気になる口内炎を治す方法

· 8月 2, 2015
口内炎とは、胃腸の問題や発熱などを原因として、口の中にできる潰瘍や破れた水ぶくれのことです。

強い痛みがあり、よく口内炎ができる人でも、小さい点のときもあれば、大きくて痛い腫れ物であるときもあり、唇、歯肉、口の中の上の方、舌などにできます。これらの感染症は、一般的に、発熱やいろいろな不快感を引き起こします。

ここでは、気になって仕方がない口内炎を治す、お家でできる簡単な方法をご紹介しましょう。

アロエ

このようなタイプの口内炎には、この方法は特にオススメです。この植物から得られるメリットは、とても重要です。最初の処置の後、口内炎の痛みが消えて無くなってしまいます。この方法の準備はとても簡単です。アロエの葉から、アロエクリスタルとも呼ばれるゲルを少し抽出するだけです。葉を切り開いて、クリスタルを少し取り出したら、ぬるま湯と混ぜてください。良くかき混ぜて、マウスウォッシュとして使ってください。短時間で不快感を取り除く最適な方法です。

こちらの記事もお読みください:舌の口内炎に効く6つの自宅療法

自家製マウスウォッシュ

できるだけ早く口内炎をなくしたいのであれば、最適な方法は、簡単に作れる自家製マウスウォッシュを作ることです。グラス半分の水に、大さじ1杯の塩と大さじ1杯の重曹、そこに微量の過酸化水素水を加えてください。良く混ぜて、最低でも1日4回うがいをしてください。すぐに良くなるでしょう。

食塩水

この方法はすごくしみるので、本当に勇気がある人専用です。口をゆすぐ間、塩水がしみるのを我慢できるようであれば、良いでしょう。しかし、口内炎をすぐに治したければ、若干の塩を直接口内炎に付けると、より早く治ります。

こちらの記事もご覧ください:口内炎の治療と予防

氷

 氷は、腫れを引かせたり、痛みを感じなくさせたりするために使えますよね。ですから、このような問題にもオススメできるのです。氷を小さい清潔な布に包んで、感染した場所に直接当てると、痛みが少し和らぎます。

口の中に傷ができると、どんなものにでもすぐ気付くと思いますが、口内炎のような傷はとても一般的で、数日でなくなることも良くあるということを覚えておいてください。でももし、口内炎が10日以上続いていることに気づき、痛みはないものの、いつまで経ってもなくならない場合、口腔ガンの可能性があるので、すぐに専門家の診察を受けてください。

日常的に口の中を清潔にすることは、この種類の傷を予防するためにはとても重要です。1日少なくても3、4回は歯を磨くか、口をゆすぐか、フロスを使うことは、小さい頃から子供に教えるべき健康的な習慣です。

痛くて気になる口内炎を予防するためにもう1つ重要なのは、毎月歯ブラシを替えることです。もし、義歯を使わなければいけない場合には、寝室にグラス1杯の水を用意して、漂白剤を5滴入れるという毎日の習慣を作るようにしてみてください。寝るときには、義歯をそのグラスに入れます。こうすることによって、義歯を殺菌することができ、口内炎ができることも少なくなります。