尿路感染症の処置と予防法

· 12月 14, 2015
尿路感染症は排尿時に痛みや不快感を伴います。また、尿が近くなる頻尿も一般的症状として挙げられます。

尿路感染症は、生活の中でいつでも誰にでも起こる感染症です。感染すると、膀胱、子宮、腎臓、尿道、泌尿器などに影響を及ぼします。通常、尿路感染は尿道を介して体内に入る細菌によって、多くは膀胱で引き起こされます。特に女性は男性よりも尿道が小さく肛門に非常に近いため、尿感染症に苦しむことが多いでしょう。この記事では、尿路感染症の処置と予防するための方法をご紹介します。

感染症の初期の危険信号

尿路感染症は、すべての泌尿器で同時に発症するわけではありません。多くの場合、腎臓や他の重要な臓器に広がる前に膀胱に感染します。以下に初期の兆候を示します。

  • 濁りや血液を含む尿
  • 強い臭いがする尿
  • 微熱(これは誰もが発症するわけではありません)
  • 排尿時の痛み
  • 下腹部中または背骨の腰椎付近の圧迫
  • 頻尿

腎臓に感染が広がった場合の症状

  • 寒気または制御不能な震え
  • 寝汗
  • 疲労
  • 38度以上の発熱
  • 鼠径部における腰痛や痛み
  • 肌の赤み
  • 気分のむらや混乱(一般的には高齢者の場合)
  • 吐き気や嘔吐
  • 腹部に強い痛み

尿路感染症のリスク要因

  • 糖尿病
  • アルツハイマー病または幻覚(一般的に高齢者の場合)
  • 膀胱の異常
  • 失禁
  • 正常よりも長い前立腺、延伸尿道
  • 長時間運動しない状態
  • 妊娠

こちらの記事もご覧ください: 尿路感染を治す5つのフレッシュジュース

尿路感染症の予防方法

排泄時の衛生

性器の衛生状態を保ち、尿道に直腸からの細菌が入ることを避けるために、お尻を前から後ろに拭くことは非常に重要なことです。

十分な給水

水をたくさん飲むことで利尿を促進させ、排尿することでバクテリアの増殖を抑制します。

空の膀胱

排尿を終えるとき、膀胱が空になっていることを確認します。尿が膀胱内に残っている場合、細菌が身体全体に広がりやすい環境になってしまいます。

性交前後の排尿

いくつかの有害な細菌は、性交渉をする人たちの間で、より簡単に尿道に行き着くことが証明されています。身体からこれらの細菌を排出できるように、性交前後に排尿することをお勧めします。

殺精子剤の回避

殺精子剤は、性器のpHバランスに好ましくない影響を与えます。実際、尿路感染症においては、病原体にとって良好な環境を作ることになってしまいます。

ご存知でしたか?:尿路感染症に効果的な自然療法

尿路感染症の家庭療法

他の多くの病気と同様に、尿感染は自宅で治療することができます。しかし、注意しなくてはいけないことは、家庭療法は尿路感染が迅速に診断され、初期段階の場合にのみ有効です。尿路感染がすでに広がっている場合、医師や専門家から治療を受けることをお勧めします。以下に推奨できる家庭薬をご紹介します。

重炭酸ナトリウム(重曹)

重曹

症状が現れたら、すぐに次の処置を行ってください。200mlの水でスプーン1/4杯の重炭酸ナトリウムを溶かします。そして、まず水だけを2杯飲み、その後、重曹を溶かした水を飲みます。

『Natural Choices for Women’s Health』の著者で医師でもあるDr. Laurie Steelsmithによると、重曹を溶かした水を飲むことで排尿時の痛みや不快感を軽減し、尿が近くなる頻尿の症状も軽減できるといいます。

水分の補給

水2

水は毎日飲むことで、優れた浄化作用を生み出します。尿路感染症の場合には、膀胱に蓄積した細菌を排除し、そして尿管を洗浄する上で重要な役割を果たします。

クランベリージュース

ある研究では、クランベリージュースは尿路に付着する細菌を排除し、感染の拡大を防止することが発表されています。

ココナッツウォーター

ココナッツウォーターは、毒素の浄化すること腎臓を維持する効果があります。さらにココナッツオイルは、大腸菌や抗菌剤耐性細菌までも除去することが証明されています