カルロス・リオス氏へのインタビュー:リアルフードを食べていますか?

9月 8, 2019
リアルフードという言葉を聞いたことはありますか?私たちは、食品業界から受け取るメッセージにより、何を食べたら良いか悩んだり、加工食品に夢中になったりします、本記事では、リアルフードムーブメントを提唱しているカルロス・リオス氏のインタビューをご紹介します。

栄養士でありクリエイターのカルロス・リオス氏は、食生活は流行に従うものではなく、より健康的な新しい食生活やライフスタイルを実践するよう提唱しています。

その中でも彼は、食べ物に関してはシンプルであればあるほど良いという考え方を提唱しています。

食品業界は、「奇跡のような効果」を約束するダイエット方法に左右される傾向がありますが、カルロス・リオス氏が提唱する食事法は、流行のものとは異なります、

そして彼の業績は素晴らしく、ソーシャルネットワークを介して2つのことを達成しています。

1つ目は、消費者が毎日自分が食べるものへの理解を深めるように、そのツールと知識、そして情報を提供することです。

2つ目は、消費者が健康的なリアルフードを消費することの必要性を理解できるようサポートすることです。

今回はカルロス・リオス氏へのインタビューをご紹介します。

「食品業界は、消費者が自分が食べているものが健康だと信じるように、栄養素とカロリーについて発信しますが、これは誤解を招く表記が行われていることもあるため、消費者が最終的に加工食品を消費しているケースもあります。」

カルロス・リオス氏へのインタビュー

カルロス・リオスは、スペインのセビリアにあるパブロ・デ・オラビデ大学で研究などを行なった経験のある栄養士であり、リアルフードの提唱者です。

ソーシャルネットワークでも大変多くのフォロワーがいるリオス氏は、スペイン国民の食への意識を高めるという目標に対して、驚くべき成果を上げています。

こちらもお試しください:美味しくて栄養価も高い!旬の野菜を使った3つのおすすめレシピ

リオス氏の著書「Eat Real Food:A Guide to Transforming Your Diet and Your Health」は非常に人気があります。

リオス氏が頻繁に話すのは「私たちは「リアルフード」を食べるのではなく、目の前に置かれたものを食べる」ということです。

リオス氏のインタビューでは、彼が提唱するリアルフードについて掘り下げました。

食への知識は力であり、私たちが食べるものが活力の源となります。

そして自分の健康へ「投資」することが何よりも大切です。

カルロス・リオス リアルフード

リアルフードの始まりを教えてください

患者とのカウンセリングの中で、食べ物に焦点を合わせ加工食品の危険性について学ぶことで得られる効果に気付きました。

その後、リアルフードについては、ソーシャルネットワークを通じて発信すれば多くの人に届く可能性があることがわかりました。

昔から、リアルフードは手が届く場所にあるのに、なぜ多くの人はリアルフードを食べようとしないですか?

忙しい人の多い現代社会において、食品業界は手軽に持ち運べる加工食品を製造し、これを食べるように推奨しているため、リアルフードを食べる人が減ってきているのです。

私たちが口にする最悪のものとは?食生活から排除すべき食品は?

一般的に加工品はすべて不健康な食品であり、過剰に摂取すると危険です。

最も多くの人が口にしているのがソフトドリンクですが、これは摂取を避けるべき加工品です。

ご存知ですか?:加工食品を食べるべきではない8つの理由

食料を購入する際に注意すべき点とは?

カロリーや脂質に注目する人が多くいますが、何が含まれているかという成分が最も大切です。

しかし食品業界は、多く人が興味のある「カロリー」に焦点を絞り、「低カロリー」という宣伝で消費者の目をごまかそうとします。

カルロス・リオス リアルフード

加工品はどれだけ「低カロリー」でも、不健康な食品として分類されます。

自分が口にする食材が健康的かどうかを知るためには、食材や成分を確認しください。’

食間にお勧めの食べ物や飲み物を教えてください

塩分無添加の天然またはローストしたナッツ類、果物、ナチュラルヨーグルト、手作りのピクルス、オリーブ、枝豆などが適しています。

飲み物は水がお勧めですが、スパークリングウォーターとレモン、そして氷を入れて「リアルフード版の炭酸飲料」を手作りするのもお勧めです。

マスメディアは、加工食品や砂糖が多く添加された食品を推奨するかのようにこれらの食品を発信しています。

子供達がリアルフードを理解して食べるようにサポートする方法は?

子供に対して「この食べ物はあの食べ物よりも健康的だ」とか「これは加工食品だ」などというコンセプトを理解させるのは簡単ではありません。

子供がよく空想をすることからもわかるように、子供は様々な感覚が非常に優れているため、創造的で美味しく「楽しい」方法でリアルフードを紹介することが大切です。

例えば果物でも、お皿の上にただ載せるのではなく、絵を描くようにきれいにデコレーションをすれば喜んで食べるでしょう。

リアルフードを始めるにはどうしたらいいでしょうか?

1ヶ月のリアルフードチャレンジがあります。

インスタグラムにはこの1ヶ月チャレンジの方法が載っています。

1ヶ月続けると、もう元の食生活には戻りたくないと感じることは間違いありませんよ!