重曹とハチミツのコンビネーションの効果とは

12月 3, 2019
重曹は様々な効用や使い方のある家庭療法の材料です。家の掃除や料理だけでなく、様々な健康や美容法のためにも使われます。

重曹は、数え切れないほどの使用法がある白い粉末状の製品で、誰もが使ったことがあるのではないでしょうか。ほとんどの家庭で常に台所に常備してあり、料理や掃除にも使える優れものです。

ナトロンと呼ばれる鉱物から自然に取れる成分ですが、人工的に生産することも出来ます。添加物が含まれていないことが重要な特徴です。

重曹の効能

重曹を使い始める前に、用途と摂取量を医師に伝え、健康に問題がないか確認することが大切です。

重曹は一般的に以下のような効果があると言われています。その中には確かなものもあれば、実は間違いであるものもあります。

1. 天然の消化促進剤

重曹は腸内にガスが溜まる症状を和らげたり、重い食事をより早く消化する助けになるため、消化と関係したトラブルに対して効果的だと信じられています。しかし、多くの研究がこのような場合には重曹を飲まないことを勧めています。心臓に問題があったり糖尿病の場合は特に注意が必要で、その一つの例がカリフォルニア大学の研究です。

ワシントン大学によるまた別の研究は、重曹の過度の使用が急性散在性脳脊髄炎につながる恐れがあると警告しています。

2. 天然の制酸剤

重曹の効能

少量であれば効果的であることもありますが、上で述べた通り、医師に相談してから使用を決めることが理想的です。

3. デトックス

重曹にあると言われるこのデトックス効果を裏付ける科学的な証拠はまだありません。

4. 歯のホワイトニング

重曹の瓶と木さじ

重曹のもう一つの使い道が、歯の漂白剤です。ただし、これも歯への刺激が強いため、使用の前にまず歯科医に相談しましょう。

5. 膀胱炎対策

腹部を抑える男性

忠北大学校の医科大学による研究によると、重曹を摂ることで、腎臓が細菌に抵抗するバリケードを作る手助けになります。ただし、その他の影響が出ない正確な摂取量を知るために、医師にまず相談することが重要です。

同様に塩分が多く、体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

重曹とハチミツのペースト

重曹、ハチミツ、レモン

重曹とハチミツの組み合わせは皮膚、特に顔の肌のトラブルに効果的です。マレーシア・クランタン大学による研究では、化粧品業界で重宝される傷の回復と抗菌作用がハチミツにあることが示されています。

一方で、重曹には古い細胞を取りのぞいて皮膚をピーリングする効果があります。

材料

  • 重曹 120g
  • ハチミツ(できれば天然のもの) 250g

作り方

  • 鍋に重曹とハチミツを入れ混ぜます。
  • なめらかで濃いペースト状になるまでよく混ぜます。
  • できれば湯せんで、時々かきまぜながら約10分間火を通します。
  • 火を止めて冷まします。

使い方

スプーン一杯以上を摂取すると胃破裂の原因となる可能性があり、摂りすぎには気を付けましょう。

このため、医師への相談なしにこの療法を試すことは避け、赤み肉、小麦粉、砂糖といったものを一緒に摂取しないようにしましょう。

こちらもどうぞ:アスピリンとハチミツを使った角質除去法

ニキビ対策パック

顔にニキビのある女性

重曹とハチミツの組み合わせのもう一つの使い道は、ニキビあるいは吹き出物対策です。このフェイスパックは、経済的な上に簡単に作れて非常に効果的ですが、リスクがあることを示す研究も存在していることを覚えておきましょう。

その一つの例が、ヨーロッパPMCによる研究です。この研究では、肌を刺激したり炎症を起こす可能性があり、そのリスクは有効性を上回ってしまうとしています。

まず医師や皮膚科医に相談しましょう。

材料

  • 重曹 大さじ2(30g)
  • ハチミツ 大さじ1(15g)
  • レモン果汁

作り方と使い方

  • 重曹、ハチミツとレモン果汁を混ぜ合わせて、パック剤を作ります。
  • 顔全体に、円を描くようにパック剤を塗ります。
  • 10分間おきます。
  • ぬるま湯で洗い流します。
  • 清潔なタオルでポンポンと叩くように拭きます。
  • 保湿クリームを塗ります。

最後に、腸の病気や胃炎に悩んでいる人は重曹を避けてください。更に前述したとおり、摂取する場合には注意して飲むようにしましょう。ここで紹介した療法を試す前に、必ず医師に相談してください。

  • Siegler, J. C., Marshall, P. W. M., Bray, J., & Towlson, C. (2012). Sodium bicarbonate supplementation and ingestion timing: Does it matter? Journal of Strength and Conditioning Research. https://doi.org/10.1519/JSC.0b013e3182392960

  • Al-Abri, S. A., & Olson, K. R. (2013). Baking Soda Can Settle the Stomach but Upset the Heart: Case Files of the Medical Toxicology Fellowship at the University of California, San Francisco. Journal of Medical Toxicology. https://doi.org/10.1007/s13181-013-0300-4

  • Drake, D. (1997). Antibacterial activity of baking soda. Compendium of Continuing Education in Dentistry. (Jamesburg, N.J. : 1995). Supplement. https://doi.org/10.5194/nhess-11-1715-2011