健康に良いフルーツベスト8

· 5月 23, 2017
強く健康な体を維持するためには、なるべく多くの種類の果物を毎日食べることが大切です。今回は特に健康に良いフルーツ8種をご紹介したいと思います。

健康のために毎日いろいろな果物を食べることの大切さを多くの栄養士が強調しています。どんなフルーツも体に良いですが、特に優れたものを今回ご紹介したいと思います。健康で活力を得るのに最も適したフルーツは以下の8つです。

1.アボガド

アボガド

アボガドを野菜だと認識してる人は少なくありませんが、アボガドは果物です。体に良い果物であるだけでなく、一日に必要な栄養分の大部分をカバーしてくれます。

太るからアボガドを食べないという人もいますが、アボガドの脂肪分は健康に良いもので、むしろ適切な体重を維持するのを助けてくれます。

毎日アボガド半分を食べると、植物性たんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸をたっぷりと摂ることが出来ます。

 

2.ココナッツ

ココナッツはここ最近人気の高い優れたフルーツです。ココナッツウォーターもココナッツの果肉も栄養価が高く、味も美味しいです。果肉はココナッツミルクを作る際に利用でき、残った繊維部分はクッキーなどのお菓子作りにも最適です。

エクストラバージン・ココナッツオイルを、美容のために肌や髪に使う人もいます。

 

3.パイナップル

パインナップル

その浄化作用と利尿作用が特徴的で、脂肪とたんぱく質の消化を助け、体液滞留を防ぎ毒素の排出を促すと言われている理想的な果物がパイナップルです。パイナップルに含まれる消化酵素が胃酸、消化不良、便秘といったトラブルの改善を助けます。肉や魚を食べた後のデザートとして最適です。

こちらもご覧ください:

結腸をデトックスする/5つのフルーツ

4.パパイヤ

パパイヤも消化酵素を含み、食後の消化を助けてくれる熱帯原産の果物です。種も一緒に食べると、寄生虫対策にもなると言われています。ビタミンCとベータカロチンが豊富で優れた抗酸化作用があり、細胞の老化とも戦うと考えられています。

消化器官の炎症を防ぐのに効果的で美味しいのが、パパイヤとパイナップルを少しの水でミキサーにかけるミックスジュースです。これを毎日朝食前の空腹時に飲んでみてください。

 

5.リンゴ

りんご

果物の王様と言っても過言ではないのがリンゴです。最も一般的な果物の一つでありながら、昔から英語のことわざで「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほどの優れ物です。生産も安定しているため、手ごろな価格で手に入れやすいのも魅力です。

胃酸を中和する働きがあり、泌尿器や消化器官の抗炎症にも効果があると言われています。

オーガニックのものを購入して、繊維の豊富な皮ごと食べるのがオススメです。

 

6.レモン

免疫力を高めて体内をきれいにするのに欠かせないのが柑橘類です。その中でも代表的なのがレモンです。レモンは体内の毒素や余分な体液を排出するのを助け、肝臓、腎臓の機能を向上し、体をアルカリ性に保つため様々な病気の予防に効果を発揮すると考えられています。レモンは皮にも様々な健康効果があります。皮を使うときはオーガニックのものを使うようにしてください。毎朝朝食前のレモン水で健康な体を作りましょう。

ご存知でしたか?

アンチエイジングに効果的な6つのフルーツ

7.グレープフルーツ

グレープフルーツ

酸味と苦みのせいで、グレープフルーツが好きではないという人は多くいます。しかし、その苦みこそが健康効果の証であり、血液をきれいに保つのに効果的とされています。

また利尿作用もあり、腎臓機能の向上にも役立つと考えられています。

毎日寝る前にグレープフルーツを半分食べるだけで、数日で違いを感じられるかもしれません。

8.ブドウ

ブドウは若さを保つのに欠かせない果物だと言われています。最近はグレープシードオイルやレスベラトールといった製品が多く出回るようになっていますが、オーガニックのブドウを買って皮や種ごと食べる方が経済的でしょう。水を加えてミキサーにかければ、ナチュラルグレープジュースとしても美味しく飲むことができます。

ブドウはデトックス効果にも優れ、コレステロールを下げ、抗がん作用もあると考えられており、腸内環境を整えるのにも最適なフルーツだと言われています。