健康のために毎日行うべき/7つの習慣

11月 20, 2015
朝起きたらすぐベッドから出て動くこと。充実した1日をはじめるためにはこれが大事です。そうすることで、血液の循環がよくなって、代謝を高めることができます。

毎日、ポジティブな気持ちで笑顔で目覚めることができていたら、健康的でとてもいいですよね。ですが、多くの人は精気を欠いたまま疲れを感じながら目覚めて、そしてネガティブな気分のまま1日を過ごしているのではないでしょうか。こうなることを避け、いい気分で1日をはじめるために役立つ7つの習慣があります。この健康的な7つの習慣を心にとどめておきましょう。

朝起きたらまずは1杯の水を

水を飲む、というのは、朝、日中にかぎらずとてもよい習慣です。それによって体に十分な水分を補給し、消化機能や代謝を高め、さらにはお肌の健康を保つことができます。食事と食事のあいだに1杯の水をとるようにしましょう。できれば少々のレモン汁とともに。

起床後しばらくはソーシャルメディアやメールなどを気にするのはやめましょう

もしあなたが携帯電話が手放せなかったり、あるいは1日中コンピュータの前に座っている人ならば、実はそのことが多大なストレスとなっているかもしれません。スマホなどを近くにおいて寝て、起きてからすぐにソーシャルメディアやらメールやらをチェックするという生活はおすすめできません。あなたは気づかないかもしれませんが、悪い影響があるのです。起床後しばらくはこれらのことに気をとられないようにすれば、幸福感が高まり、集中力も増し、より落ち着いた心持ちでいられることでしょう。

ポジティブなことを思い描く

ポジティブ

1日を幸せな気分で積極的に過ごすには、ポジティブな気持ちになれるようにすることが大事です。たとえば、仕事のあとに何かわくわくするような計画を立てて、それを実現させるよう頑張って働く、というのもよいでしょう。3つ以上の計画を立てることができれば良いでしょう。

外へ出て深呼吸を

10分ほどしかかかりませんから、朝、外へ出て深呼吸しましょう。いい気分になります。庭でも、通りでもかまいません。1日をはじめるにあたって、これは、とてもよい習慣になってくれるでしょう。

体を動かしてください

運動週間

毎朝激しい運動を行う必要はないですが、ちょっとした運動をするというのは非常に良い習慣です。それによって血液循環がよくなり、代謝があがり、日中元気に過ごせる体にすることができます。少し歩いたり、走ったり、あるいは自転車に乗る、というのも悪くありません。お気に入りの音楽で好きなように踊ったりするのもいいでしょう。ただ、そのときの音楽はポジティブな気分や幸福感を高めるようなものを選ぶこと。ネガティブな感情を引き起こすものはいけません。

ヘルシーな朝食を

最近では、忙しさのせいか、あるいは食べなくても平気と思っているのか、朝食を抜く人が多くいます。朝食というのは見かけによらず、とても重要なものです。日中必要な栄養をとるだけでなく、代謝を良くして1日いい気分で過ごす助けになってくれるのです。1日のはじめに必要な栄養素は、タンパク質、抗酸化力のあるもの、それから少量の脂肪、穀類などだけです。卵、果物、ヨーグルト、オートミール、全粒粉のパン、といったものを食べるのがよいでしょう。

(オートミール:燕麦(えんばく)を挽き割ったり、つぶしたりしたもの)

(全粒粉:小麦の表皮、胚芽まですべてを粉にしたもの)

ポジティブな言葉をくりかえす

ポジティブシンキング

1日を元気に過ごし、すべきことをきちんと行うためには、ポジティブな精神状態でいることは非常に大切です。そのために、鏡の前に立って、以下の文句を唱えましょう。

「私の精神は健康で、活気に満ちている」

「気分は最高で、体調は抜群だ」

「自信に満ちあふれ、魅力的で、めぐまれている」

「人生の困難に立ち向かうだけの技量もあるし、その用意もできている」

「誰も私に悪い影響をあたえることはできない」

最期に…

これらの健康的な習慣を忘れずに、日々の問題に立ち向かうためのエネルギーや精神を養いましょう。きちんと実行すれば、あなたの生活はより良いものになり、1日1日を充実して過ごせるようになります。

ポジティブな態度で物事にあたり、自信をもち、笑顔を忘れないように。そうすれば、あなただけでなく、あなたの周りの人たちもそうなっていきます。

あなたへおすすめ