結腸ガン予防のための5つのヒント

· 1月 12, 2016

統計によると、結腸ガンは一年に4万人の命を奪っています。結腸ガンは最も憂慮すべき病気の一つですが、初期に診断され、治療を受ければ、予後が良い病気でもあります。

結腸ガンは、他のガンと同様に、全てのリスク要因をコントロールすることは不可能であり、完璧に防ぐこともできません。しかし健康的な生活と適切な食事を維持することで予防しやすくなります。この記事で紹介するいくつかのヒントは、結腸ガンを予防し、あなたの健康と心の平和を保つためにやってみる価値はあると言えるでしょう。

結腸ガンを予防するための栄養ガイドライン

1. 食物繊維をたくさん摂る

2-オーツスムージー

一日にどれくらいの食物繊維を摂っていますか? 食事のたびに食物繊維を意識して摂っているかもしれませんが、一方で、忙しさのために、冷蔵庫の中にあって手軽に食べられるもの、すぐに食べられるものを選ぶこともあるのではないでしょうか。現代人は、脂肪分や塩分、精製された小麦粉などの消化しにくいものがたくさん含まれた加工食品や冷凍食品を食べる傾向にあります。

これらの食品は肝臓や腸で飽和状態になり、毒素を蓄積されやすくすると同時に、結腸の機能にも害を及ぼします。そのため、毎日の食事で食物繊維をたくさん摂ることが大事です。一日に25グラムから35グラムが適切な量です。

しっかり食物繊維を摂るために不可欠な食品は以下のようなものです:

  • 全粒粉
  • オーツ
  • 玄米
  • シリアル
  • フルーツ
  • ナッツ
  • 葉野菜
  • ビーツ、にんじんなどの根菜
  • ナス
  • アーティチョーク

2. 有害な脂肪分の摂取を控える

3-脂肪分の多い食品

ご存知のように、オリーブオイルや、サーモンなどの魚に含まれる脂肪酸など、体に有益な脂肪もあります。これらは、世界で最も健康的な食事の一つと考えられている地中海料理において重要な位置を占める食品です。

しかし肉、砂糖、お菓子などの脂肪分は体に悪影響であり、結腸ガンが悪化するきっかけにもなりますので避けましょう。脂肪分をたくさん摂ると、それを消化するために胆汁と胃液の量が増え、結腸に直接影響します。これはとても危険なことです。

3. 抗酸化物質をたくさん摂る

4-レモネード

オリーブオイルをひとさじ、またはレモンの果汁を少量摂ることから一日をスタートしてみませんか? また、レモンの果汁をお湯で割ったものをコップ一杯飲むのも良いでしょう。オリーブオイルとレモンは両方とも、体の中をきれいにすることで一日を始め、抗酸化物質をたくさん摂るのに優れた食品です。

体が何を必要としているかを知り、ガンの要因の一つであるフリーラジカルに対抗するために、より多くの抗酸化物質を摂れるように食生活を変えてみましょう。

ビタミンA、C、Eが多く含まれたフルーツや野菜を食べることは、抗酸化物質をたくさん摂取する理想的な方法です。以下の食品を食生活に加えましょう:

  • オレンジやレモン
  • パパイヤ
  • にんじん
  • いちご
  • ブルーベリー
  • キウイ

4. 葉酸

5-ブロッコリー

多くの研究が、結腸ガンを予防するために葉酸を摂ることの重要性を示しています。葉酸はビタミンB9としても知られ、胃や結腸などの消化器官を強化し、機能を向上させます。また、細胞の成長を活性化させ、病気から体を守ります。

もっと葉酸を摂る必要があると感じたら、医師にサプリメントについて相談するか、薬局や自然食品店で適切なサプリメントを購入し、積極的に摂りましょう。また、健康的な食事からも、葉酸をたくさん摂ることができます。以下の食品をリストに加えましょう:

  • 搾りたてのオレンジジュース
  • ケール
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • フダンソウ
  • レンズ豆
  • アスパラガス
  • キャベツ
  • 芽キャベツ
  • エンドウ豆
  • ピーナッツ
  • さつま芋
  • アボカド
  • メロン
  • バナナ

5. ビタミンD

6-ビタミンD

研究者と栄養学者が明らかにしているように、適切な量のビタミンDを摂ることで、結腸ガンが発生するリスクは減少します。このビタミンが欠乏すると、多くの病気のリスクが高まりますが、結腸ガンはその中でも最も危険なものの一つです。

大きな問題は、ビタミンDが豊富に含まれている食品が少ないということですが、医師に相談して血液を検査してもらい、もっとビタミンDを摂る必要があるかどうか判断しましょう。医師が処方してくれるサプリメントも役立つでしょうし、ビタミンDを摂取するための以下のような方法も試してみましょう:

  • 日光を浴びましょう。しかし最も日差しが強い時間帯である午前10時から午後2時の間は、日光にさらされすぎないよう気を付けてください。
  • サーモンとサーディンをもっと食べましょう。
  • 鶏レバーを食べてみましょう。
  • ビタミンDが添加されている牛乳を飲みましょう。