足の巻き爪に効く6つの方法

· 10月 14, 2016
今日ご紹介する方法は、巻き爪の痛みを緩和する効果がありますが、まず医師に相談することが大切です。手術をしないといけない場合もあるからです。

足の巻き爪は、足の爪が指の皮膚に埋まってしまう状態です。

足に合っていない靴や風通りの悪い素材で作られた靴などを履いている人に特によく見られます。

手の爪が巻き爪になってしまうことも時にはあるのですが、足の親指の爪がなってしまうことが一番多いようです。

巻き爪になると、その部分が赤く腫れてしまいます。症状がひどくならないうちに対処しなくてはいけません。

深刻な健康トラブルに直接結びつくことはありませんが、感染のリスクを最小限にすることが大切です。

 

1. ティーツリーオイル

巻き爪に効くオイル

ティーツリーエッセンシャルオイルは、抗菌作用、抗真菌作用に優れた天然のオイルです。

巻き爪の周りにティーツリーエッセンシャルオイルを塗布することで、巻き爪の赤みや痛みを取り除くことができます。

材料

  • ティーツリーエッセンシャルオイル 6滴
  • コットン 1個
  • 絆創膏 1枚

作り方

  • コットンか綿棒を使って、巻き爪が皮膚から離れるようにします。
  • ティーツリーエッセンシャルオイルを塗布し、上から絆創膏を貼ります。
  • 絆創膏をしたまま一晩おきましょう。症状が改善されるまでこの方法を繰り返すと良いでしょう。

2. ニンニク

ニンニクは料理の香り付けとして使えるだけでなく、様々な疾患に効果のあるハーブとして知られています。

ニンニクは抗菌作用に優れていますので、巻き爪の炎症を抑え、痛みを緩和する働きがあります。

材料

  • ニンニク 1片
  • オリーブオイル 小さじ1(5g)
  • 絆創膏 1枚

作り方

  • 潰したニンニクにオリーブオイルを混ぜてペーストを作ります。
  • 作ったペーストを足の巻き爪ができてしまった部分に塗布し、絆創膏を貼って数時間おきましょう。
  • 巻き爪が良くなるまで、これを毎日繰り返します。

3. ハチミツ

巻き爪に効くハチミツ

ハチミツは抗菌作用、抗ウイルス作用のある天然の食品であらゆるタイプの感染に効果があります。

巻き爪がなくなるということはありませんが、回復が早くなること間違いありません。

材料

  • ハチミツ 大さじ1(25g)
  • レモン汁 小さじ1(5g)

作り方

  • ハチミツとレモン汁を混ぜてペースト状にし、巻き爪が出来てしまった箇所に塗布します。
  • 20分程置いてから洗い流しましょう。

こちらもお読みください:健康改善におすすめ!ハチミツを使った5つの自然療法

4. エプソムソルト

エプソムソルトを使った方法は、足の疾患に効く人気の治療法です。

エプソムソルトには抗炎症作用や抗菌作用があり、痛みを伴う状態を緩和してくれるでしょう。

材料

  • エプソムソルト 大さじ1(10g)
  • ビタミンE カプセル1個

作り方

  • エプソムソルトとビタミンEを合わせます。これを患部に塗布します。
  • 30分程置いてからぬるま湯で洗い流しましょう。その後はよく乾かします。
  • この方法を1週間に3回以上行いましょう。

5. カレンデュラ(キンセンカのチンキ)

カレンデュラを巻き爪治療に

カレンデュラには抗炎症作用、抗酸化作用、抗菌作用があるため、足の巻き爪からくる感染や刺激を抑えます。

材料

  • カレンデュラチンキ剤 10滴
  • 熱いお湯 1ℓ

作り方

  • お湯をボールに入れ、カレンデュラチンキを加えます。
  • 人肌程度にまでお湯の温度が下がったら、足を15分間浸します。
  • 足を優しくこすって乾かしましょう。
  • 最後に、ワセリンか保湿クリームを使って足を保湿します。

こちらもどうぞ:陥入爪を治療する5つの自然療法

6. 酢&過酸化水素

酢と過酸化水素水を混ぜたものは、真菌、細菌対策にオススメです。

感染による赤みや痛みなどを緩和する効果があります。

材料

  • 酢 大さじ2(20ml)
  • 過酸化水素水 大さじ2(20ml)
  • ぬるま湯 1/2カップ(125ml)
  • コットン

作り方

  • ぬるま湯に酢と過酸化水素水を入れてよく混ぜます。コットンにこの液を取り、足の巻き爪ができている部分を優しくこすります。
  • 20分程置いてから、また同じように繰り返しましょう。

足の巻き爪がまだ痛みますか?上記の方法を試しても症状が改善しない場合、悪化した場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

手術で巻き爪を取り除かなくてはいけない場合もあります。