ブルガー小麦について学ぼう

ブルガーは小麦から作られた食材なので、小麦と同じような栄養があります。さらに、さまざまなレシピに使用することができます。詳しくはこの記事をご覧ください。
ブルガー小麦について学ぼう

最後の更新: 09 8月, 2022

ブルガー小麦をご存じですか?

ブルガー(ブルグル)とはトルコ語で、小麦を原料とした食材のことです。古くから中東の食文化で食べられてきました。

現在では、世界のさまざまな地域で利用されています。実際、パラグアイやアルゼンチンなどの中南米諸国でも料理に使われていますが、これらの地ではブルゴル小麦と呼ばれています。

それでは、下記で詳しくみていきましょう。

中東の代表的な穀物であるブルガー小麦

ブルガー小麦(別名ブルグル)は、小麦(Triticum durum)を原料とする全粒穀物です。伝統的な製法では、粒をきれいに洗い、水を張った鍋で調理します。

そして、均等に調理するために、かき混ぜる必要があります。このプロセスは時間を必要とし、一般的に、一定の時間後に、温度が下がるまで、中火で行われます。

調理が終了したら、水気を切り、必要なだけ太陽の下で乾かします。次に、穀物を挽く作業が行われます。この工程では、不規則な粒ができ、それをふるいにかけて、小粒、中粒、ピラフ、粗粒と大きさを分類していきます。

また、精緻化プロセスには、穀粒が持つふすままたは外層の除去が含まれます。最後の乾燥プロセスでブルグルを数日間天日で乾燥させ、完成です。

Journal of Food Science and Technologyに掲載された研究によると、各プロセスにはそれぞれ利点があり、カビや昆虫の攻撃による汚染、および調理による酵素の不活性化から小麦を守るそうです。

この精巧なプロセスはまた、栄養価を改善します。魅力的な風味を生み出すだけでなく、食品の消費期限を延ばします。そのため、保存がきき、しかも安価な食材なのです。

ブルガー小麦 穀物
タブーレは、ブルガー小麦を使った定番の調理法で、夏にぴったりのメニューです。

こちらもお読みください: 絶妙な美味しさ:キヌア詰めピーマン

クスクスとどう違うの?

クスクスとブルガーはどちらも小麦から作られます。しかも、見た目も似ていて、同じ料理を作るのに使うこともあります。しかし、これらは同じものではなく、この2つには大きな違いがあるのです。

すでに述べたように、ブルガー小麦の精製工程は、調理した小麦の粒を挽くことです。しかし、地中海沿岸で人気のあるクスクスは、まず小麦粉に水と塩を加え、厚い生地ができるまで混ぜます。そして、小さなお米のような食感のクスクスが出来上がるのです。クスクスは、保存期間を延ばし、焼く時間を短くするために、あらかじめ調理する工程を経て作られます。

ブルガー小麦はどんなレシピに使えるの?

ブルガー小麦を使った代表的なレシピのひとつにタブーレがあります。新鮮な野菜とこの小麦の変種を混ぜ合わせた食べ物で、暑い夏に最適です。

また、ケッペやラムのミンチを使ったミートボール、雑穀などもブルグル小麦で作ることができます。リゾット、野菜の詰め物、ハンバーグなどにも使えます。

ブルガー小麦の栄養価

ブルガーは小麦と同じ栄養価を持っています。「ブルグルの健康的な生物活性成分」という研究によると、ブルガー小麦にはタンパク質、複合炭水化物、不飽和脂肪酸が含まれています。したがって、基本的な大栄養素の供給源となります。

さらに、ブルガーは食物繊維、鉄、マグネシウム、セレン、リン、亜鉛を含んでいます。特に食物繊維は、便秘を伴う胃腸障害のある方に有効な成分です。定期的に摂取することで、蠕動運動が安定し、便秘を予防することができます。

最後に、ブルガーは抗酸化物質とビタミンの供給源であることに留意してください。フェノール酸は、細胞の老化を促進するフリーラジカルをブロックすることで作用するため、その添加は人間の健康にとって有益な効果をもたらすのです。

ブルガー小麦の利点

ブルガー小麦の定期的な摂取は、血糖値の調節や免疫システムの強化など、人間の健康に良い影響を与えます。同時に、減量計画にも貢献することは否定できません。

この食品の定期的な摂取が人間の健康に与えるプラスの効果のいくつかは、血糖の調節と免疫システムの強化に関係しています。同時に、減量への貢献は否定できません。

正常な血糖値を維持する

ブルガーは、他の穀物類と比べてグリセミック指数が低いのが特徴です。これは、ブルガ-に含まれる食物繊維の量によるものです。確かに、この成分が糖分の吸収を抑えてくれるのです。

