家庭でできる爪真菌症治療

· 11月 3, 2015
リンゴ酢は、爪真菌症に効果があると言われています。今回は、爪真菌症の症状と治療法についてご紹介します。

爪真菌症に感染した爪は異常な外観を呈しますが、爪の痛みやかゆみはありません。症状が軽い場合は、爪に白や黄色に変色した斑が現れます。

爪真菌症の原因と症状

よく見られる疾患ですが、きちんと治療しなければ広範囲に影響を与えることになります。菌は皮膚にも影響を与え、水虫になる可能性もあります。

爪真菌症に感染した爪は異常な外観ですが、痛みや不快感といった症状がありません。このため、多くの人が真菌を治療せず長い間放っておいてしまいます。しかし、爪真菌症が深刻になると、慢性的な痛みを引き起こし、治療が困難になることもあります。早期診断によって、爪の真菌を完治しやすくなります。

爪真菌症の爪

 

こちらもご覧ください。:
重曹を使った爪水虫の治療法

人口の約10%(範囲2~14%)が爪真菌症に罹患していると言われています。危険因子には以下のものがあります。:

足白癬

・既存の爪異栄養症(例,乾癬患者の場合)

・高齢

・男性

・足白癬または爪真菌症感染者への曝露(例,家族または公衆浴場の利用者)

・末梢血管疾患または糖尿病

易感染状態

 

手の爪真菌症

診断は通常、爪の外観に基づいて下されます。

  • 爪の端が黄色く厚くなり、先端が硬くなって砕けている。
  • 爪の根元にダメージがあり、白や黄色っぽくなる。
  • 小さい白い点やしみが爪の表面に見られる。
  • 爪が紫色になる(黒爪症の場合)
  • 爪が変形する。

清潔にすることが、真菌や細菌の拡散を防ぎ、爪真菌症を予防するよい手立てです。爪は常に短く切り、入浴後は足(足の指の間を含む)を乾燥した状態に保ち、吸収性のよい靴下を履くようにしましょう。また抗真菌薬の足用パウダーを使用するのも良いでしょう。古い靴には真菌の胞子が多数入っている場合があるため、できれば履かないようにしてください。

ご存知でしたか?
爪の状態でわかる健康への/8つの警告

家庭でできる爪真菌症治療

足を掻く

・ティーツリーオイル:強力な殺菌作用があるため、軽〜中症程度の爪真菌症に効果があると言われています。ティーツリーオイルを同量のオリーブオイルやタイムオイルと混ぜてください。コットンやブラシで、混ぜたオイルを患部に塗ります。15分間置き伸ばします。足が清潔で乾燥している時に、ティーツリーオイルを爪に何滴か塗るのも効果的です。

リンゴ酢:酢と温かい水を同じ量ずつ入れ、足浴の用意をしましょう。足と手(少なくとも爪を浸す)を20分間その中に漬けます。その後、タオルとヘアドライヤーで患部や指と指の間を十分に乾燥させます。

家庭でできる爪真菌症治療

・酢:酢と粗く挽いた米粉をスプーン2杯ずつ混ぜ、これを爪の上にぬって15分間置き乾燥させます。

重曹:重曹と水を混ぜ、ペースト状にします。これをコットンで爪の上と下の皮膚にも塗りましょう。数分おいた後、すすいで爪を乾燥させます。

・シナモン:シナモン10本と1リットルの水を沸騰させ、温度を下げて更に5分間煮ます。温かいうちに容器に入れ、爪を浸しましょう。

・タマネギ:タマネギの汁にコットンを浸し、爪に塗ります。タマネギを半分に切って、直接足にこすりつけるのもよいでしょう。

・レモンジュース:レモンジュースをスプーン1杯、過酸化水素を5滴、アロエベラのジェルをスプーン2杯分混ぜます。感染した爪に塗り、乾燥させます。

・ニンニク:水1カップにニンニク5かけを入れて沸騰させます。冷たい水の入った容器にこれを注ぎ、15分間足を浸します。これを1ヶ月間毎日繰り返します。

あなたへおすすめ