血圧を下げる効果のある5つのハーブ療法

9月 22, 2017
すでに高血圧の治療を受けているという人は、今日ご紹介する自然療法を取り入れる前に必ず主治医に相談をしてください。薬剤と自然療法がお互いを邪魔し合うということは避けたいですよね。

高血圧は、近年多く見られる心臓系のトラブルの一つです。

動脈がむくみ、妨害された時に高血圧となります。高血圧になると心臓を酷使してしまいます。そのため、心臓は体全体に送る血液を作り出すのにさらに働かなくてはいけなくなるのです。

結果として、心臓は弱っていきますそして、腎臓や膵臓など他の臓器の機能も影響を受けてしまうのです。

そうなると、生活の質が低下するだけではありません。死に至るような病気に苦しむリスクが高くなってしまうのです。

しかし、ありがたいことに高血圧は、コントロールし打ち勝つことが可能なものです。

ハーブの中には、その効能から高血圧に良いとされているものがあります。今日は、高血圧を落ち着かせるのに役立つ自然療法を5つご紹介しましょう。

1.血圧を下げるセロリティー

セロリの持つ植物性化学物質(フィトケミカル)、抗酸化物質は血圧を自然にコントロールするのに優れた効果を発揮します。

これらの物質は体の炎症過程の正常化を助けます。同時に、体液貯留を予防する効果があります。

セロリに含まれる必須ミネラルはコルチゾールの分泌を抑えます。コルチゾールとは高血圧のリスクをあげる危険のあるホルモンです。

作り方

  • セロリ 大さじ2
  • 水 1カップ

手順

  • 水を火にかけ沸騰させます。沸騰したらセロリを入れましょう。
  • 15分蒸らしてから漉します。

飲むのはいつ?

  • 毎日1カップずつ飲みましょう

2.血圧を下げるラベンダーティー

ラベンダーは鎮痛効果のある植物です。また、ストレスも緩和する働きがあります。血圧を下げるのに理想的と言えるでしょう。

ラベンダーが持つ天然の活性物質は細胞の活動を刺激します。また、血流を促す効果もあります。

作り方

手順

  • ラベンダーを沸騰したお湯に入れます。15〜20分蒸らしましょう。
  • 冷めたら漉して飲みます。

飲むのはいつ?

  • 1日に1回飲みます。これを1週間に3日以上行いましょう。

3.血圧を下げるオレガノティー

オレガノは抗炎症作用、利尿作用のあるハーブです。

オレガノの活性物質、とくにカルバクロールには血管の洗浄を助ける作用があります。血管が綺麗になると、残骸が蓄積されることよって循環器がトラブルを起こすのを防ぎます。

作り方

  • オレガノ 小さじ1
  • 水 1カップ

手順

  • 水を沸騰させ、オレガノを入れます。
  • 15分程蒸らしましょう。
  • 漉してから飲みます。

飲むのはいつ?

  • 午前中、10時頃に飲みます。1週間に3日飲みましょう。

4.血圧を下げるホーステールティー

高血圧を抱える人の多くは、体液貯留があるために治療に問題を抱えています。

この場合、ホーステールティーを飲むことで治療効果が出せるかもしれません。

ホーステールには利尿作用と抗炎症作用があります。消化されると、体液の除去をスピードアップする効果があります。

作り方

  • 水 1カップ
  • ホーステール 大さじ1

手順

  • 水を沸騰させ、ホーステールを入れます。
  • 10〜15分蒸らしてから飲みましょう。

飲むのはいつ?

  • 朝食にカップ1杯飲みます。これを2週間以上続けましょう。

5. 血圧を下げるタンポポ茶

タンポポ茶は利尿効果のあるお茶です。利尿作用があるということは、高血圧によって腎臓が影響を受けてしまったとき、腎臓の健康を促進する役割を果たすのです。

タンポポ茶に含まれる抗酸化物質とミネラルは、炎症してしまった組織を保護する働きをします。同時に、血流を促し、血圧を正常に維持するのです。

また、タンポポ茶を飲んでも電解質レベルは変わりません。その代わりに水分補給できるのです。

作り方

  • 水 1カップ
  • タンポポ 大さじ1

手順

  • お湯を沸かします。沸騰し始めたらタンポポを入れましょう。
  • タンポポを入れた後、3分以上煮出します。
  • 火から下ろし、冷ましましょう。
  • 適温まで冷めたら漉して飲みましょう。

飲むのはいつ?

  • 1週間に3回以上飲みましょう。

あなたは高血圧に悩んでいませんか?今日ご紹介した方法をどれか試してみましょう。そして体に合うようであれば、定期的に作って飲みましょう。

あなたへおすすめ