重曹とハチミツを混ぜたらこんな効能が!

3月 21, 2018
重曹は、古くから皮膚病やインフルエンザなど多々の病気を治したり緩和したりするために使われてきました。今回の記事でさらに知識を増やしてください。

重曹は、重炭酸ソーダの略で、これは炭酸水素ナトリウムまたは重炭酸ナトリウムの別名です。数え切れない使用法がある白い粉で、全ての家庭にあるか、一度は使ったことがあるものです。母親たちは常に台所に常備していて、料理や掃除にも使います。

もともと自然界に存在して簡単に得られるものですが、必要な人すべてが入手できるよう工業生産されるようになりました。添加物が含まれていないため、欠点より利点が多いという点を強調しておきます。

重曹の効能

重曹を使い始める前に、その旨と摂取量を医師に伝え、健康に問題がないか確認することが大切です。

重曹には次の使用法があります。

 

1. 天然の消化促進剤

重曹は腸内にガスが溜まる症状を和らげたり、重い食事をより早く消化したりする助けになるため、消化系にとっては大きな味方です。

 

2. 天然の制酸剤

木さじにとった重曹

重曹は、食べ物や胃液の胃から食道への逆流にも理想的です。胃から食道へ戻る塩酸を演歌ナトリウムに変換するからです。この変換が胸やけを抑え、症状を即やわらげます。

 

3. 浄化剤

体内で消化されない毒素を肝臓が処理するのをサポートするためにも有効です。ビタミンCやカリウムも含まれているので、天然の抗酸化剤としても優秀な材料です。

 

4. 消毒剤

重曹の瓶と木さじ

重曹は、その有効成分のおかげで、感染症を緩和したり、細菌やウイルスを中和したりするためにも役立ちますのどの感染症の場合には、痛みや炎症を減少させるとして知られています。

 

5. 抗インフルエンザ薬

重曹は、インフルエンザやその不快感への対処に非常によく利用される家庭療法です。インフルエンザによる症状を緩和してくれるのに加え、その原因となる細菌を退治するのにも最適な味方です。

 

6. 膀胱炎対策

腹部を抑える男性

重曹を摂ることで、腎臓が細菌に抵抗するバリケードを作る手助けになります。尿路感染症の場合も、症状を抑えてくれるため重曹の摂取がおすすめです。

 

重曹とハチミツのペースト

重曹、ハチミツ、レモン

重曹は細菌や感染症、その他の病気と闘うために素晴らしいものだとお話してきました。それと同様に、重曹とハチミツの組み合わせは皮膚の問題、特に顔の肌に理想的なものです。

重曹は、古い細胞を取りのぞいて皮膚をピーリングするだけでなく、吹き出物の解消や予防にも効果があるからです。

材料

  • 重曹 120g
  • ハチミツ(できれば天然のもの) 250g

作り方

  • 鍋に入る容器に重曹とハチミツを入れ混ぜます。
  • なめらかで濃いペースト状になるまでよく混ぜます。
  • できれば湯せんで、時々かきまぜながら約10分間火を通します。
  • 火を止めて冷まします。

使い方

おすすめは、1か月間毎日大さじ2、3杯を摂ることです。食前あるいは食後に摂ります。ただし、1か月以上続けないようにし、赤身の肉、小麦粉、砂糖などの食品を摂るのを避けることが重要です。

このペーストは、糖尿病、インフルエンザ、腎臓の病気などさまざまな病気に活用できます。必ず医師にこの家庭療法を行っていることを伝えるようにしてください。

 

ニキビ対策パック

顔にニキビのある女性

重曹とハチミツの組み合わせのもう一つの使い道は、ニキビあるいは吹き出物の対策です。このフェイスパックは、経済的な上に簡単に作れて、顔のお肌に非常に効果的です。

この療法は1週間に1,2回使用することができます。古い細胞、細菌、ニキビを取り除き、肌を保湿することで輝きをもたらしてくれるでしょう。

材料

  • 重曹 大さじ2(30g)
  • ハチミツ 大さじ1(15g)
  • レモン果汁

作り方と使い方

  • 重曹、ハチミツとレモン果汁を混ぜ合わせて、パック剤を作ります。
  • 顔の肌全体に、円を描くようにパック剤を塗ります。
  • 10分間作用させます。
  • ぬるま湯で洗い流します。
  • 清潔なタオルでポンポンと叩くように拭きます。
  • 毛穴をふさぐため保湿クリームを塗ります。

 

あなたへおすすめ