような尿路感染症の治療に使用されます。

  • 膀胱炎:急性膀胱炎を引き起こす
  • 慢性再発性尿路感染症
  • 膀胱炎:膀胱および腎臓の炎症

医師は、治療に対する感染症の感受性を引き起こす、微生物を分析するための培養を行うことが理想的だとされています。

ノルフロキサシンの使用法と副作用 尿路感染症
ノルフロキサシンは、尿路感染症の場合に推奨される薬です。

ノルフロキサシンの服用方法

この薬は食事をしてから1〜2時間後に服用する必要がありますが、これは、培養の結果と感染の重症度に依存します。

尿路感染症を発症している成人は、7〜10日間、12時間ごとに1錠を服用する必要があります。

急性の単純性膀胱炎を患っている場合の治療は、3〜7日間行う必要があります。

慢性再発性感染症の場合、治療は最大12週間まで延長されますが、治療4週目に良い結果が現れている場合は、医師が1日1回の服用に減らすこともあります。

続きを読む:5種類のお茶のチカラを借りて膀胱炎を克服しよう

ノルフロキサシンの副作用

最も一般的な副作用は、胃腸障害、精神障害、または皮膚での反応ですが、吐き気、頭痛、めまい、胸焼け、痛み、下痢などの副作用に苦しむこともあります。

これ以外にも、一般的ではない重度で永続的な、そして時には不可逆的な副作用が発生する可能性があるため注意が必要です。

副作用のレベルはさまざまで、あらゆる体内システムに影響を与えて異なるタイプの反応と障害を引き起こす可能性もあります。

過敏症と胃腸障害

  • アナフィラキシー
  • 血管浮腫
  • 呼吸困難
  • 血管炎
  • 蕁麻疹
  • 関節炎
  • 筋痛と関節痛
  • 胃腸障害:偽膜性大腸炎、膵炎、黄疸、肝炎
ノルフロキサシンの使用法と副作用 薬を飲む人
ノルフロキサシンは、胃のむかつき、頭痛、下痢などの副作用を引き起こす可能性があり、場合によっては、より深刻な副作用を引き起こします。

皮膚と皮下組織の反応

ノルフロキサシンで治療をしている患者が、太陽に長時間さらされたときに、光過敏反応が現れたという症例がありました。

これらの症状が現れたら、この薬による治療を中止する必要があります。

治療中は、潜在的な光線過敏症リスクを避けるために、直射日光を避けてください。

次のような反応が現れる場合があります。

  • 剥離性皮膚炎または紅皮症
  • 多形性紅斑
  • 血管炎
  • 毒性表皮壊死症
  • スティーブンス・ジョンソン症候群

ご存知ですか?:天然の抗生物質

筋骨格および結合組織の反応

アキレス腱の腱炎や腱断裂が起こることがあり、断裂は両側性の場合があります。

キノロンとフルオロキノロンによる治療の開始から最初の48時間以内にこの副作用が現れたという症例がありました。

さらに、患者が治療を中止してから数ヶ月後に発生した症例もあります。

次の患者は、腱炎および腱断裂のリスクが高い可能性があります。

  • 臓器移植を受けた患者
  • 腎不全の患者
  • 高齢患者
  • コルチコステロイドで同時に治療されている患者

痛みや腫れなどの腱炎の最初の兆候が現れたら、ノルフロキサシンによる治療を中止し、他の治療を検討する必要があります。

適切な回復を確保するために、患部の四肢に十分な注意を払う必要があります。

腱炎を発症した患者
腱炎の最初の兆候が現れたら、ノルフロキサシンの服用をやめることが重要です。

末梢神経障害

感覚性または感覚運動性多発神経障害の症例が報告されています。この状態は知覚異常、感覚異常、または衰弱を引き起こす可能性があります。

ノルフロキサシンで治療を行なっている患者に、神経障害の症状が発生した場合、すぐに医師に報告する必要があります。

これらの症状には、痛み、うずき、灼熱感、しびれ、そして一般的な衰弱が含まれますが、できる限り早く報告することにより、潜在的に不可逆的な症状の発症を予防することができるでしょう。

心血管系の反応

キノロン系の抗生物質は、QT 延長症候群や不整脈の症例とも関連していると考えられているため、低カリウム血症または徐脈のある患者、そしてクラスIまたはIIIの抗不整脈薬で治療中の患者も注意する必要があります。

結論

スペイン医薬品医療機器機構(AEMPS)によると、医療専門家は、他の抗生物質が良好な結果をもたらさない場合、または患者がそれらを許容しない場合、軽度から中程度の感染症の治療のためにキノロンまたはフルオロキノロン系抗生物質を処方する必要があります。

この薬による治療に関して質問がある場合は、医師または薬剤師に相談してください。

  • Cué Brugueras, M., Morejón García, M., & Salup Díaz, R. (2005). Actualidad de las quinolonas. Revista Cubana de Farmacia.
  • Rocha, L. C. de A. (1988). Norfloxacino em infecçöes urinárias recidivantes TT  – Norfloxacin in recidivant urinary infections. Rev Bras Med.
  • Ye, Z., Wang, L., & Wen, J. (2015). A simple and sensitive method for determination of Norfloxacin in pharmaceutical preparations. Brazilian Journal of Pharmaceutical Sciences. https://doi.org/10.1590/S1984-82502015000200020