夜間に食べるべきではない7つの食品

9月 4, 2018
食品の中には、夜間に食べると代謝に問題が生じて、睡眠を妨害する可能性があるものが存在します。そのため、これらの食品は別の時間に食べることをおすすめします。

健康な夕食は、1日の食事の中でも他の食事と同様にもちろん大切です。

夕食の大切さを見逃している人が多くいますが、実は夜間の睡眠の質と、翌日の心身のエネルギーに影響を与えるのが夕食です。

つまり、夕食から摂取する栄養素は、代謝を維持しながら消化を助けるため、夕食や夜間に食べる食品を選ぶことは非常に大切です。

ここで問題となるのが、夜間に食べる食品の選び方を間違っている人が多いという事実です。

自分の体に過負荷をかけて、不必要なカロリーを摂取していることがあります。

その結果、特定のホルモン活動に影響を与え、ホルモンバランスが乱れるため、睡眠障害や代謝の問題を発症するリスクが高まります。

その中でも、逆流性食道炎をはじめとする胃酸の逆流などの消化器系の問題は、その痛みが睡眠を妨害することもあります。

このことからもわかるように、夜間に食べるべきではない食品について学び、健康的で軽い食品を夕食に食べることが大切です。

本記事で詳しくご紹介します!

1.赤身肉

赤身肉

赤身肉にはタンパク質と脂肪が豊富に含まれていますが、これらの栄養素が消化器系の活動を妨げる傾向があります。

赤身肉を適度に摂取することは私たちの健康に効果的ですが、夜間に食べると睡眠を妨害する可能性もあるため、避けるべき食品です。

対処方法

  • 適量の赤身肉を、可能ならば昼食時に食べる
  • 高品質の脂肪の少ない赤身肉を選ぶ

ご存知ですか?:お肉を食べるのをやめたら体の起こる10の変化

2.ブロッコリー

低カロリーで必須栄養素が豊富に含まれているブロッコリーは、健康維持や理想の体型を手に入れるためにおすすめの食品です。

しかし、ブロッコリーに含まれている硫黄と食物繊維は消化されにくいため、腸内のガスを増やし、夜間に胃腸系の問題を引き起こす恐れがあるため、夜間の摂取はおすすめできません。

対処方法

  • ブロッコリーは昼食に食べる
  • 栄養素を最大限に活用するためには、生または蒸して食べる

3.チーズ

チーズ

夜間にチーズをそのまま、または他の食品と組み合わせて食べるのはおすすめできません。

チーズを夜間に食べることで体内に与える負の影響をご紹介します:

  • 体内に吸収されると睡眠を調整するホルモンの生成を減少させるチラミンとして知られるアミノ酸が含まれています。
  • 消化器系疾患や頭痛の原因となる軽度の炎症反応を引き起こします。

対処方法

  • 夕食にはチーズを食べない
  • トリプトファンを含む牛乳やヨーグルトなどの乳製品へと変更することで、入眠効果が高める

こちらの記事もご参考に:一番体に良いチーズとは

4.ソーセージと加工肉

脂肪が多く有害な添加物が多く含まれている加工肉の摂取は、1日のうちいつでもおすすめできません。

その中でも消化器系への悪影響を及ぼし、逆流性食道炎などを引き起こす原因となるため夜間の摂取は特に避けるべきです。

対処方法

  • ソーセージやハムなどの加工肉を食べたい場合は、朝食や昼食に少量食べる
  • 健康的なパンや野菜と一緒に「時々」食べる程度に抑える

5.甘いお菓子

甘いお菓子

生成された砂糖を原料とした飴やお菓子などは、どのようなものでも就寝前に食べれば睡眠に悪影響を及ぼします。

体内の血糖値を上昇させてエネルギー源として使用されることのない夜間の摂取は特に、代謝を遅くします

ストレスを高める傾向があるため、脳に影響を与えて、就寝時の悪夢などの原因となります。

対処方法

  • 毎日の砂糖の摂取量を制限し、特に夜間の摂取は避ける

6.スパイシーソース

とても美味しく様々な食材に風味を与えるスパイシーソースですが、夜間に食べると、胃酸の産生を乱し、胃酸の逆流などが起こります。

また高カロリーのソースが多いため、夜間だけではなく他の時間帯でも適量を摂取するように心がけてください。

対処方法

  • ソースの摂取量を制限する

7.炭酸飲料

炭酸飲料

炭酸飲料を飲み続けると、時間の経過とともに代謝に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に夜間に炭酸飲料を摂取すると、血糖値が上昇して睡眠障害を引き起こすため、注意が必要です。

炭酸飲料は胃を刺激して、炎症や胃酸の逆流などの症状を発症するリスクを高めます。

対処方法

  • 炭酸飲料ではなく、水やお茶を飲むようにする
  • どうしても炭酸飲料を飲みたいときは、時々飲むだけにする

今回ご紹介した食品を夜間に摂取していませんか?

本記事ではこれらの食品を夜間に食べると何が起きるかをご紹介しました。これからは健康的で軽い夕食を食べるように心がけて、健康に有害な食品を避けてください。

ただし、夕食を抜いてはいけません。

あなたへおすすめ