綺麗に日焼するためには/何を食べたらいい?

· 6月 28, 2015

 

日焼けに食べ物が影響する? 食事や栄養の状態と日焼けは関係あるのでしょうか。こんがり健康的に綺麗に日焼けするにはどうしたらいいでしょうか。

医者の多くは長時間日光浴をすることはすすめていませんが、ある食材を摂取することにより綺麗に早く日焼けすることができます。ということはもしかしたらあなたの食生活が日焼けを阻止してしまっているのかもしれません。ではいったい何を食べたらいいのでしょうか。

 

マンゴとその他のフルーツ

マンゴーはビタミンAを多く含んでいることから、日光をあびても健康的に日焼けすることを助ける働きがあります。また桃、メロンも同じくビタミンAを多く含みます。スイカはビタミン類だけではなく、水分を多く含むため日光を浴びた皮膚や体にいい影響を与えます。特に日焼けした皮膚に水分補給することは重要です。またすいかにはビタミンB、B6が多く含まれるため、日焼けの促進を促します。

人参とその他の野菜

Zanahoria

生の人参に多く含まれるカロチンは綺麗な日焼けにとっては最もかかせない成分です。人参に含まれるベータカロチンは体内に入ると、日焼けのし過ぎを防ぐビタミンAに変換されます。カロチンは肌の褐色化によく効くメラニンを生成を助け、そのため日焼け用化粧品にも多く利用されています。その他似たような効果のある野菜としてピーマン、カボチャ、トマトなどがあります。

 

卵にビタミンA,B,D,E等の体や肌の再生、活性化を助ける成分が豊富に含まれています。白身部分にはそのほかにもビタミンB6、オメガ3-6などの綺麗な日焼けを助ける成分があります。少量のチーズ、特に白チーズを加えることによってカルシウムを補給し、日焼けをさらに促進することができます。

 

オリーブオイル

aceite-de-oliva

食材に火を通すことによってさらに綺麗な日焼けの効果を高めることができます。肉、魚類にオリーブオイル、赤ワイン、しょうゆ、バルサミコ酢などがそうです。脂身の少ない肉、オリーブオイルと不飽和脂肪酸を含む油は肌の活性化をダイレクトにし、かつ体を内部から助け、肌を正常化しまた保湿を助けます。柑橘類、パセリ、クレソンなどもお勧めです