過食の因果関係:原因と健康への悪影響について

多くの人にとって、過食は身体的および心理的な要因が原因で起こり、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。 幸いなことに、過食という不健康な習慣を回避するのに役立つさまざまな戦略があります。 今回は過食の原因と悪影響、そして過食を予防するのに役立つ方法について詳しくお話します。
過食の因果関係:原因と健康への悪影響について

最後の更新: 24 11月, 2020

人生のある時点で、自分が必要とする以上に食べ過ぎた経験はありませんか?

自分が好きな食べ物だったから、または本当にお腹が空いていたからかもしれませんし、他の理由で食べ過ぎた可能性もあります。たまに食べ過ぎてしまうのは大きな問題ではありませんが、食べ過ぎが習慣となり繰り返し起こる場合は、健康への多くの影響について考慮する必要があるでしょう。

常に食べ過ぎたという罪悪感を感じていると、さまざまな問題が起こる可能性があります。体重が増えるだけでなく、気分などといった心理面の建康に悪影響を及ぼす可能性もあります。

では、どうすれば防ぐことができるのでしょうか?

今回の記事ではいくつかの推奨事項をご紹介します。

過食は問題ですか?

一般的に食べ過ぎによる影響はごくわずかで一時的なものです。しかし、食べたいという欲求が再発して制御できなくなった場合、身体面と精神面に悪影響を及ぼす可能性があります。

食欲のバランスが乱れると体重が増えるだけではなく、日常生活を送るのが困難になるほどのネガティブな考え方にとらわれ始める可能性があります。

考えられる原因

必要以上に食べたいという欲求を引き起こす多くの要因があります。すでに述べたように、自分が好きな食事をしているときの「おいしいからもっと食べたい」という欲求だけではありません。

実際に、繰り返し起こる過食は、通常、食べ物とは何の関係もないと考えられており、むしろ、継続的な一定のストレスや制限が厳しすぎる食事法などが要因となっていることが多いと言われています。

過食の因果関係:原因と健康への悪影響について 過食気味の男性

食べ過ぎてしまうのは、不安感や過度に制限された食事などと因果関係がある可能性があります。

こちらもご参照を:低炭水化物ダイエット:知的活動と感情面への影響

過食がもたらす問題

まず第一に、食べ過ぎや過食は、太りすぎや肥満などの身体的な要因と因果関係を持つことが多いでしょうが、そればかりではありません。多くの場合、過食は本質的に心理的な要因と因果関係がある可能性があります。これは、太りすぎの人だけでなく、誰にでも当てはまります。

The Primary Care Companion for CNS Disordersに発表された情報によると、過食の心理的な因果関係には次のものが含まれる可能性があることが示されました。

  • 食べ物が近くにあるとコントロールを失う
  • 社会的孤立
  • 不安の増大
  • 不安や苦しみに悩む
  • かつて楽しかった活動に参加したときに楽しさ感じない喪失感
  • 記憶力と集中力の変化
  • 食物と栄養への執着
  • 睡眠の変化
  • 仕事のパフォーマンスの低下
過食の因果関係:原因と健康への悪影響について 焼き菓子を過食する女性

罪悪感や不安感は、食べ物の周りで自分自身をコントロールできない人が抱えている感情だと一般的には考えられています。

過食を防ぐための鍵

過食を避けるために、日常的に実践する戦略がありますが、専門的な治療に代わるものではないということを理解しておきましょう。食事に関する過度の不安感や不安障害に悩む場合は、医師または専門家に相談することをお勧めします。

自分の感情を特定する

自分が経験している感情を特定することで、自分が抱えている問題に対処するのに役立ちます。日記をつけるのは良い方法の一つで、日記に自分が感じていることについて書きます。日記を書くことで、食べ物に目がいってしまうのを予防するという効果や、自分自身に関する新たな興味深い発見につながるなど、良い解決策の一つと言えるでしょう。

