陥入爪に効果的なつぶしニンニクの使い方

· 5月 6, 2019
ニンニクの持つ薬効成分が、陥入爪が原因の炎症を緩和しながらその治癒プロセスを促進するのに役立ちます。本記事で詳しくご紹介します。

ニンニクはアリウム属とも呼ばれる多年草で、玉ねぎやネギと同じネギ属です。

ニンニクは世界の多くの地域で生息し栽培されています。

その独自の強い香りと風味のが料理に人気の食材ですが、昔からニンニクの薬効成分が多くの自然療法にも用いられています。

数多くある効能の中でも、ニンニクの持つ消毒成分が陥入爪や爪の不快感に効果があると考えられています。

陥入爪の原因と症状

陥入爪に悩む女性

陥入爪は、爪の片側または両側の下の肉が、爪の過成長やそれに対する肉の圧力によって敏感になり炎症を起こしたときに発生し、不快な症状や痛みを伴います。

キツイ靴やハイヒールなども陥入爪の主な原因の一つで、特にハイヒールは体重が前方に移動するため、つま先の最も狭い部分が圧迫されたまま長時間を過ごすことで、陥入爪のリスクが高まります。

また、爪を正しい方法で切らないときにも内側に爪が陥入することがあります。

爪は四角く切るのが正しい方法であり、角を丸くすると、丸みを帯びた角の周りに肉が成長して、爪の成長とともに肉の中に陥入する可能性があります。

陥入爪を切る時のヒント

足の爪を切る女性

足の爪を正しく切ることが、陥入爪を予防する最初のステップとなります。

ここからは、内側に入ってしまった足の爪を切る手順をご紹介しますが、症状を悪化させる可能性があるため、すでに内側に入ってしまった爪を、この手順を踏まず、無理やり切ろうとしてはいけません。

  • 足指の爪をぬるま湯に浸して柔らかくします。
  • 清潔で鋭い爪切りで爪を先端に沿って均等に切ります。
  • 角を丸めたり、切りすぎたりしないでください。
  • 陥入爪の症状が緩和するまでは、幅の広い靴を履くことをお勧めします。

こちらもご参照を:足の痛みよ、さようなら!/陥入爪の症状を緩和する家庭療法6選

ニンニクの特性

皮をむいたニンニク

ニンニクは陥入爪におすすめの注目すべき自然療法です。

昔からニンニクの薬効成分が多くの用途に使われてきました。

ニンニク含まれるアリシンという化合物は、つぶしたり噛むときに放出される硫酸化合物の1つで、ニンニク特有のニオイの原因の一つです。

天然の防腐作用と治癒作用があるニンニクは陥入爪が原因の不快な症状を和らげるのに効果を発揮します。

陥入爪のニンニク治療

1. ニンニクとヴイックスヴェポラッブ

ヴイックスヴェポラッブは、陥入爪をはじめとする爪の炎症や痛みを和らげるメンソール軟膏です。

ニンニクと組み合わせるとさらにその効果が高まります。

材料

  • ヴイックスヴェポラッブ 20 g
  • ニンニク 1片
  • 包帯

使用方法

  • しっかりとしたペースト状になるまでつぶしニンニクと軟膏を混ぜます。
  • 陥入爪に塗布したら包帯で覆います。
  • 就寝前に行って一晩そのままにします。
  • 5日間連続して行ってください。

2. ニンニク療法

つぶしニンニクを使った方法

消毒作用と抗炎症作用があるニンニクは、陥入爪を和らげるホームトリートメントとして利用できます。

材料

  • 水 1リットル
  • ニンニク 1片
  • 化粧用コットン

使用方法

  • 水を沸騰させたら足が入るサイズの容器に注ぎます。
  • 少し冷めて足を入れるのに良い温度になったら、陥入爪を発症している足の爪を慎重に湯に浸します。
  • きれいな布で足を乾かします。
  • ニンニクをつぶし、ニンニクペーストを作ったらコットンに浸します。
  • ニンニクをつぶします。ニンニクペーストに綿を浸し、爪に置いて感染症を予防します。
  • 1日に2〜3回繰り返してください。

ご存知ですか?ニンニクを使って爪を強くする方法

その他のアドバイス

糖尿病、小さな子供、神経の損傷(通常は脚や足の損傷)、血行不良、爪の周りの感染症などを発症している場合は、最初に医師の診察を受けることが大切であり、自然療法だけで自宅で治療しようと考えてはいけません。

医師の診察により正しい治療が提示されたら、今回ご紹介した方法を医師の治療を補完するものとして試していいかを、医師に相談してください。