そのおかげで、循環内の糖分濃度を正常に保つことができるのです。このため、2型糖尿病の予防食品としても注目されています

細胞の損傷を防ぎ、免疫システムを改善させる

この食品は、フェノール化合物とビタミンEを中心とした抗酸化物質を提供します。このおかげで、試薬や毒性成分によるダメージから細胞を保護し、免疫システムの正常な働きに貢献します。さらに、含まれるミネラルは新陳代謝に欠かせない。

ブルガー小麦、トマト、コショウのボウル
ブルガー小麦はサッと調理ができ、さまざまなレシピで使用できます。

ブルガー小麦はダイエットを促進する

この小麦の品種は、最適な体重に到達するための素晴らしい選択肢となります。スープや煮物など、液体の調理物に加えると、より大きな満腹感を得ることができるからです。このような場合、食物繊維が膨張し、早く満腹感を得ることができるのです。

ブルガー小麦について覚えておくべきこと

これまで見てきたように、この典型的な中東の食品は、全粒粉の小麦と同じ栄養特性を持っています。そのため、定期的に摂取すると効果的です。ブルガーは、血糖値のバランスを整え、免疫系を強化します。

さらに、その精製なプロセスにより、短時間で調理することができます。心地よい味わいで、多くのレシピに取り入れることができます。

まだ試していない方は、ぜひお試しください! ただし、セリアック病、グルテン不耐性、小麦アレルギーのある方は、ブルガー小麦は控えましょう。

こちらの記事もおすすめです。
ロックダウン中もヘルシーに食べる方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ロックダウン中もヘルシーに食べる方法

毎日の食生活のルーティーンや規律を守ることで、ロックダウン中もヘルシーに食べることができます。ヘルシーな食生活を送れば、ストレスも減るでしょう。また、病気や不安、ストレスと打ち勝つ強さを身につけることはとても大切です。今日は、ロックダウン中もヘルシーに食べる方法についてご紹介します。



  • Yuksel, A. N., Öner, M. D., & Bayram, M. (2017). Development and characterization of couscous-like product using bulgur flour as by-product. Journal of food science and technology54(13), 4452-4463.
  • Tacer Caba, Z., Boyacioglu, M. H., & Boyacioglu, D. (2012). Bioactive healthy components of bulgur. International Journal of Food Sciences and Nutrition63(2), 250-256.
  • Yilmaz, V. A. (2020). Effects of several production methods on technological, textural and sensorial properties of emmer (Triticum turgidum ssp. dicoccum) bulgur. Journal of Food Science and Technology, 1-10.
  • Ertaş, N., & Türker, S. (2014). Bulgur processes increase nutrition value: possible role in in-vitro protein digestability, phytic acid, trypsin inhibitor activity and mineral bioavailability. Journal of food science and technology51(7), 1401-1405.
  • Balci, F., & Bayram, M. (2015). Improving the color of bulgur: new industrial applications of tempering and UV/sun-light treatments. Journal of food science and technology52(9), 5579-5589.
  • Vilcanqui-Pérez, Fulgencio, and Carlos Vílchez-Perales. “Fibra dietaria: nuevas definiciones, propiedades funcionales y beneficios para la salud. Revisión.” Archivos Latinoamericanos de Nutrición 67.2 (2017): 146-156.
  • Urías-Orona, Vania, et al. “Ácidos fenólicos con actividad antioxidante en salvado de maíz y salvado de trigo.” Ecosistemas y recursos agropecuarios 3.7 (2016): 43-50.
  • Almeida-Alvarado, Sonia Lorena, Tania Aguilar-López, and Deisy Hervert-Hernández. “La fibra y sus beneficios a la salud.” Anales Venezolanos de Nutrición. Vol. 27. No. 1. Fundación Bengoa, 2014.
  • Febles Fernández, Carmen, et al. “Funciones de la vitamina E: actualización.” Revista Cubana de Estomatología 39.1 (2002): 28-32.
  • De Munter, Jeroen SL, et al. “Whole grain, bran, and germ intake and risk of type 2 diabetes: a prospective cohort study and systematic review.” PLoS Med 4.8 (2007): e261.