今でも信じてる?ワインに関する8つの間違った知識

5月 7, 2018
ワインに関しては様々な情報がありますが、その中には今でも一部の人が信じているような信憑性のある間違った知識が存在します。

ワインは好きですか?

ワインに関してどの程度ご存知かはわかりませんが、気をつけるべき「ワインに関する間違った知識」が広まっています。

これらの知識を修正し、改めてワインを楽しみましょう!

1. 良いワインとは高価なワイン

良いワインとは

良いワインは「高価であるべきだ」と考えたことはありますか?実はこれは正しい情報ではありませんが、未だに良いワインほど高価なワインだと信じている人がいます。

適正な価格で高品質のワインを提供する生産者は多く存在しますし、価格と品質が必ずしも合っているとは限りません。そのため、高ければ高いほど良いワインだという考え方は改める必要があります。

2. いくつかの品種を混ぜたワインは良いワインではない

もちろん、いくつかの品種のブドウを混ぜたワインの中にも高品質のワインはたくさんあります。いくつかの品種のブドウを組み合わせて作ったワインの質が低いと考える人もいますが、これは間違った知識です。

異なる品種のブドウを組み合わせることで、よりバランスのある風味と香りを生み出します。

3. スクリューキャップを使ったワインは偽物だ

ワインの栓

スクリューキャップを使ったワインだからといって、それが質の悪いワインだと決めつけるのは間違っています。

現在ではスクリューキャップを採用するワインが増えていますが、これには2つの理由があります。

  • コストの削減に役立つ
  • コルクはバクテリアなどの影響を受けやすい

4.セミスイートワインは低品質

セミスイートワインは低品質だという人がいますが、これは間違った知識です。

セミスイートワインの中には、通常の「ドライ」または「セミドライ」ワインよりも質の高いワインが存在します。砂糖を使用する理由は欠陥のバランスを取るためです。

5. 一つのワインでは複数の料理に対応できない

ワインと料理

一つの料理には一つのワインと考える人がいますが、これは間違っています。

一つのワインを様々な料理と一緒に楽しむことで、新しい組み合わせや忘れられないほどの素晴らしい風味が生まれることがあります。

6. 可愛いラベルは高品質の証

どのような製品でもマーケティングや広告戦略で目立つようになりますが、食品そのものが優れていることにはつながりません。これはワインも同様です。

ワイン市場の競争は激しいため、ワイン生産者は自社製品を紹介する様々な方法を取り入れています。その一つがきれいなラベルの使用です。しかし前述したように、製品の品質とは関係のないマーケティング戦略だということを理解してください。

こちらの記事もご覧ください:毎日ワインを飲むメリット

7.ワインの沈殿物は、染料を含んでいることを意味する

ワインの沈殿物

ワインに沈殿物があっても、ワインに染料が含まれているわけではありません。

ワインに時折見られる沈殿物ですが、実際にはワインがろ過されていないという意味で、実はろ過されたワインよりも優れた品質である場合もあります。

8.時間が経過するとワインの質が落ちる

ワインは一般的に時間の経過とともに品質が低下することはほとんどありません。ごく稀に時間が経過すると品質が低下することもありますがその割合は本当にわずかです。

同様に、時間が経過しても風味が良くなるということもありません。ほとんどの飲み物は時間の経過とともに風味が落ちますが、ワインの場合は、時間が経過しても風味は変わりません。

あなたへおすすめ