食べ物に執着しない

自分が食べ過ぎていると気付いたとき、自分を罰してはいけません。好きな食べ物を食生活から除外し始めても、おそらく長く維持することはできないだけでなく、むしろ、自分が食生活から除外した食べ物なら何でも食べたいという欲求が強くなる可能性があります。

これは、目標を達成できないときに感じる欲求不満の感情と因果関係がある可能性がある過食であり、抜け出すのが難しい悪循環に陥ることもあります。極端なことはせず、健康的な食生活を常に実践するのが最善の方法です。

自分が楽しいと感じる運動をする

いくつかの研究では、過食を補うために運動する人がいることを指摘しています。言い換えれば、このタイプの運動は過食への罰であり、体重が増えるのを避ける唯一の方法となります。

運動は健康的である必要があります。運動の目標は単に減量だけではありません。健康に良いからという理由で運動をし、自分の身体能力を超えないように注意することが大切です。身体が運動に慣れていない場合は、1日20分から30分運動から徐々に始めるのが良いでしょう。

運動前のストレッチ

定期的に運動することで、食べ物に対する不安を軽減することができます。ただし、食べ過ぎた自分を罰する手段としてではなく、健康のために運動することが大切です。

専門家に相談する

過食に悩む人の誰もが、専門医や専門家に相談するわけではありませんが、専門家に相談すべき状況があります。これは、過食と感情的な要因に因果関係がある場合に特に当てはまります。

医学誌CurrentPsychiatry Reportsの研究で説明されているように、心理療法は過食につながる行動を認識して修正するのに役立つだけでなく、患者の幸福と健康を全般的に改善します。

過食の要因と悪影響;心に留めておくべきこと

長期間にわたる過食は、体重増加につながる可能性がありますが、それ以外の健康への悪影響を引き起こす可能性もあります。したがって、過食が起こる原因や関連する要因をできるだけ早く特定することが重要です。早期に特定することができれば、過食という問題が生活の質に影響を与えないように、適切な治療法を選択することができます。

こちらの記事もおすすめ
減量効果を促進するオススメの食事法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
減量効果を促進するオススメの食事法

体重を減らし、その後もその体重を維持したい時には、バランスの良い健康的な食事を取り入れて維持することが大切です。健康的な食事を一定期間だけ取り入れても、その食事を維持せずに不健康な食生活に戻れば体重も元に戻ってしまいます。つまり健康的なライフスタイルへの変更が減量への第一歩です。



  • Goldschmidt AB, Loth KA, MacLehose RF, Pisetsky EM, Berge JM, Neumark-Sztainer D. Overeating with and without loss of control: Associations with weight status, weight-related characteristics, and psychosocial health. Int J Eat Disord. 2015;48(8):1150‐1157. doi:10.1002/eat.22465
  • Razzoli M, Pearson C, Crow S, Bartolomucci A. Stress, overeating, and obesity: Insights from human studies and preclinical models. Neurosci Biobehav Rev. 2017;76(Pt A):154‐162. doi:10.1016/j.neubiorev.2017.01.026
  • Ferrario CR. Food Addiction and Obesity. Neuropsychopharmacology. 2017;42(1):361. doi:10.1038/npp.2016.221
  • Godoy F. Trastorno del comedor compulsivo: Incorporación del concepto en la salud pública chilena.Rev Chil Nutr. 2015.42(4),399-402.
  • Dittmer N, Jacobi C, Voderholzer U. Compulsive exercise in eating disorders: proposal for a definition and a clinical assessment. J Eat Disord. 2018;6:42. Published 2018 Nov 28. doi:10.1186/s40337-018-0219-x
  • Síndrome de edorexia: evaluación y diagnóstico. salud pública de méxico. 2014. Disponible en: http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0036-36342014000300007.
  • Iacovino JM, Gredysa DM, Altman M, Wilfley DE. Psychological treatments for binge eating disorder. Curr Psychiatry Rep. 2012;14(4):432‐446. doi:10.1007/s11920-012-0277-8