腱炎を自然療法でケアする方法

10月 25, 2019
腱炎を緩和する効果的な方法を知りたいですか? ご紹介する自然療法をぜひ試してください。特定の食品やサプリなどを使うやり方で、腱炎の痛みを和らげることができます。

腱炎は一般的な症状で、頭を悩ませる人は多いことでしょう。体に悪い動きをしたり、体を酷使するなど、腱炎を起こしやすい状況がいくつかあります。ただし、腱炎の痛みを緩和することは可能なのです。

腱炎は、腱が炎症を起こすことを指します。他の炎症と同様に、痛みを伴います。突然の激しい動き、繰り返しの動き、過度の負荷が体の一部に加えられた場合にしばしば起こります。

膝、肩、前腕、拳、足に一般的に見られますが、どの腱も腱炎を起こす可能性があります。早く治療に取り掛かれば、完治する可能性は大きいですが、正しく治療し、理学療法を用いる必要があります。

こちらもお読みください:食事にプラスしたい抗炎症作用のある6つの食材

腱炎を緩和する4つのステップ

腱炎

腱炎の治療はまず自宅で始めなければなりません。回復を早めるために、専門家が推奨する治療に加え、次の4つの手順を徹底して行う必要があります。

1. 安静

患部組織が治癒することが不可欠です。

ただし、これは安静にして何もしないで過ごすことを意味するものではありません。患部だけ安静にする、ということです。それでも、動きの激しいスポーツなど、痛みが増すような活動は避けてください。

可能であれば、患部の腱に痛みを引き起こさない、軽い運動をしてみてください。例えば、ウォータースポーツを練習する良い時期です。腫れが引いたら、関節をゆっくりと動かして、柔軟性を維持させます。

2. 冷却

氷は、炎症、痛み、筋肉のけいれんを軽減するのに役立つため、治療に使えます。冷たい水に患部を浸したり、氷嚢や冷湿布を使用してください。

  • 冷マッサージを行うには、1日数回、凍らせた氷嚢を患部に当て、約20分間ゆっくり動かします。使用する氷は多いほど良いです。
  • ただし、氷が皮膚に直接触れないように常に布などで覆い、損傷を悪化させないようにしましょう。
氷嚢

氷嚢を使用すれば、腱炎の痛みをすばやく軽減できます。

3. 圧迫

この手法により、患部の動きを制限し、さらなる損傷や痛みを防ぐことができます。一方、炎症を軽減するのにも役立ちます。

  • 圧迫を行うには、弾力のある包帯などを使用します。

こちらもお読みください:尿酸に役立つ!抗炎症作用が期待できる食事の作り方

4. 挙上

特に怪我をしてすぐに、患部を心臓の位置より上に上げることで、患部に過剰な血液が行くことを防ぎます。これにより、怪我の後に現れる炎症や痛みを軽減できます。

  • 患部を上げ、冷却します。そうすれば、炎症を素早く抑え、それ以上の損傷を軽減できます。

腱炎を緩和する食べもの

腱炎

回復と治療に役立つ食事を取りましょう。例えば以下のような食べ物です。

  • ブロメラインを含む製品。これは、痛みを和らげ、回復を早めるのに役立つ抗炎症特性を持つ酵素です。パイナップルが良い例です。
  • オメガ3は、患部の炎症を軽減し、痛みを和らげるための必須脂肪酸です。魚やドライフルーツに含まれます。
  • ミネラルはどれも、腱炎を緩和するために必要です。特に、シリコンとマグネシウムは患部の腱に直接作用して回復に役立つため、最も重要です。ほうれん草、ブロッコリーなどの果物や野菜、実にあらゆる種類の果物に含まれます。ダークチョコレートもマグネシウムの重要な供給源です!
  • 抗炎症作用や鎮痛作用があるハーブ、果物、野菜も積極的に取りましょう。パイナップル、リンゴ、さくらんぼなどが良い例です。
  • 不快感を早くなくすには、ビタミンが常に必要です。腱炎がある場合は、ビタミンCを積極的に摂取します。柑橘類、赤ピーマン、ブロッコリー、カリフラワーなどに多く含まれます。卵、ナッツ、粉ミルクから入手できるビタミンB1もお忘れなく。また、全粒穀物からはビタミンB5を摂取できます。

腱炎を緩和する自然療法

腱炎

自然療法は常に回復に役立ちます。どんな療法が役に立つか見ていきましょう。

からし油

からし油(マスタードオイル)には抗炎症作用があり、痛みを和らげます。また、マグネシウムを含み、筋肉と腱の保護に優れています。

  • 腱炎を和らげるには、1日2、3回、患部をたっぷりのからし油で約20分間マッサージします。

ヒマシ油

このオイルも、痛みを和らげ、患部の敏感さを緩和するのに理想的です。また、炎症を軽減します。

  • ヒマシ油を鍋で加熱し、タオルまたは布を浸して患部の腱を包みます。
  • 痛みを和らげるには、1日2回患部に当てます。

ターメリック(ウコン

ウコンの鎮痛作用と抗炎症作用の言及は避けて通れません。ウコンを使用すると、痛みを和らげ、腫れを抑えることができます。

  • ウコン温かい牛乳を混ぜ合わせ、1日2回飲む。違いに気付くはずです!

生姜

生姜は強力な抗酸化剤および抗炎症剤で、痛みや炎症を和らげ、傷ついた腱を癒し、腱の動きを回復させるのに役立ちます。

  • 小さじ2杯のすりおろし生姜を1日2回飲む。非常に効果的です。
生姜

生姜は、腱炎を緩和する強力な抗炎症剤および鎮痛剤です。

最後に、腱炎を緩和するためには忍耐が大切、ということをお伝えします。

患部の回復は安静が必要なので、十分に患部を休ませましょう。これからも腱を動かせ続けるためには、数日間安静にすることが望ましいことを忘れないでください。適切な食事をし、専門家の指示に従いましょう。

  • Barreno Castillo, Arika Marisol, Sanipatin Cayambe, and Ingrid Oderay. Eficacia de la aplicación de kinesio taping en el tratamiento fisioterapéutico de pacientes con tendinitis rotuliana que acuden al departamento de rehabilitación del hospital militar durante el período comprendido entre noviembre 2013-abril 2014. BS thesis. Riobamba: Universidad Nacional de Chimborazo, 2014, 2014.
  • Brosseau, L., et al. “Masajes de fricción transversal profundos para el tratamiento de la tendinitis (Revisión Cochrane traducida).” La Biblioteca Cochrane Plus 4 (2008).
  • López Barrueco, Lisette. “Analgesia quirúrgica acupuntural, un reto en el tratamiento de la tendinitis de Quervain.” Revista Archivo Médico de Camagüey 16.6 (2012): 1653-1655.