関節痛を一週間で治す自然療法

11月 28, 2015
ゼラチンにはアミノ酸が含まれています。アミノ酸には私たちの体内の結合組織を修復、改善する作用があります。また、コラーゲンも豊富に含んでおり、関節を保護する軟骨を強化する働きがあります。

ゼラチン療法に必要なものは?

  • まず、食用ゼラチンを150g用意しましょう。味のついていないもので、近くのスーパーに売っているもので結構です(この量のゼラチンで約1ヶ月間、この療法に使用できます)。
  • 小さじ2杯分のゼラチンを1/4カップの冷たい水に入れ、一晩常温で置いておきます。
  • 一晩経ったゼラチンは膨らんでいます。ハチミツや果汁を少量足らしたり、ヨーグルト、サワークリームなどに混ぜて食べましょう。必ず朝の空腹時に、できれば朝食を食べる30分前に食べるようにしてください。
  • これを1ヶ月間、毎日続けると、7日程で関節痛や筋肉痛が改善されたと感じる人も多いはずです。ゼラチンは背中や首の痛み、関節痛などに苦しむ方にお勧めです。関節の“潤滑”を促す効果があります。

 

ゼラチンが関節に良いのはなぜ?

Gelatin

ゼラチンは市場でよく見る商品です。値段もお手頃ですし、その他の材料を加えれば美味しいデザートができます。ゼラチンは高タンパク質で知られており、その原料は主に動物性コラーゲン(主に牛や豚の骨の抽出物)からできています。ゼラチンは様々なレシピの中で凝固剤、結合剤などとして使用されています。

ゼラチンは結合組織の修復を働きかけるプロリン、ハイドロキシプロリンと呼ばれる二つのアミノ酸を含んでいるため、 関節にとても良いとされています。ゼラチンを食べることは、関節にとって重要な結合組織を改善することに繋がるのです。

ゼラチンのその他の効能

関節.ゼラチン1

健康促進にゼラチンは重要な役割を果たします。その主な効能は以下の通りです。

  • ゼラチンには、アルギニン、グリシンといったアミノ酸が豊富に含まれています。これらアミノ酸には筋肉を作り出す役割があります。
  • ゼラチンはコレステロールゼロ、脂肪ゼロです。さらに、新陳代謝を良くするため、ダイエットにも効果的です。
  • 通常消化しにくい肉や乳製品にゼラチンを加えると、消化しやすくなります。また、ゼラチンは下腹部の浮腫を抑え、ホルモンバランスを整えます。
  • ゼラチンを日常的に消費すると、骨粗鬆症や変形性膝関節症を防ぐ効果があります。
  • 腱や靭帯に弾力性を与え、強化します。
  • 免疫システムを強化します。
  • 髪や爪の成長を促します。
  • 全部で18のアミノ酸を含んでいます。その中でも欠かすことのできない9つのアミノ酸のうちの8つは、人間が体で生成することができないため、食べ物から摂取しなくてはならないアミノ酸なのです。
  • 少量ながら化学物質、フッ化物が含まれています。この物質は歯のエナメル質を維持し、虫歯を防ぎます。
  • 肌のコラーゲンを再生します。加齢につれ弱くなる骨、腱、軟骨、靭帯の強化を促します。
  • 胃酸が出過ぎるのを防ぎ、胃炎や胸焼けといった胃の不調を抑えます。
  • 満腹感を得やすく、食欲を抑え、ダイエットにも効果的です。

 

あなたへおすすめ