健康に有害な5つの精製食品

· 10月 14, 2015
栄養がないことに加えて、白砂糖は体重増加の原因となる「空のカロリー(カロリー以外の栄養素が少ない食品)」です。白砂糖の代わりに黒砂糖、蜂蜜、ステビアを選びましょう。

あなたも、健康に有害な、化学的に精製された5つの食品を知らずに食べているかもしれませんこの記事では、それらが有害である理由を説明し、生活の質を向上させるヘルシーな代替食品を提案します。

食卓塩

食卓塩

砂糖に白砂糖と黒砂糖があるように、にも精製されたものと天然塩があります。この違いを知っておくことは大切でしょう。 精製塩は、一般的に食卓塩として知られており、すべての栄養素を除去するように処理された塩化ナトリウムです。 またその多くは、ダマにならないように添加剤が含まれています。

一般的に言って不健康であるだけでなく、食卓塩の定期的な使用は、長い目で見れば、体にダメージを与える可能性があります。 その代わりに、精製していないために本来持っているビタミンやミネラルが含まれているナチュラルな海塩を選択しましょう。 最もよく知られた天然塩である海塩は比較的安価で、ヒマラヤ塩、ケルト塩などたくさん種類があります。

 

白砂糖

白砂糖は栄養素がないだけでなく、むしろ毒であると考える栄養士も多いのです。 白砂糖には、体重増加を促す空のカロリーが含まれており、2型糖尿病のリスク因子となります。 また歯にもダメージを与えます。血流に達すると、白砂糖の酸が、カルシウムなどのミネラルを奪い、歯や骨を弱くします。

食事から甘い物を除外する必要はありませんが、白砂糖をブラウンシュガー 、蜂蜜、糖蜜、天然のフルーツシロップに置き換えましょう。

こちらもお読みください:尿酸値が高くなる5つの原因

牛乳

牛乳

栄養士の多くは、生後数ヶ月以内は体が適切にラクトース(乳糖)を消化するのを助けるラクターゼという酵素を失うため、牛乳を飲まないよう助言しています。また、私たちの体は動物の乳ではなく母乳のみを消化するように作られていると主張する人もいます。 この理論によると、人口の大部分は気づいていないけれど乳糖不耐症で、症状がないから牛乳を飲み続けているだけとのことです。

自然由来で栄養価が非常に高い食品であるにもかかわらず、食物繊維、鉄、ビタミンCが含まれていません。また、胃酸や炎症性疾患、貧血、心血管疾患、肥満といった問題にも関連しています。牛乳が前立腺癌、卵巣癌、リンパ腫の発症リスクを増大させると主張する研究もあります。よりナチュラルな選択肢は、オート麦、米、そば、アーモンドなどの植物性のミルクです。また消化によく害が少ない、ラクトースフリー(無乳糖)のミルクや他​​の動物のミルクもあります。

精製小麦粉

小麦のパン

食物繊維が含まれていないこれらすべての穀物は栄養価の多くを失っています全粒粉とは対照的に、精製された小麦粉は、 便秘を引き起こし、体液貯留を高め、体重増加の原因になります。 結腸の健康維持には食物繊維を多く必要とするので、結腸癌の危険因子にもなります。ここには穀物や小麦粉だけではなく、それを使用したパスタ、パン、ペストリー、ケーキ、クッキーなど、私たちの食卓に登場する多くの食べ物も含まれます。

HARVARD T.H.CHANスクール・オブ・パブリック・ヘルスによると、全粒穀物に含まれる様々な栄養素は体を健康に保つのに欠かせない働きをします。例えば、血糖値を安定させる、コレステロール値を下げる、消化器官からの老廃物排出を促す、血栓の形成を防いで心臓発作を予防する、がん予防などです。

マーガリン

バターは牛乳から生成される自然食品で、歴史を通じて消費され続けてきましたが、マーガリンは数十年も持つ、品質の疑わしい植物油をベースにして人工的に作られた物です。 固形化したり、軽い黄色がかった色やフレーバーをつけたり、保存のために、いくつかの精製プロセスを経てきています。 また、マーガリンに含まれていると主張されるビタミンも人工的に添加されています。

マーガリンはバターよりもカロリーが高く、体に非常に有害であり、心臓病のリスク増加に関連するトランス脂肪酸が含まれています。 マーガリンは植物性で、コレステロールが含まれていませんが、確かなのはトランス脂肪が体内の悪玉コレステロールのレベル上昇を引き起こすということです。

こちらもお読みください:動脈を詰まらせてしまう食べ物

Ifland, J. R., Preuss, H. G., Marcus, M. T., Rourke, K. M., Taylor, W. C., Burau, K., … Manso, G. (2009). Refined food addiction: A classic substance use disorder. Medical Hypotheses. https://doi.org/10.1016/j.mehy.2008.11.035

Kravchenko, J. S. (2016). Diet and Cancer. In International Encyclopedia of Public Health. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-803678-5.00110-7

Seal, C. J., & Brownlee, I. A. (2015). Whole-grain foods and chronic disease: Evidence from epidemiological and intervention studies. In Proceedings of the Nutrition Society. https://doi.org/10.1017/S0029665115002104