アボカドパワー目白押し

· 7月 15, 2015

アボカドと言えば、私たちの食事には欠かせない、おいしくて健康にも良い食べ物です。栄養価が高い上にバランスもよく、家族みんなのお気に入りでもあります。

ここでは、アボカドのおいしい食べ方だけではなく、その栄養効果を最大限に利用するための方法も色々と紹介していきます。顔のピーリング、皮膚のマッサージ、セルライトの対処法など、皮や種まで使った美容法も満載です。早速見ていきましょう。

 

キッチンで大活躍

体に良い油分をたくさん含んでいることからくるアボカドの滑らかな食感は、様々な料理に活用できます。その中でも有名なのがグワカモレです。しかし時間がない時には、アボカドをよくつぶして、細かくみじん切りにしたにんにく、オリーブオイル、塩を少々加えるだけでOK。このベジタリアンバターは、トーストに塗るのに最適で、栄養たっぷりのヘルシーな朝食を楽しむことができます。

また、このなめらかな食感は、パテに最適です。アボカドをつぶして、オリーブ、チーズ、ツナ、エビ、ハーブなどと混ぜるだけです。

更には、アボカドでシェイクを作ると、生クリームを使わずにクリーミーな食感を味わえます。バナナや西洋なしなどと一緒にミキサーにかければ、おいしいシェイクの完成です。

そして、皮や種にも様々な効果があることを忘れてはいけません。アボカドが含むアミノ酸の70%は種の中に含まれていて、さらに水溶性繊維の含有量は他のどんな食べ物にも勝ります。種は薄い千切りにして(すり下ろして)、弱めの火でオーブンにかけます。お茶に入れたり、スパイスとして料理に振りかけて使いましょう。ただし、収斂作用があるため、便秘に悩む人は種の消費は避けてください。

アボカドはたんぱく質も豊富な実であるということも大切です。ですから、菜食主義者や、動物性蛋白質をあまりとらない人には欠かせない食物です。ただし、肥満に悩む人は、アボカドの食べすぎに注意しましょう。

アボカド2

肌のピーリング

10日から15日に一回ピーリングをすると、角質を取り除いて肌の再生を助けます。こうすることで、しわを防ぎ、しっとりとして弾力のある肌にしてくれます

少し硬い、アボカドの皮の内側を使うと、とても簡単で自然な方法でピーリングができます。ぬるま湯で顔を洗った後、アボカドの皮の内側で円を描くように優しく顔をマッサージし、ピーリングしましょう。

顔の皮膚は繊細なので、常に優しく、円を描く動きでマッサージします。目の周りや傷、腫れのひどいニキビなどは避けてマッサージしましょう。

マッサージ後は、肌に残ったアボカドが働くため、数分待ってから水できれいに洗い流します。肌の乾燥がひどい場合には、アボカドパックも効果的です。

アボカド皮

艶肌アボカドパック

アボカドには、脂肪酸、ビタミン、ミネラルと言った、肌の質感を改善する成分がたくさん含まれています。ですから、食べるだけではなく、肌を保湿して艶を与えてくれるアボカドパックを作ることができます。

まず、アボカド半分を均一なペースト状になるよう、フォークでつぶします。これを直接肌に塗り、成分が浸透するようアボカドが乾燥するまでそのままにしておき、そのあと水で洗い流します。

その他の肌に良い材料と混ぜて使うこともできます。はちみつ、ビール酵母、オーツ麦の粉末やヨーグルトなどがその例です。

 

種で足マッサージ

アボカドの種は、多くの国で足のマッサージに利用されています。特に太ももと臀部に使うことで、余分な脂肪を排除してセルライトを防ぎます。マッサージをしている間に種からアボカドの油が出ていくため、肌を保湿したり跡が残るのを防いでくれます。そのため、市販のマッサージ商品よりも、自然で断然すぐれているのがアボカドの種なのです。