尿酸に役立つ!抗炎症作用が期待できる食事の作り方

4月 1, 2019
抗炎症作用のある食事を実践することで、尿酸による炎症の影響を回避して、体内の状態を安定する効果が期待できます。

尿酸が体内に蓄積すると、一連の炎症性変化が起こり、生活の質に悪影響を与える可能性があります。

抗炎症作用のある食事を実践することで、尿酸による炎症の影響を回避して、体内の状態を安定する効果が期待できます。

高尿酸血症とも呼ばれるこの症状は、一部の食品に含まれるプリン体が分解することで発症します。

私たちの体は、腎臓の通してそれらを代謝して体外へと排出しますが、これが正常に分解されないと体内に蓄積されます。

最終的には、尿路結石が形成される可能性が高まり、痛風や関節痛につながる可能性があります。

多くの場合、代謝の問題や動脈性高血圧症に密接な関わりがあるとされています。

抗炎症作用が期待できる食事に使うべき食品と使うべきではない食品の違いを理解してください。

尿酸に役立つ抗炎症作用が期待できる食事について知っておくべきこと

尿酸が過剰に産生されたり蓄積される場合には、処方薬の服用が最も効果のある治療法ですが、抗炎症作用が期待できる食事を取り入れることも効果がある方法の一つとされています。

サラダを食べる女性

私たちが口にする食品の中には、尿酸に効果のある食品もあれば、逆に有害になる食品もあります。

それはプリン体の濃度を高める食品もあれば、代謝を促進しながらプリン体を体外へと排出するのに役立つ食品もあるからです。

ここで、抗炎症作用が期待できる食事を実践することで、尿酸を緩和するのに役立つ栄養素を体内へと補給しながら、体をアルカリ性にするのに役立ちます。

抗炎症作用が期待できる食事の目的

尿酸に役立つとされる、抗炎症作用が期待できる食事には、主な目的が3つあります。

  • 尿のpH値を調整
  • プリン体の吸収を制御
  • 果糖の摂取を軽減

1. 尿のpHを調整

腎臓は、血液から尿酸をろ過して、尿を通じて体外へと排出するのを助ける機能があります。

しかしこの機能が正常に働いていないときは、尿のpH値を正常に保つために次のような方法をお試しください。

  • 積極的な水分補給とハーブティーを摂取する
  • 野菜、じゃがいも、果物などの基本的なpHを持つ食品の摂取量を増やす
  • 酸性食品の摂取を減らす
  • 塩分摂取量を制限する効果があるため、できる限り家で料理をする
  • ビールやワインを含むアルコール飲料を完全にやめる

こちらもご参考に:今でも信じてる?ワインに関する8つの間違った知識

2. プリン体の吸収を制御

すべての抗炎症性の食事療法では、プリン体の消費をできるだけ少なくすることを目的としているため、食べるものだけでなくその調理法にも注意してください。

プリン体が多く含まれている食品を茹でると、プリン体は水に流れ出るため、茹でるのは良い調理方法ですが、茹で汁をスープやダシとして使用するのはお勧めできません。

3. 果糖の摂取を軽減

フルクトースと呼ばれる果糖は、体内でキサンチンとして知られるプリン体に代謝され、最終的に尿酸になります。

そのため、果物の消費量を一日一個に制限することと、果糖の含有量の少ない果物を選ぶことをお勧めします。

おすすめの果物:

  • アプリコット
  • キウイ
  • マンゴー
  • スイカ
  • いちご
  • オレンジ
  • マスクメロン
  • パイナップル
加工肉

抗炎症作用がある食事を実践する際に禁止されている食品

これらの「禁止されている」食品の多くは、痛風の発作や尿酸石を発症している場合にのみ避けてください。

尿酸値が高いだけで症状がない場合は、これらの食品をできるだけ制限しますが、少量は食べるようにしてください。

こちらもご参照を:夜間に食べるべきではない7つの食品

今回は食品に含まれるプリン体の量ごとに分類しました:

プリン体が大量に含まれた食品(100gあたり150〜800mg)

  • ソーセージ、ハンバーガーなどのパティ、ハム
  • イワシ、アンチョビ、サバ
  • エビ、エビ、ムール貝

かなりの量のプリン体が含まれた食品(100gあたり70〜150mg)

  • 牛肉、豚肉、イノシシ、ウズラ、ヤマウズラ
  • レンズ豆、豆類
  • 大きな青い魚

平均的な量のプリン体が含まれた食品(100gあたり50〜70mg)

  • うさぎ、鶏、七面鳥
  • ひよこ豆、豆、エンドウ豆、大豆
  • カリフラワー、きのこ、ほうれん草、アスパラガス

少量のプリン体が含まれた食品(100gあたり0〜50mg)

  • 果物
  • 精製された穀物
  • ジャガイモなどの根菜類
  • 牛乳および低脂肪牛乳
  • ほとんどの野菜(前述のものを除く)

尿酸に役立つ抗炎症作用が期待できる食事の一例

尿酸に役立つ抗炎症作用の期待できる食事を作るときには、以下の例をご参考にしてください。

ほとんどの場合は、個人差や状況の差があるため、自分にあったレシピに調整することをお勧めします。

サラダを食べる女性

サラダを食べる食事方法の一例として役立つメニューをご紹介します。

朝食

  • スキムミルクと砂糖なしの全粒穀物
  • 新鮮なイチゴを1カップ
  • 紅茶またはコーヒーと水

昼食

  • 鶏の胸肉(55 g)のグリルのマスタード添えと全粒粉のロールパン1個
  • オリーブオイルとビネガーのドレッシングをかけたミックスサラダ
  • スキムミルク

スナック

  • 新鮮なチェリー1カップ
  • 水またはハーブティー1杯

夕食

  • 鮭のグリル(55 g)
  • ローストまたは蒸したインゲン豆
  • 全粒粉パスタ半カップにとオリーブオイルとレモンペッパーで味付けしたもの
  • ハーブティーまたは低脂肪ヨーグルト

まとめ

抗炎症作用が期待できる食事を実践することで、体内における尿酸の産生が制限され、体外へと適切に排泄されるのに役立ちます。

尿酸を治療する処方薬の代替えにはなりませんが、医師の指導による治療を補完するおすすめの食事法です。